ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊橋鉄道〜市内電車

<<   作成日時 : 2007/07/15 00:09   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像14日に友人達と豊橋で合流したウリ坊は、悪天候に阻まれ、遠出は断念。ランチも、ホテルアソシア豊橋で済ませましたhttp://shirahamauri.at.webry.info/200707/article_7.html。それだけでは、あんまりなので市内電車に乗って、美術博物館に行くことにしました。

豊橋の市電は、大正14年(1925年)に開業し、80年以上も活躍しているそうです。料金は大人150円、子供80円です。豊橋駅前から、有名な葦毛湿原がある赤岩口までをおよそ22分です(赤岩口が終点の他、運動公園前まで行く市電もあるそうです)。

途中、建物として目を引く、豊橋ハリストス正教会、吉田城、豊橋公会堂等は、比較的駅の近くに位置しています。美術博物館に行くウリ坊達は「豊橋公園前」で下車しました。

市電は子供の頃、京都市内でも走っていたため、中学に通学するためにも利用していました。確か一回25円だった記憶があります。通勤通学時には、破裂するか(?)と思うほど混雑していました。先日、岐阜に出張しましたが、岐阜でも市電が廃止になったようです。

市民の足としては、うれしい乗り物ですが、確かに車の邪魔になるのでしょうね。ほとんどの都市で路面電車は廃止になり、バスに置き換わっているのでしょう。

なんだかうれしくなって、市電を撮影したウリ坊ですが、雨で光量が足りず、フラッシュが光ってしまい、運転手さんに叱られてしまいました。反省・・・・
画像
折角、東京から来た友人達でしたが、美術博物館見学の後、新幹線が止まっては困るので、早めに東京に戻りました。豊橋滞在時間4時間でした。新幹線の駅では、公明党太田代表がたくさんの人にガードされて、新幹線の改札口から出て行かれました。国会議員って、改札口を通らなくて良いんですね〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
奇遇ですね。僕も中学には市電で通っていました。僕のところは、大人30円、子供15円だったように思います。市バスも同じ値段でした。今は市バス220円です。それでも年収1000万円を超える運転手さんが運転する市バスは大赤字です。うちの家内や娘は、市バスは運転が荒いので嫌って極力京都バスを使ってます。こちらは年収350万程度の運転手さんです。
交通は、市電があったころの方が違法駐車もなくすいていました。京都ほど違法駐車の多いところはないです。
なかさん
2007/07/15 06:38
かなりの期間、市バスは30円、市電は25円だったんです。ある時、市バスも市電も30円になり、それからどんどん、市バスの運賃が上がっていった気がします。
違法駐車は、どこでも多いですよ〜〜困りますね。
ウリ坊
2007/07/15 14:28
そうでしたか。
ところで京都では、先日、再び路面電車を復活させるべく今出川通りで市バスを路面電車の軌道を走らせて安全地帯にみたてたものを作って実験してました。市電が走ったら、迷惑駐車はできなくなりますが、バスも走り、市電も走りでは困ったもんです。うちの近くではもうすぐ地下鉄が伸びてくるのですが、延びたら市バスの11番を廃止してほしいです。
なかさん
2007/07/15 15:27
烏丸通も無理して地下鉄を走らせず、そのような発想で市電を復活させていれば、京都市も多額の負債を抱えなくて済んだのでしょうに・・・・。今更、言っても詮無いです。
京都に限らず日本人は全て、ここ20年以内の行動で、先祖からの遺産を食いつぶしていったと思います。
ウリ坊
2007/07/16 01:21
バブルの頃と失われた15年とを含めて、受け継いだものを育み発展させていこうという姿勢に欠けてましたね。隣人を蹴落として競争に勝つ、掛けられた篩に残る、自分のしたいことを自由にするといった思想しかなかったように思います。今もその姿勢はさほどかわっていないように思います。
なかさん
2007/07/16 06:56
豊橋鉄道〜市内電車 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる