ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の京都(4)〜すぐき漬と花面

<<   作成日時 : 2006/12/18 21:12   >>

トラックバック 0 / コメント 1

以前、健康番組〜TBS「ぴーかんバディ」〜で、すぐき漬には「スーパー乳酸菌」という胃酸に負けず、腸に届き有用な働きをする乳酸菌が含まれているため、すぐき漬を常食すると、腸が活性化して、身体が若返って、ぽっこりお腹もへこむ・・・・という特集を放送しました。http://www.tbs.co.jp/p-kan-body/pasttheme/20060603.html

色々なことをすぐに試したくなる、ウリ坊は早速、すぐき漬を注文しましたが、全て売り切れ・・・テレビの反響の大きさに驚いてしまいました。
もともと、さほどポピュラーな食材でもないすぐきに、日本中の人が殺到したのだから、当分、手に入らないだろうな〜と、あきらめていました。

ところが、今回、京都に帰ったとき、街中の漬け物店で「すぐき漬」を発見!!思わず、購入してしまいました。やっぱり、本場に行けば手に入るんだなぁ〜と納得。
画像
この番組、関西では放送しなかったのか、ウリ坊の両親はすぐき漬の効能(?)や関東での品薄状態を知りませんでした。

早速、少しずつ食べていますが、もともと漬け物(というか塩辛い食材全般)が苦手なウリ坊は、長続きしないだろうなぁ・・・と思います。でも、3本購入してきた(ネットだと数千円するくらいの量が、地元で買えば2〜3千円で買えます。また、ソルビン酸等は無添加です。)ので、何か効果があればこのブログでご報告します。

このすぐき漬は、京都市北区上賀茂の特産なのですが、同じく上賀茂に「長久堂http://www.jalan.net/kanko/SPT_172264.html」という和菓子店があります。「花面」という落雁を京都駅の売店で見つけて、あまりにきれいだったのでつい、購入してしまいました。
自宅に帰って、再度、見てみると、色彩も形も素晴らしくて、食用というより観賞用なんだなぁと思います。現在も、亡くなった祖母に供えてあります。この和菓子は、能面師が作った「木型」を使い、阿波の和三盆を用いているそうです。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
瓜坊さん、下腹ぽっこんでしたっけ?僕と違って、スリムでスタイル良いように見えます。うり坊さんにすぐきの効果ってあるのかなぁ。長久堂、きぬたで有名なところですね。また、今回は、いろいろ物色して帰られたものですね。
なかさん
2006/12/18 22:03
冬の京都(4)〜すぐき漬と花面 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる