ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊勢神宮と神々の美術

<<   作成日時 : 2009/09/12 00:43   >>

トラックバック 1 / コメント 6

画像ご報告が遅れてしまい、情報提供としては無意味になってしまいましたが、八重姫さんのブログで上野で「伊勢神宮と神々の美術」が開催されていると知り、早速、自宅に帰ったときに行ってみました。
(この展示会は、9月6日で終了しています!)

上野は比較的近くですが、あまり芸術に興味の無いウリ坊は博物館の位置が良く分かりません。
案内図等を見ながら、やっと「東京国立博物館平成館」に到着しました。

八重姫さんの記事を読んでいたので、もちろん、美輪明宏さんの解説(音声ガイダンス)も聞くことにしました。

八重姫さんと異なり、ウリ坊は予備知識も素養も無いため、展示会そのものにはあまり感動はありませんでした。
それでも、幅広い年代層の方、特に若い方々が、熱心に伊勢神宮の宝物、美術に見入られていることに感心してしまいました。

展示には解説はありませんでしたが、美輪明宏さんのガイダンスの中に、内宮の神様が、一人で食も進まないので、外宮の神様を呼んだ。以来、外宮の神様が内宮の神様のために食事を用意している・・・というようなお話がありました。

神様方のお話は、なんだか人間味(?)があって微笑ましいです。

遷宮の都度、神様に供えた宝物の展示も素晴らしかったですが、仏像を模して造られた「神像」も初見で、興味深かったです。

もしウリ坊に美術に関する素養が少しでもあれば、もっともっとこの展示を楽しめただろうと残念です。
これを機に、博物館や美術館と親しみたいです。
画像
どうせ上野に行ったのですから、不忍池にある魚塚に行ってきました。

実は親戚で、体調の優れない方がおられ、お見舞いに行くと「若い時、釣りでたくさんの魚を捕った罰(なので、もうダメ)だ」と言われていました。
魚が罰をあてる訳もありませんが、こういう話に理論で立ち向かうのは無理です。
ならば・・・と魚塚にお参りして、気持ちを安めてもらおうと思いました。

ちなみに、魚塚の近くには鶏、フグ等、さまざまな慰霊碑があります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
摂津國一之宮〜坐摩神社
9月のシルバーウィークに、摂津國一之宮「坐摩神社(いかすりじんじゃ)」にお参りしました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2009/09/22 12:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
伊勢神宮の式年遷宮は20年毎で次回は平成25年ですが、平成17年からすでに準備が進んでいるのですね。伊勢の徴古館には遷宮後の宝物が展示してあります。職人が技術の伝承として受け継いでいるとことがわかり大変感心しました。
上野の不忍池には確か料理人が包丁を供養した包丁塚もありましたね。
ナラジイ
2009/09/12 16:00
寺社仏閣って、古いことが尊ばれるような傾向もありますが、伊勢神宮は遷宮されるので、常に新しいですね。
宝物も遷宮の都度、作られ、それまでの宝物は人の目に触れないように処分されていたということも、今回、初めて知りました。神様の物を人が見るのは畏れ多いということですね。
不忍池には、包丁塚、メガネ塚等もありました。ナラジイさんは、色々な事をご存じなんですね!
ウリ坊
2009/09/12 21:01
学生のときに実習でなんども上野を訪れた私、さらになんども動物園には行っているのに、不忍池には行ったことがありませんでした。
実はまた今月東京に行く予定なんですが、
博物館?美術館も行ってみたいけど東京は足が疲れてしまうのですよね。

その平成なんとかも上野ですか?
かおるこ
2009/09/12 22:22
以前 松尾大社に行ったとき 「本殿の中の神様はどんな像ですか?見られたことありますか?」と神主さんに尋ねたら「神様は形がありません。私も実は中に入った事は無くどんなになっているかしりません」といわれました。恥ずかしい質問をしたものです。
「でも、神様を形としてあらわしたものが宝物殿に御神像として男神像二体(壮年、老年)と女神像一体があります」と言われました。確かに人間の形をした神像がありました。神様も老年 壮年 女神などいろいろです。
それ以来、あんまり詳しく考えない事にしました。
ぴあの
2009/09/13 12:19
かおるこさんは、東京で学生時代を過ごされたのですか?!上野を訪れられたら、きっと不忍池の近くを何度も通過されていると思いますよ。
上野は博物館や美術館が密集しています。
さまざまな展示がされていますので、きっと、かおるこさんだったら、ご興味を持たれる展示が見つかると思いますよ。平成館は国立博物館の敷地内にありますが、申し訳ありませんが、この展示(伊勢神宮と神々の美術)は終わっています
ウリ坊
2009/09/13 12:47
ぴあのさん、ウリ坊も少し前まで、よく神社本殿の中央にある「鏡」等がご神体なのか・・・等の中途半端な知識でした。
でも、万物に神が宿る・・・というのが本来の考え方で、それがために日本では宗教戦争(?)が起こらなかったという事を知り、やはり日本は特別な場所なんだなぁと思ったりしています。
ウリ坊
2009/09/13 12:52
伊勢神宮と神々の美術 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる