ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 耐震補強(?)

<<   作成日時 : 2011/03/21 09:42   >>

トラックバック 1 / コメント 12

3月17日の夜、愛知県内でも震度3の地震がありました。
その時、アパート内に居たウリ坊は、あまりの振動にビックリして何をすることもできず、ただじーっとしてしまいました。

今まで「冬は寒く、夏は暑く、壁が薄くて外の音が聞こえる・・・」等、アパートの悪口を書き連ねていましたが、マンションと比べて、アパートは揺れ方も怖いです。グラグラという感じでは無く、ぎしぎし(ガタガタ?)と今にも壊れそうな嫌な揺れ方です。放射能対策も考え、次に越すなら、絶対に鉄筋コンクリートだと思いました。
画像
問題は当面です。このアパートに住む限り、有事には大変なことになるのが確実です。
今回、揺れた時間がとても長かったので、じーっとしつつも、自分の部屋の弱点がどこかを観察することができました。

サッシのガラスは、多分、自分だけが備えても、外のブロックが倒れてきたりすると駄目でしょうが・・・、当面、カーテンを閉める等して、散逸を防ぐことにします。そして、後日、強化フィルムでも貼ろうと思います。

先日、もっとも酷く揺れていたのは食器棚です。
倒れても惜しい食器はありませんが、1つコップが割れただけでも始末が大変なのに、棚の中のガラスや陶器が割れると破片が狭いアパートに散乱してしまいます。
そうなると、思わぬ怪我をすることも・・・・・
また、食器棚の上には、一昨年から神棚が飾ってあります。

それで、早速、つっかい棒をして食器棚の耐震補強を図りました。
最初、垂直部分だけだったのですが、それでは同時に揺れたときに効果が無くなると思い、水平部分にも棒をかましました。

垂直部分の棒はさほど目立ちませんが、水平部分の棒は違和感があるので、棒を2本にして布を下げて、目隠し風に。これで、食器棚の対策はとりあえず終了です。

次は電子レンジが落ちて破損しないように、何か対策を考えなければなりません。これについては現時点で、何もアイディアを思いつきません。割れそうな物は、床に置くしか無いのでしょうか・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Spring has came !
桜も咲き、朝夕の冷え込みも緩んで、本格的な春になりました。 震災被害や、原発事故・・・等、いつもの春とは異なる、不安で暗い春ではありますが、それでも新しい気持ちで前を向いて進んでいかなければなりません。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2011/04/10 09:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
先週の東日本大震災の最初の午後3時前の大揺れでは東京もすごかったです。自宅も古いですが、土いじり用に借りて居る部屋もまた木造で、確認するまでさぞ大変なことになっているだろうな、、と思っていたのですが、案外と無事でした。平置きしていたCDの山が崩れていた程度でした。一番心配していた「抜き型」や「素焼き」を収納している棚が倒れているだろうと思いの他何でもなかったのは、つっぱり棒何本かで支えていたためだと思います。工事をするとかは費用的に無理ですが、普段からつっぱり棒で備えておいてよかった、、、と胸を撫で下ろしています。
いまどき
URL
2011/03/21 16:28
最近ではTVで地震の速報が日常茶飯事に
なってきましたが おかげさまで?今の所 驚く
ほどの揺れには遭遇してません。先の東北の地震も
こちらも震度3ということでしたが まったく
分かりませんでした。近い将来 必ず起きる
みたいですが 只 受け入れるのみ!
象山
2011/03/21 17:49
昭和初期の我が家はいわゆる京民家。部屋の四方は障子、襖、床の間 押入れ。
でも80年以上持ちました。阪神淡路大震災の震度5も何とかクリヤ〜。こけしも倒れませんでした
多分 お寺の構造と似てるのか??
何かあればもうお終いと覚悟するのみです
ぴあの
2011/03/21 22:13
さすがウリ坊さん
地震のなかでも次のことを考えることのできる
冷静さはさすがです。
でもいつでも避難用意はしていて下さいね。
福岡地震も6年経ちました。
気が緩んだ時に・・・
ミルキーも避難用意を再度しょうと思いました。
ミルキー
2011/03/21 23:15
福岡でも震度6弱の地震を体験しましたが
食器棚のコップ類は全て落ちて割れ
本棚から本も落ちて
飛散な状況になりました。
棚の上などにものを置かないしかないと思います。
縄文人
2011/03/21 23:48
電子レンジは耐震マットがいいですよ。
震度5で、マットで補強したスパイス棚も液晶テレビもなんともなく、何もしていなかったオーブントースターが落下しました。
食器棚は開かないようにするものがあります。
保存食を食べるほどでは無いですが、あると無いとでは精神的に大違い!備えてて良かったです。
Aisya
2011/03/22 01:36
いまどきさん、今回の大震災で大きな被害が無くて、なによりでした!!
「抜き型」や「素焼き」もご無事でしたか・・・
普段から地震に備えて「つっぱり棒」をかましておかれるとは、とても素晴らしいと思います。
今回の大震災は、ウリ坊にはとても意外でした。神戸の次は東海地方かと思っていたので。
多くの東京の方も、同様だったのではないでしょうか。
雨が降っていないのに、傘を持ち歩くのが面倒なように、地震の備えも、いつかやろう・・・と思うばかりです。
その上、人間って「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で、なかなか長期間、教訓が活かせない物ですが、いまどきさんは大切な物を自分の機転で守られたと言うことですね
ウリ坊
2011/03/26 20:31
象山さん、本当に地震が続発していますね。
被災地の方々は、どんなに心細いことかと思いました。
東海地方の大地震は、かなりの確率で起きるそうですね。
どこに、どんな形で被害が起こるか、予想もできませんが、象山さんのように「受けて立つ」(違いました、受け入れるですね〜)という心境にはなかなかなれません。
とにかく、原発事故は二度と起こって欲しくないですね。
ウリ坊
2011/03/26 20:35
ぴあのさんのお宅は京の町家みたいな感じなのですか?!
阪神淡路大震災の震度5にも耐えたとは、根性があるお家(?)ですね!
実家(京都)は、阪神淡路の時、しっかり壁に亀裂が入りました。当時で、築15年くらいだったかと思います。昔の大工さんの方が、技術水準が高かったのかも知れませんね。
いずれにせよ、何かあったらおしまい・・・の覚悟は潔いです!
ウリ坊
2011/03/26 20:40
ミルキーさん、冷静なんてとんでもない〜先日の地震は怖くて、火を消す、机の下に潜る・・・等の行動は取れず、ただ、固まっていました(笑)
落ちたり倒れたりしても壊れない物(本、衣類など)は無視するとして、当面対策が必要な物は、食器棚。そして電子レンジです。
避難は・・・隣が高層マンションなので、倒れてきたら間に合いません。自宅に居るときに地震が起こらないことを祈るのみです。
確かに、気が緩んだ時に災いがやってくると言いますよね。避難のご準備・・・また、記事等でご紹介頂ければとても参考になります
ウリ坊
2011/03/26 20:46
縄文人さん、福岡の地震は震度6弱だったんですか。
震度3でも怖いし、震度4になると、身の危険を感じますね。さらに震度6弱と言われても、ピンと来ませんが相当の物だと思います。
食器が割れ、本も落ちますよね。確かに、震災のニュースの後は、できるだけ物を減らして、片付けようと思うのですが、また、少しずつ、物が増えてきます。我が家では、現在、買い置きの水や保存食が場所を取っています。
ウリ坊
2011/03/26 20:50
Aisyaさん、耐震マットっていうのがあるんですね。
全く知りませんでした。電子レンジには最適ですね。
100均ショップで、類似品がたくさん売っていたので、2〜3種買ってみましたが、とっても小さな文字で、「防災には使えません」と記載してありました。
所詮、100均ショップですから。
ミネラルウォーターの入手の目処が付いたら、今度はちゃんとした耐震マットを探してみたいと思います。
有用な情報・・・ありがとうございました!!
保存食は、お米、お餅、パスタのように、そのまま食べられないものばかりなので、乾パンや缶詰等、そのままでも食べられるものも買い足そうと思っています。
使う日が来ないことを祈るのみですが・・・・
ウリ坊
2011/03/26 20:55
耐震補強(?) ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる