ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の心は のどけからまし

<<   作成日時 : 2008/04/03 21:03   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像3月〜4月は年度末で、カリカリしているか、人事異動で引っ越ししているか・・・いずれにせよ、のんびり花見という気分を味わえないのが勤め人(特に転勤族)の悲しさです。

ウリ坊が転勤した先は、たまたま3回続いて桜が有名な場所です。
桜の季節(特に週末)は、多くの観光客(花見客)が訪れて、静かに暮らしたいウリ坊の環境を悪化させます

いつもは川辺の散歩道を独占できているのに、桜の季節には車や花見客が多くて、その道を通る気にもなりません。で、結局、桜並木のすぐ近くに住んでいるのに、花見をせずに終わることがしばしば。

今年は桜が満開になった日曜日の午後から、強い雨が降り始めました。
そのため、夕方5時くらいには花見客が皆無となりました

雨が小降りになったので、ウリ坊は桜に合わせたピンクの傘をさして、川辺の桜が満開の道をお散歩。
すでに薄暮ですが、ゆったりと桜を独占することができました。

画像のように見渡す限り、・・・・

「世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし」

これは、ウリ坊にとっては、桜が咲かないと花見客でごったがえすこともないのに〜という程度の意味しかありません。

中年男性が上等そうなカメラを三脚に乗せて、橋の上で撮影されていました。
彼はウリ坊とは違う意味で、花見客が居なくなるのを待ちかまえていたのだろうな・・・・と思って通り過ぎようとしたら、その男性がウリ坊に
「桜に雨が降っているところを撮影したいが、雨は写らないので、傘で表現したい。そのピンク色の傘なら、桜の色を損なわずに、雨の雰囲気が出せると思うので、桜の下をゆっくり歩いてください。」
と、話しかけてこられたのです。

うーーん、自慢じゃないですが、外を歩くときのウリ坊は不気味な姿です。
帽子、マスク、手袋、登山するような服装・・・・いずれを見ても、桜と不似合いなものばかり。
性別、年齢不明の、普通の人なら声をかけにくい恰好です。さらにあたりは薄暮で、桜がきれいに撮影できるとも思えない。

このおじさんは、ヘンな人だなぁ・・・と思いつつも、断るのもおっくうだったので、桜の下を2往復して、解放されました。
画像

一日一善・・・のつもりで協力しましたが、もしかしたら、このおじさんは「おじさんに化けた桜の神様」だったのかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだかメルヘンチックなエピソードですね。登山するような服装にマスクまでして散歩されているんですか。
何か散歩するのに素性を隠さないといけない事情でも、おありになるのかな。あるいは、いわゆる世間から注目を浴びる有名人なのでしょうか。
私は、今近畿百名山を順に歩いているのですが、今、あちこち桜が綺麗ですね。ところで、このあほらしい百名山の最後には養老山にする予定です。これはまるぽ岐阜の山で、なんで近畿やねんと言いたいです。近畿には岐阜から借りてこないと百個山ないのかと悲しいです。
らむちゃのパパ
2008/04/04 21:07
散歩するのに、怖い恰好(?)をしているのは、紫外線対策なんです(笑)。
山歩きは、素敵なご趣味ですね。近畿百名山って、どなたが決められたか知りませんが「ポンポン山」は入っているのでしょうか〜
ウリ坊
2008/04/06 11:05
近畿百名山を選ばれた方は、私の知らない人です。ネットに載ってます。ポンポン山、はいってますよ。既に登りました。若かりし頃、随分山に行ったつもりでいましたが、この歳になって山歩きを再開して、ふと近畿百名山というのがあるのを知って10山も登ってないことに気がついて、巡っているのです。
紫外線対策でしたか。中高年のカメラマンさんの方こそ、雨の中を顔を隠してピンクの傘さして歩いてきたウリ坊さんのことを桜の神様かと思ったのかもしれませんよ。
らむちゃのパパ
2008/04/06 17:13
らむちゃのパパさんは、山歩きで随分、スリムになられたようですね!!
漫然と登るのではなく、百名山を潰していこう・・・とか考えると張り合いになりますし。
山登りの時は紫外線対策されるのでしょうか〜〜
ウリ坊
2008/04/11 23:44
せつない恋歌を見つけました。それにつられて、昨年10月古池鱗林さんの講談を聴く為に十年振り位に名古屋に行き、駅頭で感じたことを昔の歌を盗用して有りの儘作った素人の拙首です。
『久方の 光のどけき 大名古屋
         懐かしき事 この上もなし』
※色々なところでコメントを記入しておりますと、一体全体、自分でも、どこで書いたか忘れてしまっています。ところが、どうやらウリ坊さんには伝わっているようで不可思議千万、手品使いのお姉さんでいらっしゃる。
ヒラメ
2010/02/15 18:17
トップページの右列に新着メッセージが表示されるので、それをクリックすれば簡単に到達できます。
手品でも、何でもありません〜〜
ところで、ヒラメさんの歌ですが、ウリ坊は名古屋をのどかというより、せわしない街のように感じるのですが・・・・あ、折角の名歌をけなすようなことを言って、申し訳ありません。
ウリ坊
2010/02/16 22:25
花はさかりに月は隈なきをのみ見るものかは。(徒然草第百三十七段冒頭)
我が家の西にある公園の桜も七部がてら散り、桜の花びらが地面を美しく染め上げています。木を見上げれば、分厚い花の固まりに隠されていた幹や枝が姿を現し丁度いい加減に花をつけております。花の色もやや山吹色がかり、落ち着いた色合い。人気のない公園に一時間に一人か一組くらい姿を現し、公園の風景をカメラで写したり、木下に設けてあるベンチで佇んでいかれる。吹く風にサラッと桜花が流れ、見頃の春を演出している。
兼好法師は本当に好い言葉を残されたと感じております。
ヒラメ 花はさかりにき月は隈なきを
2010/04/11 19:28
の季節が終わっちゃいますね。
今年も、ゆっくり花見をすることが叶いませんでした。
兼好法師には申し訳ありませんが、花のさかりを充分、堪能したかったです。
ウリ坊
2010/04/11 20:42
春の心は のどけからまし ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる