ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS さなださんの運命

<<   作成日時 : 2006/04/28 19:13   >>

トラックバック 0 / コメント 1

ウリ坊が小学生の頃は、まだ、衛生状態が悪かったのか、化学薬品が普及していなかったのか・・・とにかく、寄生虫を持っている人が結構いました。

そのため定期的に検便(便を学校に持参する)があり、そのターゲットは「寄生虫検査」でした。その他に、肛門の周りにシールを貼って、調べる検査もありました。
多分、回虫や蟯虫が多かったのでしょうが、妙に記憶に残っているのが「サナダムシ」という言葉です。

寄生虫学の授業で、本名(?)が広節裂頭条虫と知りました。しかし、ウリ坊にとっては、「サナダムシ」です。↓(国立感染症研究所のHPより引用)
画像


残業している間に、気がついたら一人になっていることがありますが、先日は、その状態で電話がかかってきました。当然、ウリ坊が受話器をとると相手の方は「さなだ」と名乗りました。

うーん、さなださんかぁ。多分、ウリ坊の年代の人がいなくなるまで、名乗ると、まず「サナダムシ」を思い浮かべられるのが、さなださんの運命でしょう。(それとも、こういう連想をするのは、ウリ坊だけでしょうか???)

ウリ坊が子供の頃には忌み嫌われていた寄生虫ですが、今は、花粉症の予防やダイエットにもつながるとかで、結構、人気が出ているようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
僕は、真田弘之や真田紐、真田幸村を連想しますがねぇ。うりぼうさんは、サナダムシですか。なるほどなぁ。意味不明。
なかさん
2006/05/01 00:50
さなださんの運命 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる