ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS いちえ庵

<<   作成日時 : 2011/04/03 01:46   >>

トラックバック 2 / コメント 6

画像転勤される女性のために催す、女性社員だけの送別会は、小さなお子さんをお持ちの方もおられるので、夜では無くランチタイムに行いました。

この会では、昨年も素敵なお店に連れて行って頂きましたが、今年はとても優雅なお店(いちえ庵)でした。

外見的には、普通の感じのお店でしたが、中は静かで、お店の方の対応も良くてびっくり。
京都の料亭のような、ものものしさが無いので、気楽に立ち寄ることができそうです。しかし、手抜きはありません。

「京懐石」というだけあって上品なお味でした。
薄味では、素材をごまかすことができないので、旬のものがふんだんに使われることになります。
そう言う意味もあり、ウリ坊はここ数年、訪れたお店の中で最も気に入ってしまいました。

後で、ネットで検索してみたら、やはり(昼も夜も)それなりの価格でした。
ウリ坊のお給料だと、度々、通うことはできませんが、なにかイベントがある時には、また、行ってみたいです。

こんなに素敵なお店をご紹介くださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
画像
皆さんに、ご心配をおかけしましたが、家族の手術は無事3月29日に、終了しました。

昨日、上京して病室に行くと、なんと既にベットから出て、椅子に腰掛けていました。たった、4日でです!
大手術をした、80歳近い老人とは思えない、すごい回復力です。
(ちなみに、ウリ坊が5年半前に聴神経腫瘍の手術をした時には、1週間以上、ベットから出ることはもとより、自由に身動きすらできませんでした)。

ウリ坊は、この関係で1週間の内に3回も上京したので、ちょっと疲れ気味でしたが、この回復力を見てとても安心しました。家族には、元気で長生きして欲しいです。

神経質なウリ坊なので、普通ならば震災後は毎日、原発事故のことを気に病んで、もしかしたら病気になっていたかも知れません。けれど、今回は家族が大病をして摘出手術をしたのでそれどころでは無く、またここ数日はマスコミも、最初ほどは原発事故を取り上げなくなったので、結果として、良かったかなぁと思っています。

国民が皆、放射能を浴びているのですから、ウリ坊だけが気に病んでも、個人の力ではどうしようもないことですし・・・・心配する気持ちは、当面は家族に注ごうと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「さらば愛しき人よ」 レイモンド・チャンドラー
先日お知らせしたように、千代田ミステリーサークルの6月の課題本はレイモンド・チャンドラーの『さらば愛しき女よ』(早川ミステリー文庫、清水俊二訳)か『さよなら、愛しい人』(早川ミスリー文庫、村上春樹訳)です。 会長のコルクT氏のお勧めは清水訳ですが、ロマンティックが嫌いな方は村上訳が良いとのことでした。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2012/04/30 13:45
いちえ庵(2)
ウリ坊の同僚が10月に東北地方に転勤されることになりました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2012/09/30 17:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
ご家族の手術、成功しすでに椅子にすわれるほど回復されているそうで、良かったですね。
送別会のお食事会、とても上品で優しいお料理だったようですね。器も素敵だったようですね。
原発事故も気になるところですね。なんとか早く復旧作業も進むと良いのですが、、、
野いちご
2011/04/03 15:05
京会席、見た目も上品でおいしそうですねえ。
素敵な送別会になったことでしょう。

ご家族が手術なされてご心配でしたねえ。
でも順調に回復されているようで何よりです。

原発の汚染は全国的なものとなり不安です。
佐賀の玄海原発は住民の心配に配慮して
運転を停止しています。
原発は便利とはいえ事故がおこると問題は大きくなってしまいます。
縄文人
2011/04/03 15:19
手術うまくいってよかったですね。その後のご容体もよさそうで、、。計画停電とかいっている時期ですから、その中で手術となるとそれは不安でいっぱいでしたね。
いまどき
URL
2011/04/03 19:44
野いちごさん、どんな病気でもつらいですが、入院や手術する病気は特に厄介ですね。
なんとか、椅子に座れるまで回復しましたが、まだ、尿道カテーテルも外せていないので、先が長いかも知れません。
こんな時に送別会か・・・と不快に思う方もあると思うので、記事にするのを止めようかと思いましたが、日本中が自粛では経済も止まってしまいますよね。
とにかく、原発を何とかして欲しいです。
ウリ坊
2011/04/06 22:15
縄文人さん、そうなんです、とても素敵な送別会でした。それでも、今年の送別会は、あまり笑いが無く、静かな(ちょっと重苦しい)感じのものが多かったです。何回か(違うグループで)行いましたが、半分くらいの回数でも良かったかなぁと思いました。
家族の手術は、愛知から上京してつきそったりしたので、かなり大変でした。早く,回復して欲しいです。
原発の事故は、日本中の人が、誰に怒りをぶつけてよいのか分からない状態だと思います。こんな時、住民感情に配慮して、原発を止めるというのはとても常識的ですね。九州電力さんは偉い!
ウリ坊
2011/04/06 22:20
いまどきさん、ありがとうございます。
手術の予定が決まったのは、地震の起こる前でした。
その後、地震、原発事故、計画停電、東京の水道水の放射能汚染・・・と立て続けに起こり、果たして予定通り手術していただけるのか、直前まで不安でした。
それでも、なんとか終了して、あとは本人の回復と、原発事故の終息を祈るのみです。
ウリ坊
2011/04/06 22:22
いちえ庵 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる