ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 放課後はミステリーとともに(東川篤哉:実業之日本社)

<<   作成日時 : 2011/03/13 10:01   >>

トラックバック 3 / コメント 6

画像地震に引き続いて明らかとなった、福島原発の事故・・・とても心配ですね。
テレビでは同じような情報を繰り返し報道するだけで、どんな機序でどんな事故が発生しているのかが釈然としません。

何も知らされないまま、避難区域が10kmから20kmに拡大したり,実は第1原発の3号機(?)が最も危険かも知れないとか・・・、付近の住民の方々はどんなに不安かと思います。

ウリ坊は1999年に東海村JCOで起こった臨界事故の時、北関東に住んでいました。職場や自宅は発電所から数十キロの距離で、とにかく情報が少なくて不安でした。
事故の起こった日、あまりに心配したので,翌日は体調が悪くて仕事を休んでしまった記憶があります。しかし、職場の人達は当日も平気で窓を開けて仕事をしていました。
数十kmを「近い」と感じるか「遙かかなた」と感じるか・・・人により、考え方は様々なようです。

あの時は,結果としてほとんど実害はありませんでしたが、今回はそんなに甘い話では無いような気がします。
誰も避けようが無い、見えない恐怖ですので、正確な情報を速やかに国民に知らせて欲しいと思います。


さて、以前から東川篤哉さんを応援していたウリ坊ですが、謎解きはディナーのあとでが、このように爆発的にヒットするとは想像もしていませんでした。

確かに「謎解きはディナーのあとで」も素晴らしい作品ですが、東川氏には、「館島」等、さらに優れた既発表の作品があります。

この 「謎解きはディナーのあとで」で、東川氏を知った読者の方が、是非、他の作品も読んでいってくだされば、ますます、評価が上がることと思います。

前置きが、とても長くなってしまいましたが、コルクT氏から「放課後はミステリーとともに」が発売されたという情報を頂き、早速購入。いつも,情報を頂き、ありがとうございます!!
ちなみにコルクT氏は、東川氏のサイン会にも行かれたそうです。うらやましいです〜〜
画像
放課後はミステリーとともに
実業之日本社
東川 篤哉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 放課後はミステリーとともに の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

本作品は、「学ばない探偵たちの学園」、「殺意は必ず三度ある」と同様の、鯉ヶ窪学園探偵部シリーズですが、ウリ坊はどの作品も好きです。あえて順序をつけるとすると、殺意→学ばない→本作品・・・でしょうか。

ですから、万一、本作品をお気に召さなかったミステリーファンの方にも、殺意は必ず三度ある(や、学ばない探偵たちの学園)は絶対にお勧めです!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
寒くなったり暖かくなったり
また寒くなってきやがったぜ ...続きを見る
シルクのお城へうぇるかむ
2011/03/17 20:57
「魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?」東川篤哉(文藝春秋)
(パンフレットより) ユーモアミステリーの旗手、東川篤哉の最新作は、なんと魔法使いもの!  刑事との愉快な掛け合いと、魅力的な謎が詰まった中篇集 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2012/11/17 21:37
「放課後はミステリーとともに」東川篤哉
鯉ケ窪学園高校探偵部副部長・霧ケ峰涼の周辺には、なぜか事件が多い。 校舎から消えた泥棒、クラスメ-トと毒入り珈琲一族との関わり、 校外学習のUFO騒動――解決へ意気込む涼だが、ギャグが冴えるばかりで推理は発展途上。 名推理を披露するのは探偵部副部長なのかそれとも?ユーモア学園推理の結末は? ...続きを見る
粋な提案
2013/10/15 23:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
原発も津波に対する備えが不十分でしたね。
耐震強度はある程度対策がとられていたとは思います。
海岸沿いで低地の原発は問題ですね。

ペンギンのパパはかわいいですねえ。
縄文人
2011/03/13 22:52
昔、電力会社から渡された原発に関する本を読んだことがありますが、素人の私でもわかるくらいみえみえの擁護論が展開されてました。今回の事故でTVに出演している専門家の人たち、少しも変わってないですね。
計画停電も原発推進派の企みではないかと穿った見方をしています。今回の事故を機に原発反対の機運が高まらないよう市民に電気が来ないとこんなに不便になるぞと脅しているようにしか思えません。
モモちゃんタロちゃん
2011/03/15 00:07
縄文人さんは建築にお詳しいので、今回の原発の事故を歯がゆく感じておられると思います。
例えば煙を感知したら防火シャッターが降りるように、大地震が起こったり電気が一定時間止まったら、すぐに原子炉を休眠状態にするシステムが無かったというのが、ウリ坊のような素人にとっては驚きです。
天災(地震)は仕方ないですが、その後の東電の対応はどうなのでしょうか・・・・
ウリ坊
2011/03/19 13:35
モモちゃんタロちゃんさん、ウリ坊は最初の頃、原発が心配で食い入るようにテレビを見ていました。
その時、原子力保安院の方が説明されると、いらだたしくて気分が悪くなっていましたが、その保安院のなんたるかが、このブログで分かりました。http://takedanet.com/2011/03/post_0cc6.html
確かに、事態が悪化した後は、保安院はマスコミに登場しませんね。
ウリ坊
2011/03/19 13:39
ご紹介いただいたブログ、私も見てました。
テレビ等からは真実がわからないのでとても参考になります。さっきも御用学者が「体内被曝? まったく心配ないです。大丈夫大丈夫。」とコメントしてました。無責任にもほどがあります。
モモちゃんタロちゃん
2011/03/20 00:26
昨日の日経新聞に、アメリカの環境保護局とエネルギー省が、カリフォルニア州やワシントン州で検出された放射性物質「キセノン133」が福島第1原発から放出された物と断定した旨が掲載されていました。
国内だけではなく、海外にも害毒をばらまいていますね。
ウリ坊
2011/03/20 12:54
放課後はミステリーとともに(東川篤哉:実業之日本社) ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる