ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 放課後探偵団と悪そうな猫

<<   作成日時 : 2011/03/04 21:43   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像仕事上の問題が連続して発生していることと、家族の病気で、最近、全く、千代田ミステリーサークルに出席できていませんが、課題図書はぼちぼち、読んでいます(前の記事と同じ出だしですね・・・)。

3月の例会の課題図書は、「放課後探偵団」(創元推理文庫)です。

書き下ろし学園ミステリーアンソロジーで、5名の新進気鋭の作家の短編が収録されています。
ウリ坊は今までこの5名の作家の方の作品を読んだことがありませんでしたが、同じアンソロジーと言っても、ベテランが並ぶハードカバー(川に死体がある風景)等とは異なり、ライトノベル的でどの作品も楽しめました。

骨のある作品が多かった今までの課題本と異なり、今回はライトノベル・・・・サークルの課題本も、世の中の流行に呼応していくのかも知れません。

ちなみに、他の方のブログ「こんな夜だから本を読もう」を拝見すると、なんと放課後探偵団は10点満点が付けられていました。
同じ方の採点で川に死体がある風景は6点です。
こうして、新たな切り口を伺うのは、サークルに出ているようで楽しく、ためになります。
ウリ坊は5点と8点くらいかと思っていましたから・・・・

例会には出られませんでしたが、プロの読者(千代田ミステリーサークルの皆さん)が、この作品にどのような印象を持たれたか・・・是非、伺ってみたいです。

画像は、アパートの近くで見かけた「悪そうな顔の猫」です。
目つきも口許も悪そうです。周りの猫からも一目置かれている感じです。
猫の社会も、強面の♂が仕切っているのかも知れませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
落ち着いて趣味の時間が持てるといいですねえ。
写真はなかなかの面構えの猫さん!
いかにもボスという感じです^^
縄文人
2011/03/04 22:40
猫さんの画像を拝見して、今朝観たTV番組をふと思い出したのですが、藤原紀香さんがご出身の西宮、神戸のことを話していて、あちらの方では、きかん坊の子供のことを「ゴンタ」というそうですね。この話は今までにも随筆等で読んだことがありますし、浄瑠璃から来ているということも読んだことがあるのですが、実際人の口から聞くと、リアルな感じがしました。この猫さんも「ゴンタ風」ということになりますね。
いまどき
URL
2011/03/04 23:24
私も趣味で読書を〜最近は 松本清張の長編を
読んでますが 会社の昼休みの時間で30分ほどを
ほぼひと月かけて(年間10冊ほど)読んでます。
読み始めて2週間ぐらいして内容に入り込めるような
スローなペースです。
ブックオフで¥105/1冊ですので 作家別で
数冊まとめて購入しています。

あの猫は 飼い猫ですか?のら猫ですか?
おそらく 野良猫の顔つきだと思いますが・・・ 
象山
2011/03/06 10:51
縄文人さん、現代は自由な時間を持っている人が、幸せですね・・・・まあ、定年まで無理でしょうが。
落ち着いて趣味の時間が持てるのは、贅沢なことだと思います〜〜。
確かに、この猫は「なかなかの面構え」ですね。
色々な闘争に勝ち抜いてきたのでしょう!!
ウリ坊
2011/03/06 13:40
いまどきさん、ウリ坊は関西人なので「ごんた」が方言とは思いませんでした(笑)
京都では、きかん坊のことを「ごんたさん」と呼んでいました(年配の人は「ごんたはん」と言っていました)。ただ、悪い意味では無く、元気で独立心溢れるといったプラスの意味だったような・・・
さつまいものことを「おいもさん」と呼ぶので「ごんた」にも「さん」が付いたのでしょうか・・・とにかく「ごんたさん」は日常的に(元気な男の子に)使われていました。
ウリ坊
2011/03/06 13:45
象山さん、読書は楽しいですね。
時間を忘れて読みふけってしまいそうです。
松本清張の長編はかなり読み応えがありそうですね。
映画化されている作品も多いので、比較するのも楽しそうです。
ブックオフなら1冊¥105なんですか〜とっても安価で楽しめますね
猫はまちがいなく「のら猫」だと思います。飼い猫なら、ここまで厳しい顔になる必要もありませんし、闘争に明け暮れる必要も無いと思います。
のら猫は自由ですが,生き抜くのは厳しいでしょうね。
ウリ坊
2011/03/06 13:50
放課後探偵団と悪そうな猫 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる