ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 発芽玄米を自分で作る!

<<   作成日時 : 2010/05/08 23:13   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像またまた、新聞(日本農業新聞〜4月27日)に載っていた話です。

腹持ちが良く、血圧や血糖を成城に保つ働きがあるとされる「発芽玄米」を、自宅で作る方法を島根県の玄米研究所の方が披露されていました。

「発芽玄米」というと、何か特別な作製方法があるのか・・・と思っていましたが、紹介されているのはとっても簡単な方法なので、転記したいと思います。


1.玄米3カップを、にがり小さじ6を加えた水に1晩くらい浸けて内部発芽させる
2.ざっと水洗いする
3.水1,080〜1,200mlを加えて炊く



作る際のポイントは、雑菌の繁殖を防ぐため、玄米を水に浸ける時、氷を入れるか冷蔵庫に入れて水温を20℃以下に保つことだそうです。また、にがりを加えることで、菌を抑える効果があるとか。

なお、水に浸すと、米粒の中で発芽の準備が始まる(内部発芽)ため、芽は出ていなくてよいそうです。

こうしてできた発芽玄米は、成分の変化が起きて人体に不可欠なビタミン類とミネラルが白米の数倍に増え、さらにご飯に甘みと旨みが出る・・と良いことずくめのようです。画像
なんだか、水の量が多いような気がしますが、新聞に載っていたのは、この分量でした。
ウリ坊の場合、今まで玄米を炊くときには、前の夜に洗って炊飯器に入れていました(正確には、多孔性カルシウムで処理してから炊飯器にセットします)。

にがりを加え、炊く前ににがりを洗い流せば良いということは簡単なようで、結構大変です。
朝、起きたときに、(炊飯器のタイマーで)ご飯が炊けているのと、それからにがりを洗い流して炊き始めるのとでは、1時間くらいの差ができてしまうからです。(平日の)朝の一時間は、働いている人には貴重です。

時間に余裕がおありの方は、是非、この「自家製発芽玄米」をお試しください。

画像上は「新潟県 親不知」で撮影したカメのオブジェです。

画像下(右)はAisyaさんのレシピを拝見して「なめ茸」を作ってみました。
また今回も、水分が多くなり過ぎてしまいましたが・・・美味でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なめたけ、作ってもらえてうれしいです!
発芽玄米、確かに最後に洗うのが大変ですね。。。
美味しかったですか?うちの炊飯器では、いまいち玄米が美味しく炊けません。。。でも、発芽玄米をダイエットのために買ったのに、美味しくて食べすぎちゃうって人、結構いますね。
Aisya
2010/05/09 00:29
Aisyaさん〜こちらこそ、ちょっと「エノキダケ」の食べ方がマンネリ化(?)していたので、教えて頂いてうれしかったです。毎回、水っぽくなってしまうのは反省点ですが、そのまま大根おろしに入れれば気になりませんし・・・
ところで、玄米は女性の大敵「べん○」にも良いそうですし、ダイエット食のようにも言われていますが、しっかりカロリーはありますし、おいしいので危険(?)ですね。
お赤飯のようにごま塩をかけたりすると更に危険です(笑)
ウリ坊
2010/05/09 00:39
発芽玄米を自分で作る! ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる