ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 金田一耕助博物館〜木魚庵さん

<<   作成日時 : 2006/05/04 00:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日の狭山市立博物館での横溝正史展は、杉本氏から貴重なサインが頂けたこと以外にも多くの収穫がありました。

前述のとおり、公立博物館の挑戦に賛同できたこと、また、この企画がなければ生涯、訪れることがなかったであろう狭山市の歴史や文化に触れられたこと(常設展を拝見して)。アケボノゾウも、昨日、初めて知りました。
画像


会場では、コルクT氏のご紹介で、横溝正史研究家(?)の第一人者である浜田知明氏にご挨拶することができました。ウリ坊は不勉強で、浜田氏のことを存じ上げなかったのですが、氏ご所蔵の展示物があったり、とにかくすごい方です。

帰りに、コルクT氏やシンナーマンさん達と4人で、池袋でお好み焼きを食べました(西武百貨店池袋店の千房)。https://www2.seibu.co.jp/wsc-customer-app/page/010/dynamic/restaurant_list_menu/RestaurantAndCoffeeListMenu?shop=S000000107とてもおいしかったです。お店の方が焼いて持ってきてくださるのも、また、マヨネーズをきれいにかける技術もすごかったです。

お好み焼きを食べている時、ウリ坊が「木魚庵さんはどんな人なんでしょう」という話をしました。木魚庵さんとは、ずーーーーっと以前から、金田一耕助に関する素晴らしいホームページ(金田一耕助博物館)http://www.yokomizo.to/を開設されている方で、ウリ坊は以前は何回も、この方のホームページを拝見していました(最近は、分からないことがあれば博識のコルクT氏に伺えるので、あまり見ていませんでした)。

すると、コルクT氏が「サイン会で、ウリ坊の後ろに並んでいた男性が木魚庵さんですよ」と教えてくださいました。えぇぇ・・・そう言えば、色々な方が、ウリ坊の後ろに並んでいた方に挨拶されていました。少し不思議だと思ったのですが、まさか、まさか・・・木魚庵さんがサイン会の列に並ばれるとは夢にも考えなかったので、本当にびっくりしてしまいました。

そうと分かっていれば、「これからもHPを楽しみにしています。がんばってください。」とか、言えたのに(これ以上に気の利いたセリフは思いつかなかったでしょうが)。
ウリ坊は、一度、木魚庵さんのホームページで企画された「あなたが好きな横溝作品」に投票したこともあるので、そういうお話しも伺いたかったです。

今日、並んでいた方は、杉本さんのサインももちろん欲しいでしょうが、木魚庵さんや浜田さんのサインも欲しい人もいるに違いありません。こういう方は、次回から首に「木魚庵」と書いた札を下げておいて欲しいと思いました。

木魚庵さん(その時は、単にウリ坊の後ろに並んでいる方)が、知人の方に「猛烈に忙しい」という話をされているのが聞こえました。ご本業は何か分かりませんし、忙しいのがご本業か、横溝正史の研究か・・・も不明ですが、とにかく、今後もホームページの更新を続けていって欲しいと思いました。よろしくお願いします!!(と、言っても、伝わらないでしょうが)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
金田一耕助博物館〜木魚庵さん ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる