ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS イージー・ライダー

<<   作成日時 : 2010/07/17 14:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1〜2ヶ月くらいまえ、テレビや新聞で【映画「イージー・ライダー」(1969年)で知られる米国の俳優、デニス・ホッパーさんが死去した。】というニュースを見ました。

映画は、ミステリー以外、ほとんど見ないウリ坊ですが、この「イージー・ライダー」は通っていた大学の講堂で上映されたので、友人に誘われるまま見に行きました。

まだ、ご覧になっていない方のために、詳細は書きませんが・・・後味がとても悪く、なんだか意味不明でした。

誘ってくれた友人(医学部)は、単にテストで良い点が取れるという頭の良さでは無く、社会事象についても的確な判断力を持つ人で、この「イージー・ライダー」についても、当時、ウリ坊に詳細に解説してくれましたが、30年経った今も、不愉快さが残る結末を鮮明に覚えています。

画像

最近、読んだ本のあらすじは、すぐに忘れてしまうウリ坊ですが、さすがに10代の時に観たインパクトのある映画なので、印象に残っているのだと思います。

もっとも、ミステリーでは無い映画となると、この「イージー・ライダー」と「ブラザー・サン シスター・ムーン」くらいですが。

ちなみに、「ブラザー・サン シスター・ムーン」の方は、妹と二人で映画館の前を歩いていたら、全く知らない女性の方が、招待券(多分、株主優待券?)を下さったので、観ることにしました。
要するに、ミステリー映画以外は、こういう偶然でも無ければ観に行っていなかったのだと思います。

今に至っても不可解感が残る「イージー・ライダー」と異なり、「ブラザー・サン シスター・ムーン」は、10代の頃は良さがあまり分からなかったのですが、大人になってからジワジワと素晴らしさが分かるようになりました。

ウリ坊に招待券を下さった方は、現在、70〜80歳くらいだと思います。お顔も覚えていませんが、この場をお借りしてお礼を申し上げたいです。

こうして考えてみると、やはり安藤忠雄さんのおっしゃるように、10代の経験は重要だなぁと思います。

画像は、元神宮寺 牛頭寺 宝寿院(津島神社境内)のお釈迦様です。
記事とは関係がありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
10代の頃の記憶から このイージーライダーは
見てませんが サントラのステッペンウルフの
Born To Be Wildはよく聞きました
今でも くちずさめます。多感なこの頃の記憶は
不思議なことに 頭打っていても 鮮明に
脳の皺に刻み込まれています。
象山
2010/07/18 10:23
象山さんは、事故から奇跡の(?)復活をされたんですね。事故の前後で、価値観が変わったりしましたか。
ウリ坊は、病気をして2ヶ月くらい仕事を休んだとき、色々とそれまでの自分を反省しました。
ところで、10代の頃の記憶って、どうしてこんなに鮮明なんでしょうね。
ウリ坊
2010/07/19 19:04
イージー・ライダー ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる