ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 骨密度測定と松坂屋

<<   作成日時 : 2008/03/15 20:14   >>

トラックバック 2 / コメント 0

ウリ坊の母親が骨粗鬆症と診断されました。
ウリ坊より、ずっと頑健な体格・体質で、偏食も無く、身体を動かすことも好きな母親が骨粗鬆症ということは、ウリ坊はかなりヤバイのではないかと思い、機会があれば骨密度を測りたいと思っていました。

X線で測定する方法は、精度は高いというものの、少し抵抗があったので、超音波でかかとの骨量を調べる装置のある医院を受診することにしました。
見つけた医院は土曜日は午前中だけの診察です。心おきなく、通院できるように昨夜は夜中までかかって、仕事に一区切りをつけました

医院は混雑していて、診察までに2時間近くかかりましたが、先生は60歳代くらいの温和で博識そうな方でした。事情を話すと、早速測定してもらえました。

結果は・・・・正常値の下限・・・・骨密度には3段階(正常値、境界値、低骨密度群(骨粗鬆症))あるそうですが、ウリ坊は正常値と境界値の間くらいの値だそうです(同年代の平均値の88%)。
治療の必要は無いが、経過観察になってしまいました。
ちなみに、境界値の人は食事や運動の指導を受け、低骨密度群の人は治療を受けるそうです。

全く、ウリ坊は何か検査する度にひっかかり、一回で無罪放免になることが無いのですよね〜つらいです
画像
かなり寝不足で、食欲も無かったのですが(ちなみに母なら、この程度のことで食欲は無くなりません〜笑)、骨密度を上げるため松坂屋の地下で昼食を摂りました。ウリ坊にしたら、ちょっとリッチな「八宝菜定食 1200円」です。

なんだか、気分的にも疲れたので帰宅しようとしたら・・・・・
松坂屋で健康フェアをやっていて、ウリ坊が今日、医院で測定していただいたQUS法で、骨密度を、無料で測定していました。

もちろん、待ち時間ゼロで、他の項目も調べてもらえる様子!!

その時は、バスを乗り継いで医院まで行って、2時間も待ったのはなんだったんだろう(松坂屋までなら、ウリ坊のアパートから歩いていけるのに!)・・・と残念に思いましたが、結果として、数値について先生の意見も伺えたので、単にデパートの催し物で測定してもらうより良かったと、今は思っています。

松坂屋で測定して、正常値の下限と言われたら、心配になって、結局、医院に行くことになったと思うからです。

骨密度を増やすこととダイエットとは、相反するようですが、バランスの良い食生活と適度な運動という点では共通しています。両方とも心がけていないウリ坊ですから、今日の結果は仕方なかったと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
さくらんぼと木製お弁当箱
栄養士の方が、皮ごと食べる果実は、非常に身体のために良い。代表格は「リンゴ」だが、この時期「サクランボ」が最適・・・という話をされていました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2008/06/29 14:40
50歳代半ばで骨密度が改善したかもしれない話
ちょっと、仕事が忙しくて、今しばらく、ブログの更新ができないかも知れませんが、とりあえず、今年の人間ドックの結果(厳しい指摘は結構ありましたが、それは後日として)、うれしかったことを、同年代の女性の方の参考になると思い、お恥ずかしいですが記事にします。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2013/10/27 19:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
骨密度測定と松坂屋 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる