ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS はなまるうどんとビーゴ

<<   作成日時 : 2010/08/20 22:35   >>

トラックバック 0 / コメント 15

画像ウリ坊のブログにコメントをくださる、ヒラメさんのお勧めのお店「はなまるうどん」にようやく行くことができました。

少し昼時を外したのですが、店内は非常に混雑していて、学食のようにお盆を持った人の列ができていました。

ウリ坊はおでん(焼き豆腐、ロールキャベツ)ときつねうどんの中サイズを、一緒に行った人は湯玉ぶっかけうどんの中サイズとげそ天を注文しました。

自分の注文分だけ撮影しようと思ったのですが、げそ天があまりに大きかったので、これも記念撮影(画像下)。

中サイズは女性には少し多いかも知れません。
ウリ坊はしばらく動けないくらいお腹いっぱいになってしまいました。
こんなに食べても、2人分合計で1000円ちょっと。

おいしくて安いので、お店が混雑しているのでしょう。

並んで待つのが苦手なウリ坊は、もう、ここのお店に行く機会は無いと思いますが、若くて元気な方には絶対、お勧めのお店です。

ヒラメさん〜お教え頂き、ありがとうございました。

ところで、鳥取県内でウリ坊のrush君にそっくりな車(Bego)を発見!!
たまたま、信号で後ろに停車したので、撮影させて頂きました。
画像
Bego(ビーゴ)は、そもそもダイハツが開発・生産し、トヨタへもOEM供給している車だそうです。

知らなかったです・・・・。
Begoはrush君とそっくりな車ではなく、rush君のルーツでした。

トヨタ城下町である愛知県三河地方では、rushしか走っていないのだと思います。
見慣れているせいか、トヨタマークが付いているrush君の方が、ちょっと格好良いような気がします。

とにかく、山陰で兄弟(お兄さん)に出会えたrush君でした。(このBegoはウリ坊のrusu君と色も同じです)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいおうどんですね。そして、げそ天大きいですね。もともとのイカはどれだけ大きかったのだろうと思われます。ところで、ウリ坊さんのお住まいの地域のおうどんは、どんなお味なんですか?

車の話は、私はダイハツの車は知りませんでした。もともと車種に詳しくはないのだけど、私の住んでいる街でもあまりダイハツの車はみかけない気がします。(車には毎日乗っているのですけどね)
地域で人気がある車のメーカーとかがあるんだろうなって思いました。
かおるこ
2010/08/21 00:52
初めまして。
ミルキーさんのところからお邪魔しました。

美味しそうな食事
量もすごいですね

プロフを拝見してお好きな作家のなかにクロフツを見つけました。
懐かしい作家です。
だいぶ前ですが「樽」を読んでとても面白かったのを思い出しました。
何かお薦めの本がありましたら教えてください。

よろしくお願いします。
Merry
2010/08/21 10:52
かおるこさん、このお店は、お盆を手に持って並ぶ(セルフサービス)システムなんです。
ほとんどの人が「大」か「中」を注文していたのと、「中」の値段が399円だったので、標準サイズなのかと思って選びました。すると、こんなに多量のおうどんが出てきました。
愛知はあまり独自のうどん文化が無く、味噌煮込みうどん等の重たい物になってしまいます。ウリ坊自身は、はなまるうどんのような讃岐系では無く、関西系の昆布だし、甘口のおうどんが好きです。やはり、子供の頃に味覚が決まってしまうのでしょうが・・・
道を走っていて、自分の車と全く同じ車を見つけると、なんとなくうれしくなりませんか?!
ウリ坊
2010/08/21 13:26
Merryさん、ミルキーさんのところから、遊びに来てくださったんですね〜〜早速、Merryさんのブログにもお邪魔させて頂きました。
ご家族で、海外生活を経験されたのですね!!セレブな雰囲気〜ウリ坊は、語学力が無いのと、お肉が苦手なので、海外旅行さえ、あまりしたことがありません
でも、イギリスには一度、行ってみたいとずっと思っています。
推理小説から時代小説にご興味が移ってこられたとのこと、ウリ坊の所属しているミステリーサークルでも、時代小説にお詳しい方がおられて(すでに退会)時代小説のサークルを立ち上げられていました。
ウリ坊は新本格というジャンルが好きなんです。
法月綸太郎さん、有栖川有栖さん、東川篤哉さん・・・等が特に好きです。
ウリ坊
2010/08/21 13:33
名前を出して頂けましたので、この際、少し書き入れさせて下さい。
・名古屋のうどんと言えば、何と言っても「名古屋きしめん」。これが名古屋を代表するうどんです。うどんとは言わず、きしめんです。決して山本家のエクスペンシブな味噌煮込みうどんではありません。
・ウリ坊さんのクロフツの蔵書写真は凄い!私は「樽」だけ。今は外国のものを余り読まれていない様ですね。私は推理小説はそれ程読んでいませんが、特に記憶に残る洋物を、Merry様に、ご紹介。
1 アガサクリスティ「オリエント急行の殺人」
2 ジョンディスクンカー「帽子収集狂事件」
3 ルースレンデル「ロウフィールド館の惨劇」
◎ 短編集はG.K.チェスタトン「ブラウン神父の童心」G.K.チェスタトンはイギリスを代表する批評家です。批評は難しいのですが、推理小説の方は機知とヒューマーに富み大変楽しい読み物です。一番のお薦め。
ヒラメ
2010/08/21 15:04
ヒラメさんにご紹介いただいた本のうち@とAは読みました。
ブラウン神父ものは一冊読んだ記憶がありますが・・・
お薦めの「ブラウン神父の童心」をさっそくAmazonに注文します。久しぶりの洋物推理小説、ちょっとワクワクします。
Merry
2010/08/21 21:25
げそ天、すごいですね。
何かな?と思って見ていました。
やわらかかったのでしょうか?
水タコ?イカでしょうか?

車、同じ車種って嬉しいですよね。
特に限定車だと。。。

おうどん中盛り、ちょうどお腹がすいていて。。。
ご馳走様でした。お友達のげそ天も1本いただきましたよぉ〜(笑)
野いちご
2010/08/22 12:41
ヒラメさん、色々とご紹介頂きありがとうございました。
ウリ坊もヒラメさんがご紹介下さったような、有名どころか古典的なものしか、海外ミステリーは読んでいません(ルースレンデル「ロウフィールド館の惨劇」は知りませんでした)。
現代物(海外)は、サークルの課題図書にでもならない限り読みません。読めばおもしろいのですが、次に自分で探して読むほどの意欲が湧かないので・・・他の方にお勧めする自信がありませんでした。
ウリ坊
2010/08/22 13:42
野いちごさん、げそ天〜迫力でしょ?!
ウリ坊は食べていないので、固さや味は不明ですが、多くのお客さんが注文されていたので、あまり固くなくて食べやすいのではないかと思います。
ウリ坊は今まで、プログレとかrushとか、比較的、ユーザーが少ない車に乗ってきたので、町ですれ違うとなんだかうれしくて、手を振りたい気分になってしまいます。
ウリ坊
2010/08/22 13:45
「ロウフィールド館」は大傑作ですが、多分ウリ坊さんの好みではないと思います。大変暗いものです。
ところで「永田佐吉」で検索して頂きますと、現在西濃信用金庫真正町支店で行っている小展示会の模様が毎日新聞岐阜版に掲載され、ネットに載っておりましたので、お読み下されば幸いです。展示会自体は小規模なもので訪れる方も殆どみえませんが、記事はカットされた写真を含めますと紙面右上の四分の一程度を使う大きな扱いです。惜しむらくは岐阜県では毎日新聞は極めて購読率が低く、この記事を読まれる方が殆ど存在しないことです。
ヒラメ
2010/08/22 14:07
ボリュームのあるおうどん、おいそうですね。
おでんやゲソ天もおいしそうですねえ。
おうどんは安価でおなかいっぱいになり満足度がありますねえ。自分と同じ車を見るとなぜかうれしくなってしまいますよね。僕の車は古いのでめったに同じものにはおめにかかれません。でもたまに同じものに出くわすとビックリします。
縄文人
2010/08/22 16:42
ヒラメさん「ロウフィールド館の惨劇」は映画にもなっているようですね。コンプレックスから田舎のブルジョワ家庭を皆殺しにした女の姿を描くサスペンス・・・とありました。
岐阜県では「毎日新聞」は購読率が低いのですか?!
愛知県では「中日新聞」が一人勝ちと聞きます。ウリ坊は今まで、日経か読売しか購読したことがありませんが、実家(京都)はずっと「毎日新聞」でした。
ウリ坊
2010/08/28 17:06
縄文人さん・・・ウリ坊は関西人なので、お蕎麦よりおうどん、それも釜揚げとか、つけめんでは無く、お汁の中に最初から麺が入っている(きつねうどん等)が好きです。すぐにお腹がいっぱいになりますが、ご飯と比べて、お腹が空くのが早いのが難点でしょうか。
縄文人さんのお車はレアものなんでしょうか。滅多と無い車種なら、同じ物に出くわすと、びっくりですね!!
ウリ坊
2010/08/28 17:08
勤めで琴平に泊ったとき、素うどんに生醤油をかけてたべてすごくおいしかったです。その後東京に「花まるうどん」がたくさんできた頃は、安いのでよく食べに行っていました。高田馬場、池袋、上野、吉祥寺、所沢などにあったと思います。その頃は天かすはタダ、ワサビもあったので、しょうゆの大を注文して、天かすとわさびで食べるのが好きだったのですが、何時の間にか店舗がなくなっていたり、天かすが別売りになってしまっていたり、、、。他にも讃岐うどんのチェーン店はあるのですが、「花まる」に比べて、コシがなかったり、高かったり、しけた感じの店が多いと思います。先週、本屋を見に、久々に池袋へ出かけましたら、ジュンク堂書店の近くの地下に新しい讃岐うどん屋さんがあったので入ったのですが、結構ボリュームがあって高くなかったです。食べるラー油のうどんというのを食べてみました。
いまどき
2010/08/29 20:05
「花まるうどん」って、結構、以前からあったチェーン店なんですね。ウリ坊は全く知りませんでした。
たまたま、今住んでいるアパートの近くにも、東京の自宅の付近にも「得得うどん」があるのですが、多分、讃岐うどんでは無いのでしょうね。
それにしても、食べるラー油のうどんって、初めて聞きました。おいしそうですが、辛そうですね!
ウリ坊
2010/08/31 20:41
はなまるうどんとビーゴ ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる