ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 大樹寺とビスタライン

<<   作成日時 : 2010/03/14 12:49   >>

トラックバック 2 / コメント 10

画像大樹寺は岡崎市北部にあるお寺で、桶狭間の戦いから逃げ帰った徳川家康を再起させるきっかけになったお寺として有名です。

徳川家の菩提寺で、江戸幕府歴代将軍の位牌(それぞれの臨終時の身長の大きさ)を拝観させて頂くこともできます。昔の人は、案外、背が低かったんだなぁと思えます。このご位牌は必見です!

こういう経緯もあり、大樹寺は数ある岡崎市の寺社の中でも特別な存在です。
岡崎市民は、岡崎城と大樹寺をむすぶ3kmをビスタラインと呼び、景観をさまたげる建築を行わないことになっています。

そのお陰で、平成の現在でも、大樹寺の山門からは一幅の絵のように美しい岡崎城を遠望することができます(画像下)。

こういう伝統を遵守している岡崎市民の人は、本当に素晴らしいと思います。
これからも、ビスタラインを守っていって欲しいです。

ウリ坊は「だいじゅじ」と呼びますが、昔から岡崎市に住んでいる方々は「だいじゅうじ」と呼ばれるようです。
画像


ところで、時々、引用させて頂く「日本すきま漫遊記」にも、この大樹寺が取り上げられています。
大樹寺は、すきまではありません(笑)。岡崎市の中では絶対に外せないスポットです!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
水の道〜The way of water
先日、歯科からの帰途、O市の図書館を横切って帰宅していると、不思議なオブジェを発見しました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2012/03/20 12:40
「光のビスタライン」と「オカザえもん」
以前の記事でご紹介したように、岡崎市民は、岡崎城と大樹寺をむすぶ3kmをビスタラインと呼び、景観をさまたげる建築を行わないことになっています。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2014/01/18 20:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
位牌を身長と同じにしてあるとは徳川家の方の背格好が歴代わかり親しみを感じますね。
ビスタラインで岡崎城が見通せるとはすばらしい計らいです。
縄文人
2010/03/14 18:06
私もその身長どのくらいか見てみたいです。
大学のときに古代の南方系の日本人はずんぐりむっくりで、北方系の日本人は背が高かったとかいろいろと人類学で習いましたが、(ほかにも習ったのだろうけれど、もう卒業して長くなって忘れました。教科書にしていた本もどこにあるやら?)
徳川家康って三河の人ですよね。(今知識があやふやだったので本で調べましたよ<笑)
景観を大事にする工夫っていいですね。
私は専門科目で住居とかいう科目(新課程でリビングデザインという科目になったのだけど)があるので、そういう写真を一杯持っていると役に立つだろうなとまた仕事のことを考えてしまいました。
かおるこ
2010/03/14 22:22
歴代の将軍の身長と同じ位牌は、拝観料を払わないと立ち入れない場所にあるので、何回も見に行くことはできません。それでも、一度は見る価値があると思います。
景色もさることながら、ビスタラインを守る岡崎市民は素晴らしいと思います。
ウリ坊
2010/03/15 21:37
かおるこさん、住居やリビングデザインという専門科目って、素敵ですね。直接は仕事に役立たないとしても、生活の役に立ちそう・・・
インテリアデザインとは違うのですね。
建築を専攻しているいとこが、古い家の写真等をたくさん撮影していたのを思い出しました。
位牌を見ていたら、小柄な人が多いです。日本人が体格が良くなったのは、ここ50年くらいなのでしょうか・・・
ウリ坊
2010/03/15 21:42
ただ今は、豊川稲荷、大樹寺、岡崎城と廻り、帰宅した所です。私は怠惰で、何か理由がないと外出しませんが、又件の若い衆が来ましたので、特に当てもありませんので、それではと、選んでみました。
豊川稲荷は予想したより、ずっとお稲荷さんらしくなく曹洞宗の格式ある堂々たるお寺さんでした。今の永平寺の管長さんの前歴がこの妙厳寺さんのご住職で、流石に雰囲気は全然違って変な感じもしますが。
大樹寺さんも立派で連れも大変感心していました。厳かなご本尊でしたが、一般人がその前に座り、特別お金を出さずとも、普通に経文を称えられる事が出来る所、仏教寺院としても大変立派な姿勢を示されていると思いました。
岡崎城は素晴らしいの一言。豊かな樹木と堀の清々しい水に囲まれ、実に美しい景観でした。かつては城は権力の象徴でしたでしょうが、今では、遙かにそびえる高層建築に比して、人々に心の平安をもたらす場所でないかしらと城内外を歩きつつ感じた事です。
ビスタラインも確かめて参りましたが、岡崎市民はせわしい都市空間の中に、歴史床しいお城やお寺を身近にする事が出来、幸せです。大切にしていって欲しいと願わずにはいられません。
今日は大変有意義な半日を過ごす事が出来ました事、ご縁感謝申し上げます。
ヒラメ
2010/09/12 18:56
ヒラメさん、お疲れ様でした!
もしかして、豊川稲荷や大樹寺に初めて参拝されたのでしょうか。
三河というより、愛知県が誇る名刹だと思います。
ビスタラインは本当に素晴らしいです。
実は、土曜日に岐阜の某神社にお参りしたのですが、どのアングルからも後ろにマンションが見えました。マンションの人が、毎日、神社(神様)を見下ろしていることになり、神様がおられなくなるのでは・・・・と思いました。
その点、ビスタラインがある限り、大樹寺の仏様は岡崎城を見守り続けてくださる気がします。
こちらこそ、素晴らしさを理解して頂き、ありがとうございます!
ウリ坊
2010/09/13 22:04
三箇所とも初めてです。
・豊川稲荷は2,3度家族で初詣を企てたのですが渋滞がひどく、予定変更しました。連れは梵鐘の大きさにビックリしていました。windで見た町中のマスコットもご愛敬。市営駐車場の一回五百円には憤慨。
・岡崎は聾学校へ行った事はありますが、街を走ったのは初めて。大変バランス良くまとまった落ち着いた地方都市の感じがしました。市行政としてもその当たりをしっかりと意識しておられるのかも知れません。
・岡崎城からの眺望は360度素晴らしく、私としては西方矢作川の方向が特に風情を感じました。チョットした盆地なのでしょうか、東名を豊田当たりに抜けるとすっと開けた感じがしました。徳川は元々は小大名でしょうね。信長の清洲城は濃尾平野のど真ん中ですから。尤も今の清洲城はいかにも観光的な感じで、その点岡崎城は、四季折々市民の憩いの場所として素晴らしい。入場料も安く展示もサラッと分かり易いです。
・大樹寺は市民に良く融け込み開かれた感じで好感が持てました。連れは良く知っている男で、知恩院に似ているとか葵の御紋だらけとか指摘していました。ここにも不思議にお稲荷さんが祀られ、浄土宗は真宗と較べ、色々と昔からのものも残し大らかで結構です。
・ウリ坊さんは殆ど行かれていますが、愛知県の名刹と言えるか否か、名古屋大須観音が別枠特筆されますか。私の選ぶ愛知県No.1スポットは、東山動植物園でこれは子どもの時から数えて10回以上行っております。名古屋で行く所はココしかないかな!?
ヒラメ
2010/09/14 10:30
ヒラメさん、大須観音ももちろん、素晴らしいですね〜ウリ坊は2回しかお参りしたことがありませんがhttp://shirahamauri.at.webry.info/200803/article_6.html
尾張四観音(甚目寺、荒子、笠寺、竜泉寺)に、大須観音を加えて「名古屋五色観音」と言われているそうですね。ウリ坊はこの中では「竜泉寺観音」に行ったことがありません。
東山動物園は、以前はとても好きな場所だったのですが、最近はモンキーパークの方が気に入っています。あまり混雑していないので、ゆっくりお猿さんと対面できますよ!!
ウリ坊
2010/09/15 20:54
・「おこづかい」で長々と私見を述べてすいません。数日置くつもりだったのですが、つい長年の思いを押さえきれず。「稔る程 垂れる頭の 稲穂かな」と言う昔からの日本の美徳はどこへ行ったか!(憤り)
・大須観音は丁度浅草の観音様に匹敵する存在です。近隣の職人達が休日に遊びに行く時は、五十銭を握り大須へと繰り出したものです。私が大須に拘りますのは大須観音様は元々は現羽島市桑原町大須地区に祀られており、家康公が名古屋へ持って行ったからです。寝覚めが悪かったのか、元の地区名をそのまま現在の名前にしました。羽島にも残った観音様で大須観音がありますが、寂れに寂れて、穴倉小路の感有り。
・モンキーセンターは遠足の定番で私達は犬山ラインパークの名で記憶しております。大賑わいの遊園地で遊びまくっておりますが、ウリ坊さんの記事に依れば閑散とか!東京TDLをつぶすしかないかな!!
モンキーパークは研究所も兼ね、子供の思い出の場としては高尚すぎ、猿と戯れるならば、近隣の桃太郎神社、放し飼い、バナナは禁物、帽子は持ってかれるし引っかかれるしで、非常にスリリングな神社でありました。40数年前の記憶でありますが。
・後藤屋さん健在で何より。本店では何回も宴会をしましたが、中の上レベルの老舗料亭。岐阜柳が瀬は、美川建一さんもあんぐりの大苦戦で、岐阜高島屋も風前の灯火。職員研修場所として活用しているとか。
・近くの黄神社広場、若者達のパフォーマンスの場所として恋人たちの夜のデート場所として格好の区域。一人で特に高齢者が行く場所ではないでしょう。
・イイ事ばかりでなく、外部の方のフレッシュな意見が大切ですので、勿論ウチも含めて、率直な感想をお聞かせ下さい。
ヒラメ
2010/09/16 14:13
大須観音は元々は羽島市に祀られていたのですか?!全く知りませんでした。
家康公が名古屋へ持って行かれたとしても、単にご本尊を持って行かれただけでは、鎮守の神様は元の場所に残っておられると言うことなんでしょうか。寂れているのは、とても残念ですね。
ヒラメさんが、大須観音に特別の感情をお持ちになるお気持ちが分かるような気がします。
モンキーセンターが寂れていたのは、たまたま、ウリ坊が寒い日に訪れたからかもしれません。さらに、ウリ坊達は名鉄(株)から頂く無料券で行くので、売り上げには貢献していませんし(笑)
少し遠いので、なかなか行けませんが、愛知県内でウリ坊の大好きなスポットの一つです。
ところで「近くの黄神社広場」というのは、もしかして「金神社」でしょうか。財宝をもたらしてくださる神様として紹介されていたので、しっかり、お参りしてきましたが、静かな場所だったので違うでしょうか・・・
ウリ坊
2010/09/18 12:50
大樹寺とビスタライン ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる