ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都ホテルオークラ〜テラス レストラン ベルカント

<<   作成日時 : 2007/08/06 21:41   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像週末、京都に帰省したウリ坊は、大阪で働いている友人(T子さん〜美人で独身)と京都ホテルオークラの2F テラスレストランベルカントhttp://www.kyotohotel.co.jp/khokura/restaurant/belcanto/index.htmlでランチをしました。

T子さんはお肉のコース、ウリ坊はお魚(画像 左)のコース、を選びました。
とってもおいしくて、お店の人も感じが良くて、格式の高いホテルにありがちな「勘違いしている店員」はおらず、気さくでユーモアのある対応で好感が持てました。
京都ホテルオークラは、若干、交通の便が悪い(T子さんにとっても、ウリ坊にとっても)のですが、ここにして良かったと思いました。

ホテルランチは、リーズナブルな場合が多く、また、食後のお茶もゆっくりできるので、お勧めです。ちなみに、コースにはデザートもついていましたが、マンゴ(画像 下)がおいしかったです。
画像
その後、オークラの地下にあるホテルショップで買い物をしてから帰りました。
T子さんと一緒に、京阪電車の駅で電車を待っていると、なんと、機関車トーマスの電車が来ました。(画像 下)かわいい車両なので、子供にも人気があるだろうなと思います(乗ってしまえば、絵は見えませんが)。
画像

京阪電車は、混雑時に座席が収納できる車両を日本で最初に採用した会社だと思います。その他、冬期の待ち合わせの時に、車内の温度を保つために扉を閉めたのも、日本で最初だと思います。さらに、走っている最中に、特急が普通を追い越したり、特急料金は不要なのに特急車両にテレビが付いていたり・・・・とにかく、色々と顧客サービスにチャレンジしている素晴らしい私鉄だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
京阪電車は、あまり乗らないのですが、地下鉄が太秦までのびてくる関係で、僕の住んでいる地域と京阪もレール続きになります。地下鉄と京阪京津線が共用して走っているからです。共用にするのは、京阪が太秦までくるだけのことに単に地下鉄が太秦に伸びるだけ以外の費用がだいぶお金がかかるらしいです。
なかさん
2007/08/06 23:48
阪急、近鉄、南海、阪神は、球団をもっていた(いる)ので、未だに全国的な知名度がありますが、京阪は大阪・京都・滋賀以外の人にはあまり知られていないでしょうね。京都に住んでいたとき、何回か利用しましたが、当時の国鉄に比べて、安くて快適だったと記憶しています。
lennie
2007/08/08 16:21
そうなんですか。そういえば、京阪三条から市役所に向かう地下鉄と、浜大津に向かう京阪京津線が同じレールを走っていたような気がします。
京都の地下鉄・・・本当に必要だったんでしょうか。
ウリ坊
2007/08/09 21:38
lennieさん、お久しぶりです。
確かに京阪電車は、近鉄、阪神等と比べて、首都圏での知名度は落ちるかもしれませんね。
でも、ウリ坊は色々な私鉄やJRに乗るたびに、顧客サービスでは、京阪電車が一番優れていると思います。
首都圏のように都会と郊外を結ぶのではなく、大阪と京都を結ぶというのが収益的にも有利なのかもしれません。
ウリ坊
2007/08/09 21:42
京都ホテルオークラ〜テラス レストラン ベルカント ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる