ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 二年ぶりに〜お雛様登場!

<<   作成日時 : 2006/02/05 15:13   >>

トラックバック 8 / コメント 4

画像
今日は天気も良かったので、2年ぶりにお雛様を飾りました。昨年は2月2日頃から2ヶ月余り、職場で大事件があり、仕事を休むことができませんでした。労働基準法なんて全く関係なく、不眠不休状態で働き、事件の犯人を突き止めたり、事後処理などにあたりました。秋に大病になったのは、年齢も考えず(?)苛酷に働き続けたためだと思います。とにかく、昨年は、お雛様を飾る時間も、精神的な余裕もありませんでした。今年は、立春が過ぎ、静かな気持ちでお雛様を飾れたことに感謝!早速、ぼんぼりを灯し、ひなあられと菱餅を買ってきてお供えしました。
子供の時は、祖母が毎年飾ってくれました(京都は4月がおひなまつりでした)。お雛様、お内裏様、三人官女、右大臣、左大臣、お荷物・・・等がありましたが、何故か五人囃子はありませんでした。ウリ坊は、このお雛様がとても気に入っていました。古くてセピア色になっていましたが、新しい物が欲しいと思ったことはありませんでした。大きくなったら、五人囃子を買って、祖母にプレゼントしようと考えていました。ところが、ウリ坊が大学の頃、なんと、伯父がそのお雛様を古物商に売ってしまったんです!!田舎の旧家等を回って、骨董を買い集める(怪しげな?)古物商に、あの思い出のお雛様が売られてしまいまったんです。祖母も知らない間の出来事でした。伯父は裕福なので、お金のために売ったのではなく、古物商の人が欲しがったのでただ同然であげてしまったのだと思います。伯父には、人形に対する愛着・・・なんて分からないでしょうから。もし、あの時私が「雛人形・・・どうして売ったの?」と責めたら、伯父は、きょとんとして「もっと新しくて上等なのを買えばいいじゃないか?」と言ったと思います。伯父のことは尊敬しているし、お世話にもなっているので、一度も雛人形の話をしたことはありません。子供の頃の記憶を辿って、できるだけあの人形に似た、静かな表情のお雛様を買って飾っています。毎年、祖母が飾ってくれたあの、セピア色の雛人形・・・今はどうなっているんだろう。良い人に買われて、今も大事にしてもらえていればうれしいですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
節分とひな祭り
2月3日(土)は節分でした。 豆まきをすると、後片付けが大変なのと、ウリ坊の家には魔よけのお札が貼ってあるhttp://shirahamauri.at.webry.info/200701/article_2.htmlので、鬼は来ないでしょうから(?)、とにかく、自分の歳の数だけ豆を食べることにしました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2007/02/05 19:59
山城八森(神社)と美豆城趾
ウリ坊の実家の近くに「涼森神社」という神社があります。 この神社は、現在は静かな鎮守神社ですが、山城八森神社の一つと言われています。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2009/04/19 12:29
花乃里
3月末で退職する人のために、フォレスタヒルズの中にある「花乃里」で送別会を行いました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2013/03/31 00:49
おひな様の嫉妬(?)
先日、ウリ坊のおひな様が二代目(?)であるお話をしましたが、この二代目のおひな様が我が家に来るとき、ちょっとした事件が起こりました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2013/04/06 22:15
タイヤ交換
ウリ坊の職場は山の中にあるので、通勤には車が必須です。 その山道を、毎日、ラッシュ君が安全に走ってくれています。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2013/04/14 20:34
夏休み(3) 石清水八幡宮特別公開
松山からの帰り、少しだけ実家(京都)に立ち寄りました。 両親から「伯父※が怪我をした」、「それから、パソコンが壊れた」と連絡があったからです。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2013/09/09 15:50
奥殿陣屋のおひな様とかかし
新聞に奥殿陣屋に古いおひな様が3月上旬まで飾ってあるという記事が載っていたので、見に行ってみました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2015/02/15 01:44
おひなさま〜幸田町郷土資料館
この季節になると、毎年のように、近くの施設に飾られているひな人形を見に行っているウリ坊です。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2017/02/19 00:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
子供の頃の思い出の品というのは、この年になってみると、しみじみ価値がありますよね。僕は4度の引越しで多くを失いましたが、たまの大掃除でふぃに昔の品がでてくると、忘れていたその当時の思い出がまるご昨日のことのように展開します。我家の座敷にも今、お雛様が飾られてます。旧暦が本来ですから、旧3月3日は、桜や桃の花が咲く時ぶんで、女の子の成長と健康を祝うには良い時候ですよね。
なかさん&きたさんブラザーズ
2006/02/05 18:09
確かに思い出の品を売られてしまった時は悲しかったです。でも代々、雛人形が伝わっていない家もあるので、最初から無かったものとあきらめました。多くの物を持っていると、それだけ失う寂しさを味わいます。4月のひな祭りは季節的に妥当ですよね〜
ウリ坊
2006/02/05 18:23
なんだか、とても残念なお話なのですが、
おじさまの悪気がないところに救われるし、ちょっと笑ってしまいました・・・・。ごめんなさい。
お節句はもともと季節を分ける意味があるのでしょうから、私も4月がいいと思いますが・・・・。
促成の桃の花が売られていますが、すぐに活けたら花が落ちてしまうとお花の先生が言っていました。
(自然に開花したものだと花が落ちにくいそうです)
かおるこ
2009/02/22 22:45
伯父(父の兄)は、大正生まれなんですが、現在一人暮らし。ベンツ2台を保有していて、近くに行くときはウリ坊のおさがりの「パジェロJr」を使っているという、不思議な人です。
この伯父も父も、穏やかな性格で、ウリ坊は50年間、二人が怒ったり、声を荒立てたりする姿を見たことがありません。
そう言う人たちに「ひな人形返せ!!」とは言えませんよねぇ。カナシ・・
ウリ坊
2009/02/23 22:56
二年ぶりに〜お雛様登場! ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる