ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 庶民の御池煎餅

<<   作成日時 : 2010/06/27 00:38   >>

トラックバック 1 / コメント 8

画像京都の人で知らない人はまず居ない銘菓御池煎餅(亀屋良永)」

京都を離れて30年以上になるウリ坊ですが、東京で働いていた頃、久しぶりに御池煎餅が食べたくなり(その時は、まだ、インターネット等が発達していなかったので)亀屋良永さんに電話して、東京で販売している場所が無いか尋ねてみました。

すると、京都以外では一切、発売していないとのつれない回答。
ただ、地方発送は受け付けているとのことでした。

今は、京都駅の構内でも売っているので、観光客の方も気軽に買うことができます。

それでも、確かに都内のデパート等で売っているのは見かけたことがありません。
だいたい亀屋良永さんのHPも見たことがありません。宣伝しなくても売れるので、その範囲で良い品を提供されているのだと思います。画像

前置きが長くなりましたが、京都の人にとって懐かしい、この「御池煎餅」と、とっても食感が似たお菓子を、初めて訪れたスーパー(スーパーぽてとで見かけました。

正確には、食べてみたら、御池煎餅を連想させる食感と味だった・・・・ということです。
比較したら、全然、違うのですが、なんとなく御池煎餅を思い出しました。

そのお菓子の名前は「松皮せんべい」。
製造者は三吉屋米菓(電話番号:0564-22-3408. 住所:愛知県岡崎市西魚町29)です。

画像のように個別包装はされておらず、全部が無造作に袋に入っていて、形も若干不揃いですが、価格は御池煎餅の5分の1〜10分の1程度だと思います。
御池煎餅より、少し堅めで、甘みが少ないと思います。

ウリ坊はこの「松皮せんべい」を「庶民の御池煎餅」と名付けることとしました。
御池煎餅同様、お年寄りやあっさりした食べ物が好きな方には、ぴったりのお菓子だと思います。

スーパーぽてとさん、これからも、この松皮せんべいを取り扱って下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
海の日の連休
3ヶ月くらい前、京都に日帰りしたウリ坊ですが、その時、日帰りでも十分、親孝行ができることが分かりました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2010/07/19 19:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
御池煎餅というのは食べたことありません。
京都の銘菓は八橋しかしりません。
生八橋は好物です。
御池煎餅食べてみたいです。
日本茶に合うんでしょうね。

猫さん、とてもきれいな姿をしていますね。
ウリ坊さんの飼い猫ですか?
縄文人
2010/06/27 01:07
おはようございます。
私も御池煎餅というのは知りませんでした。
京都は修学旅行以来足を踏み入れたことがなく又京都へ行かれた方から頂くお土産は八橋、お漬物などが多くお煎餅類は記憶にないですね。息子の嫁が京都なので聞いてみようと思います。郷から離れて生活していますとやはり慣れ親しんだ味が懐かしくなるのでしょうね。
さざえ
2010/06/27 07:42
御池煎餅は子供に食べさすのは勿体無いような気がします。あのほのかな甘味、舌触り なんともいえない上品なお味。
味にまで「お」がつけたくなるような・・・・そんなお煎餅ですね!
ぴあの
2010/06/28 21:42
縄文人さん〜そうですか、御池煎餅をご存じありませんか。口の中に入れたら、溶けてしまいそうな、柔らかいお菓子です。
ウリ坊は、子供の頃、生八つ橋は粒あんが入っていないものが好きでした。今は、さまざまな種類があるので、見ているだけでも楽しいです。
猫さんは、大樹寺というお寺にお参りする途中に見かけたノラちゃんです。
ウリ坊
2010/07/01 22:26
さざえさんのお坊ちゃんのお嫁さん・・・京都の方ですか!!
でしたら、ほぼ100%、御池煎餅をご存じだと思います。(そして、うまくいけば里帰りの時に、買ってきて下さるかも!)
ウリ坊が帰省した時、自分のために買って帰る京都土産は「すぐき漬」(スーバーラブレ菌!)です。
ウリ坊
2010/07/01 22:31
ぴあのさん、子供には、あの繊細な味は分からないかもしれませんね。
ウリ坊はその意味では恵まれていて、子供の頃から、「吹き寄せ」、「ザクロ」等、普通、あまり子供には食べさせないようなお菓子や果物も結構食べていました。
ウリ坊
2010/07/01 22:50
ご無沙汰しております。
私は京都のことに疎く、こういうものがあるのもはじめて知りました。京都の地元の人ならだれでも知っているというものなのですね。よそゆきのお菓子ではないのですか?昨夏、20数年ぶりに行った京都ですが、地元の人にもらった「幽霊飴」という飴をはじめて口にしたのですが、これも地元の人ならみんな知っているというものですか?京都へ行きたくなってきました。
いまどき
2010/07/10 16:11
いまどきさま〜御池煎餅は少しよそいき(?)のお菓子ですが、地元の人は普通に食べている(色々、頂く機会が多いので)と思います。
幽霊飴って、ウリ坊は食べたことがありませんが、ぴあのさんの記事 http://watashinouta.at.webry.info/200908/article_9.html によると、なんだか悲しい飴ですね。おいしかったですか?!
今年は,京都より奈良がブームですね〜いまどきさんは、あまりご旅行をなさらないのでしょうか。
ウリ坊
2010/07/16 23:48
庶民の御池煎餅 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる