ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 横溝正史研究 創刊号と古炉奈

<<   作成日時 : 2009/06/06 15:48   >>

トラックバック 2 / コメント 2


横溝正史研究 創刊号 (1)
戎光祥出版

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

コルクT氏やK田さんから「横溝正史研究」が発行されたと聞いていたのですが、「研究」という名前が、単なるミステリーファンのウリ坊には重く、また、口コミ情報もイマイチだったこともあって、購入を躊躇していました。

それでもK田さんも執筆されていると聞き、購入。購入したからには、ざっと読んでみました。

いやぁ、おもしろいです。

今までウリ坊はひとつひとつの横溝作品を、独立したものとして読んでいたのですが、横断・縦断(?)的な読み方、解釈が掲載されています。

また、古谷一行のインタビューや、映像化された「犬神家の一族」の比較等、「研究」と言っても論文集みたいな堅苦しいものではなく、普通の読者より、ちょっと詳しい人たちが色々な切り口で横溝正史の作品を語っている・・・という感じです。

筆者の共通項は「横溝作品が好き」ということに尽きるのでしょう。その点も、共感できます。
画像
ただし、本書の中にはウリ坊のような素直な読者にとっても、おもしろい寄稿ばかりでは無く、読んでもつまらない文章もあります。

きっと、読者の年齢、性別、生い立ち(?)、横溝作品との関わり度合い等により、それぞれ興味を引かれる場所が異なると思います。

また、最初に読んだ時につまらないと思っても、もっと横溝作品に親しんでから再読すると、納得できる物があるかもしれません。逆に、この本を読んでから、横溝作品を読み始めるのも楽しいかも知れません。

そういう意味で、この本は何回も楽しめそうな気がします。

それでも、多分、この本は爆発的なヒットはしないと思います。
ウリ坊が最初に引っかかった題名「横溝正史研究」があまりに重いからです。

大げさな言い方かもしれませんが、大上段に振りかぶる感じで、「娯楽性が高い横溝作品」と「研究」という語感がそぐわない気がしました。
横溝ファンのウリ坊としては、たくさんの方にこの本を読んで頂きたいのに・・・その点が悔やまれます。
画像
ところで、本日、コルクT氏から悲しい情報が

・・・なんと、何年か前まで、千代田ミステリーサークルの例会会場としてしばしば利用していた、秋葉原の「古炉奈」が6月14日を以て、閉店することになったそうです。

ウリ坊が千代田ミステリーサークルに入会した頃、専ら、一次会はお茶の水の滝沢、二次会は同じくお茶の水のカプリチョーザで開かれていましたが、すでに両店とも無く・・・・東京のお店の回転の速さに驚くのみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「横溝正史研究2」と「トランス脂肪酸」
横溝正史研究〈2〉特集 ビジュアライズ横溝正史ミステリー戎光祥出版 江藤 茂博 ユーザレビュー:映像も結構だが、肝心 ...Amazonアソシエイト by 以前、購入した「横溝正史研究(創刊号)」の続編が発行されたと聞いていたのですが、やはり「研究」という名前が、単なるミステリーファンのウリ坊には重く、また、口コミ情報もイマイチだったこともあって、今回も購入を躊躇していました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2010/09/13 22:08
横溝正史 全小説案内
何気なく立ち寄った書店で、「横溝正史 全小説案内」を見かけました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2013/02/24 20:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は最近本を全く読んでいません。
時間もあまりないのですが、読む気力がないのが一番の理由です。小さいころは本さえあれば1日暮らせたような時期もありました。でもこのご紹介をみて呼んで見たくなりました。今度本屋さんにいきます。
MINMIN
2009/06/08 06:20
忙しいと、どうしても読書は後回しになりますよね。ウリ坊も定年になって、時間ができたら読書三昧しようとか思っています。
この本は、横溝正史ファンにはおもしろいですが、あまり書店に並んでいないと思いますよ。
ウリ坊は「韓非子」を勧められて、購入したのですが、難しくて全然、進みません
ウリ坊
2009/06/08 19:52
横溝正史研究 創刊号と古炉奈 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる