ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤福と芋ようかん

<<   作成日時 : 2008/02/12 21:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像先日、赤福の発売が再開されました。

ウリ坊の子供の頃は、伊勢参りのお土産として赤福をいただくのがとても楽しみでした。
赤福は開封時は餡もお餅も柔らかくておいしく、食べきれずに翌日になると固くなってしまったと記憶しています。

今は、さまざまなお菓子があって、もっとおいしく、もっと日持ちがするものが多いので、多分、30年くらい赤福を食べていませんので、こんなにもたくさんの人が列をなして、販売再開を待っていたのが不思議でした。

中には一人で100個以上買っていく人もいました。
インタビューに答えた人の中には「100個買うために10万円の軍資金を持ってきた人」や「110個買って、友人や親戚に配る人」がいました。

ウリ坊は、110個も赤福を配る友人や親戚はいないので、その人は(物心両面で)豊かな人生を送っておられるのだな・・・と少しうらやましかったです。

日持ちがしないお菓子・・・で思い出しましたが、先日のサークルで、コルクT氏から「舟和の芋ようかん等」を戴きました。コルクT氏から、この芋ようかんがどんなにおいしいか・・・何回か伺っていたのですが、2日しかもたないので、いつも手が出ませんでした。(コルクT氏は見かけたら必ず購入されていました。)

早速、芋ようかん(画像下)を食べてみると、さつまいもとお砂糖だけでできている・・・という素朴な味わい。コルクT氏が絶賛される理由が分かりました。
また、「あんこ玉」は甘いだけではなく、まろやかで本当においしかったです。
画像は5色(抹茶、杏、小豆、梅、コーヒー)ですが、ウリ坊が「芋ようかん一切れ」と「いんげん」を食べてしまった後です。

コルクT氏・・・本当にありがとうございました!!

ただ、やはりこれだけの甘みを2日間で食べるのは無理です。この後、梅味のあんこ玉を食べ、残りは人に食べてもらいました。渋茶にとっても合いました。
最近、甘い物がだんだん、苦手になってきたウリ坊としては、珍しく気に入りました。

この舟和の芋ようかんやあんこ玉は、東京駅構内の売店でも売っていますので、甘党の方はお買い求めください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
赤福と芋ようかん ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる