ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS ミニシロノワールと甘露の法雨

<<   作成日時 : 2008/03/13 00:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像先日、生長の家で買った「甘露の法雨」を読みました。子供の頃から、祖母が携帯版の「甘露の法雨」を持たせてくれていたのですが、持ち歩いている間に、周りのビニールが汚くなってしまったので、今回、改めて購入しました。
実は、読んだのは今回が初めてです。

ウリ坊は子供の頃、生長の家の機関誌「白鳩」を、時々、祖母と一緒に読んでいました
「白鳩」は女性向けの雑誌で、ご主人に酷いことをされても、そのご主人に感謝して、お礼を言うこと・・・と説いていました。ウリ坊は子供ながら、何故そんなことをしなければならないのだろう・・・と矛盾や疑問に感じていました。

その答えらしきものが、甘露の法雨に記載されていました。ウリ坊には、それが正しいのか否か、判別できませんが、少なくとも自分に害する人に感謝したり、お礼の祈りを捧げる気持ちになるのは難しいです。

また、いつか取引先の社長さん(生長の家の敬虔な信者)にお目にかかる機会があれば、そのあたりのことを尋ねてみたいと思います。

甘露の法雨を読んだ日、6年ぶりで元上司に会いました。
ウリ坊の住んでいるアパートから2kmも離れていない場所に、元上司のご親戚があり、法事のために来られたからです。

アパートに来てもらうわけにもいかなかったので、近くの喫茶店(コメダ珈琲店〜先日に引き続いて二回目の利用です!)で2時間くらい仕事の話や昔話をしました。途中から、奥様も来られて、年度末でイライラしてささくれだっていた気持ちが、かなり和みました。
画像
元上司が「遠慮しないで、何でも頼め」と言ってくれたので、コメダ珈琲店のHPを見たときから気になっていた「ミニシロノワール」(画像)を注文してみました。

見た目は変わっていますが、パンの真ん中が開いていて、アイスクリームが載っているだけでした。味はおいしかったです。(それでも、餡とかハチミツとかプルーンとか・・・あと一ひねりが欲しいと思うのはウリ坊だけでしょうか。)

元上司がヘビースモーカーなので、コメダ珈琲店を選びましたが、二時間タバコの煙に曝されていると、髪の毛にも上着にも、嫌なヤニのような臭いが染みつきました。
今度、タバコを吸わない友人が来たときには、他の場所に行こうと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ミニシロノワールと甘露の法雨 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる