ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 関ヶ原ウォーランド

<<   作成日時 : 2010/03/27 12:21   >>

トラックバック 0 / コメント 2

東海珍名所九十九ヶ所巡り」で知った、五色園(大安寺)に、刈宿の閻魔様等を作成された浅野祥雲さんが作られた100体以上のコンクリート製の人形が飾られていたことはご紹介しました。→記事はここをクリック
画像
同じく、東海珍名所九十九ヶ所巡りで紹介されている浅野祥雲さんスポット(?)に、関ヶ原ウォーランドがあります。

こちらは、五色園の倍の約200体のコンクリート製人形で、関ヶ原の戦いを再現しています。

五色園は広大な敷地の中に、人形が点在しており、それらを見つけ出す楽しみもありましたが、このウォーランドは、比較的小規模な敷地の中に、ぎっしりと人形が配置されています。

五色園は宗教施設、こちらは観光施設。

関ヶ原の戦いの雰囲気を出すには、これくらいの人口密度(人形密度?)が必要だったのでしょうが、五色園と異なり、短時間で見て回れてしまいました。

ただし、併設されている資料館(入場無料)の中で、300円を払うと、長時間、関ヶ原の戦いの話が聞けます。画像浅野祥雲さんが大好きで、五色園、関ヶ原ウォーランド等に行ってみたいが、遠方や多忙でなかなかその機会が無いという方のために、まず、関ヶ原ウォーランドをアルバムに入れました(右欄)。

どの程度、雰囲気をお伝えできたか分かりませんが・・・・46枚登録していますので、ファンの方はクリックして浅野祥雲さんワールドをお楽しみ下さい。

五色園や桃太郎神社等も、順次アップしていきたいと思います(定年までの10年計画?)。

上の画像は、時々、ご紹介している近所の「太陽の塔」を飾ってあるお宅のネコ。
右の画像は、MINMINさんのお宅の幸せなネコです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アルバム拝見しました。すごい枚数ですね。
見ごたえがありました。
そして首、にはびっくりしました。
本当に首をとっていたのですね。
現代人の私は生首をみたら失神しそうです。

私はちょっと黒澤明監督の「乱」という映画を思い出しました。

ウォーランドというネーミングもまたなんともいえませんね。ランドというとディズニーランドみたいな明るいイメージなのですが、それとウォーという言葉が組み合わせられているところに日本語の感覚(英語ですが)として不思議な感じがします。

だけど関ヶ原、いつも新幹線で通るたびに雪が深くて大変なところだなと思うのですが、ウリ坊さんが行かれたときは寒くはなかったのですか?

夏休みは受験の関ヶ原だとか私が高校生の頃使われていましたが、今はどうなのでしょうか?
かおるこ
2010/03/27 20:59
かおるこさん、アルバムをご覧くださったのですか?!
これは、加工も何もせず、46枚並べただけのものです。かおるこさんのように一般人(?)の方のためではなく、浅野祥雲さんマニアだけれど、なかなか「関ヶ原」までは行けない・・・という方のためにアップしています(笑)
ご覧頂き、ありがとうございました。
関ヶ原は確かに寒い・・・というイメージですが、たまたま、この日は暖かかったです。
運命を分けるようなことを「関ヶ原」とか「天王山」とか言いますね。どちらも、身近な地名なので混同してしまっています。
ウリ坊
2010/04/01 21:46
関ヶ原ウォーランド ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる