ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 物欲?!〜上野駅構内のSuicaペンギン

<<   作成日時 : 2006/04/13 21:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日のブログに記載したとおり、ウリ坊は東京K察病院に行きました。
往路は新幹線で上野経由。すると、上野駅構内に、前からウリ坊が欲しかったSuicaペンギンが飾ってあるのを発見。
思わず、撮影してしまいました。焦って撮ったので、ブレていますが、周りの人にジロリと見られたので、撮り直す勇気はありませんでした。
本当に、このペンギン・・・・かわゆいです。
いつか、ウリ坊が広ーーーーーい家に住める日が来たら、玄関のフロアにこうして、季節毎に趣向をこらしたSuicaペンギンを飾りたいです・・・・って、もしかして、このペンギン君は、まだ、冬の装いですよね。
画像

帰りは、久しぶりに吉祥寺に立ち寄りました。
ウリ坊は大学院を出てから、30歳代の半ばまでの10年余り、東京で働いていました。
その頃は、体力もあったので、都会の人混みも全然平気でした。東京は至る所に様々なお店があり、素敵な洋服や小物類が並んでいます。
まだ、収入も少なく、高価な物はあまり買えなかったウリ坊ですが、「今度、これを買おう」と思って楽しみにしていて、次回、お金を持ってそのお店に行ったときは、ほとんどの場合、お目当ての品が売り切れていました。
それほど、東京は人が多く、代謝回転が速い場所です。

30歳代半ばからは東京を離れて、田舎暮らしをしています。
何年か前、京都に帰省した時、母に「若い頃は、欲しい物がいっぱいあったけれど、収入が少なくて買えなかった。今、何でも買えるようになった時には、今度は欲しい物が無くなった」と愚痴ってしまったことがあります。
母は「そんなものよ〜〜」と気にもしていなかったのですが・・・・
考えてみると、実家の両親は、収入の少ないウリ坊のために、高額なもの(着物や電化製品等)を買ってくれたり、何かにつけてお金を送ってくれたりしていました。
そのお陰で、物欲を我慢したという記憶がほとんどありません。そういうことを忘れて・・・なんだか、とても悪いことを言ってしまったような気がしています。

話は戻りますが、昨日、吉祥寺の街を歩いていると、以前と同じように洋服や小物類のお店が何軒も並んでいます。1軒に最低、一つは欲しくなるようなキッチュな雑貨や、素敵な洋服がありました。
結局、両手に持てる限りの買い物をして帰宅したのですが・・・・母に愚痴ったことは大きな間違いであることに気付きました。
すなわち「今、お金があっても欲しい物が無いのは、年をとったからではなく、田舎に住んでいるからだった」ということです。
今まで、上京するのは仕事かサークルの際で、寄り道をせずに帰宅していました。
時間的に苦しいですが、なんとかやりくりして、今後は、都会で買い物を楽しみたいと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
物欲?!〜上野駅構内のSuicaペンギン ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる