ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 皇大神宮〜伊勢神宮(内宮)参拝

<<   作成日時 : 2009/07/14 22:10   >>

トラックバック 3 / コメント 6

画像ゆっくり1時間くらいかけて外宮(豊受大神宮)をお詣りした後、順序通りに内宮に向かいました。

内宮は、天照大神(皇室のご祖神)をお祀りしている、日本で一番尊いお宮だそうです。
本名は「皇大神宮(内宮)」。

普通の神社の、本殿にあたるのが画像上の「御正宮」。
お参りの作法は、二拝二拍手一拝です。

本当に尊いお宮なので、画像の撮影はNG。ただし、石段の下からは許されています。

階段を上って、御正宮の拝殿の前に並んで、もうすぐ、ウリ坊達に順番が回ってくるという時、さわやかな風が吹いて、拝殿の内部を隠していた(?)布が開きました。

ウリ坊達に、神様が挨拶をしてくださったような(・・・なんて、あまりに厚かましい発想ですね〜)、なんだかとってもうれしい出来事でした。

御正宮では、まず、自分の住所氏名と年齢を神様に告げ、神様と日本国のご繁栄をお祈りするだけで、自分のことはお願いしてはいけません。
神様にお願いしたいことがたくさんあるウリ坊としては、残念ですが、我慢我慢・・・

なお、画像下の宇治橋は、改装中で渡ることができませんでした。

内宮には、風日祈宮(かざひのみのみや)、荒祭宮(あらまつりのみや)という二つの別宮があります。

2つめの画像の上は、風日祈宮で、風の神を祀る別宮です。外宮の風宮と同様、元寇の時に神風を吹かせて、日本をお守りになった神様だそうです。
下は荒祭宮で、荒御魂(あらみたま)という神が現れた状態をお祀りする別宮だそうです。
画像
内宮を参拝する前には、五十鈴川御手洗場(いすずがわみたらし)で心身を清める必要があります。

3つめの画像の上は、御手洗場の清らかな五十鈴川です。
画像
2時間近くかけて、つつがなく、皇大神宮(内宮)の参拝を終えたウリ坊達は、おかげ横町を散策しました。
おかげ横町は、ウリ坊が以前、内宮にお参りした、どの時よりも、はるかに繁盛している感じでした。

日付改ざん問題で、何回もニュースで見かけた「赤福」のお店。
現在は、かなりの混雑でした。完全復活で良かったですね。
【山本化学工業正規品素敵なあなたの特別価格!】バイオラバーエアロドームベスト(代引き不可)送料、代引き料込み
くすりのヤマト
バイオラバーPタイプ (専用カバー付) 送料、代引き料込み 31,500円 税込、送料込 バイオラバ


楽天市場 by ウェブリブログ


バイオラバーマットMサイズ【送料無料/代引き手数料無料/当日発送OK/会員特典有り】
エイブリー
バイオラバーマットMサイズ品質ラバーシート材質合成ゴムサイズ100cm×60cm/厚さ2.5mm広告


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「伊勢神宮」を含むニュースと関連グッズの紹介
イマナビでは「伊勢神宮」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「伊勢神宮」に興味があれば是非ご覧ください! ...続きを見る
イマナビ!News&Shopping
2009/07/14 22:24
産土サーチと産土神社
ウリ坊のブログを見て下さっている方は「最近、ウリ坊はしばしば神社参拝をしているなぁ」と思われていることと思います。 最近まで、ウリ坊はテレビで細木数子さんが示されていた作法に基づき、色々な神社にお参りしていました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2009/07/28 22:14
ボーナスで車と家を購入?!
・・・なぁんて、紛らわしいタイトルにしてみました{%一言・ペコhdeco%} ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2009/12/13 10:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ウリ坊さん、「お伊勢さん」に行ってこられたのですね!
写真もたくさん、素敵な記事をありがとうございました!私も行った気分になれました。
私も、内宮・外宮って同時代にできたのかと思っておりました。外宮ができたのが500年も後だったのですね。
お伊勢さんには、小学校の修学旅行と、10年ぐらい前に訪ねました。小学生でも五十鈴川の清らかな流れは記憶に焼きつきました。
赤福、私も行きましたよ。復活してて嬉しかったです。最近食べていないので、何だかむしょうに食べたくなってきました!
きっこ
2009/07/15 17:43
きっこさん「お伊勢さん」ですよね。ウリ坊も今回、初めて本名(?)を知りました。それでも、やはり「お伊勢さん」です。
今回、久しぶりに訪れてみて、できることなら年1回はお参りしたいと思いました。
「赤福」はこのあたりでは、いたる所で売っています(特に、大きな近鉄の駅には必ずといって良いほど)。確かにおいしいですが、あんなに甘い物が毎日多量に売れるというのはすごいと思います。
ウリ坊
2009/07/15 20:54
わたしは年始に必ず神社にお参り、また旅先でも神社があると必ずよって、神様にいろいろお願いごとをしていました。願いがかなったということがありません。願いごとばかりをタラタラと言って名前と住所をいうのを忘れていました。どうりで願い事がかなわなかったわけです。うり坊様のお陰でよくわかりました。ありがとうございましたした。話が変わって、先日嫁ぎ先の義母の母(つまりおばあちゃんが)101歳という天命を全うして神様のところへまいりました。神式の葬儀でした。神主がその人生を朗々と祀ってくれました。何か胸にこみあげてくるものがありました。
minmin
2009/07/16 05:47
minminさん、ウリ坊もつい最近まで、神社では色々とお願い事をしていました。
あまりに位の高い神社では、個人の願望ではなく、国家等の大きなお願い事をしなければならないようです。
神仏と一括しますが、神様の方が仏様より地位が上(?)なので、身近なお願い事はお寺でするのが良いかもしれませんね。でも、minminさんはウリ坊から見たら、何不自由無いお暮らしなので、神仏にお願いされることなんて無いのでは?!

101歳でもご家族が亡くなるのは悲しいですね。ご愁傷様でした。
ウリ坊は神式の葬儀で、ご焼香の代わりにお米を供えるという経験がありました。
ウリ坊@東京
2009/07/17 21:55
・『神さまの方が仏様より地位が上(?)』って、書かれているけれど、私はちょっと違っているの。私はそんな風に区別立てをして考えない。
私は、ただ、お祈りをするだけね。だから、まぁ何でもイイわけ、楽しくお祈りさえ出来れば。
・『位の高い神社では、個人の願望ではなく、国家等の大きなお願い事をしなければならない』うーん、分かんないなぁー「位」って。私の場合、位を考えてお祈りなんかしないのよ。「ジャー何をお祈りするの?」て訊かれたら、「感謝」「安全」「幸せ」とか、こういう事が頭に浮かぶこともあるけれど、普通は何かを対象化してお祈りをするなんてしない。祈りって祈りたいという気持ちが心の中に自然に生まれてきて、祈る中でもっと祈りたいという気持ちが泉のように心の中に湧き上がってきて、なーんにも考える事なんてしなくって、それで泉にたとえると、とっても清らかでよく冷えて水汲む手にもさわやかな感じで、一口こくり、とても美味しいお水だこと、こんな風にしてお祈りを終了します。
悔しいけど、難しい事は、直ぐ頭に浮かんできて、ごちゃごちゃ考え出してしまうのが悪癖みたいなもので、アーア折角イイ気持ちになれたのに残念!でも又、明日も楽しみと思い返し、今日の始まりをします。
まー私の場合、祈りの中にしか祈りは存在しないとしか言いようがないのだけれど、これって同義語反復で日本語としては、なってないって感じ!
竹花
2010/05/21 09:29
竹花さん、いつも含蓄のあるコメントを頂き、ありがとうございます。
神さまの方が仏様より地位が上というのは、最初は100%本の受け売りでした。
しかし、最近ではウリ坊なりの解釈で、人は死んだら仏様になる(もしくは仏様に導かれる)が、神様はもっと絶対的な存在なのではないか・・・と考えています。
イメージとしては、仏様は慈悲、神様はもっと厳しいものであるような気がします。
ですから、竹花さんのご指摘のとおり、上下関係では無いのかも知れません。切り離して考えるべきなんでしょう。
ウリ坊
2010/05/27 22:07
皇大神宮〜伊勢神宮(内宮)参拝 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる