ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS やもり

<<   作成日時 : 2011/07/31 19:45   >>

トラックバック 0 / コメント 10

いつの間にか、アパートにやもりが住み着きました。
やもりは見た目が気持ち悪いですが、家の守りをしてくれる縁起の良い生き物と聞きますので、追い出さず、できるだけ無視しています。

ただ、我が家のやもり君は、ちょっと変わっていて、ウリ坊を恐れません。
近づいても、逃げる様子も無く、平気でウリ坊の前を横切ったりします。

子供の頃の記憶では、やもりは窓か壁の高いところに居て、人が近づくと(雨戸の隙間等に)隠れるというイメージでした。一度だけ、上からポトンと落ちてきたやもり君に触ってしまい、冷たくて気持ち悪かった恐怖の記憶がありますが・・・
画像
3週間くらい前、帰宅したらお皿の上に置いてあった蚊取り線香の灰が、お皿から出て床に散乱していたことがあります。
その時は、地震でも起こったのだろうか、泥棒が入ったのか・・・と、とても不思議でしたが、もしかしたら、いたずらなやもり君の仕業かも知れません。

一昨日、お風呂に入ろうとしたら、やもり君が浴室の壁に貼り付いていました。

子供の頃の記憶(上からやもりがぽとん・・・)がよみがえり、なんとか入浴中だけでも外に出て欲しくて、脅かしてみたのですが、全く動じません、仕方無くシャワーで水をかけるふりをすると、出て行ってくれました。

それ以来、気を悪くしたのか、ウリ坊の前に現れなくなりました。(それまでは、毎日、出現していました)。
このまま、ウリ坊を避けて行動してくれればうれしいのですが・・・・

こんな狭いアパートで、また、昼間は誰もいない部屋で、やもり君の餌があるのか・・・と心配される方もおられるかと思いますが、カブト虫を飼うと、どうしてもコバエが少し発生するので、やもり君が餌に困ることは無いと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
このところ「ウリ坊の楽しい毎日」ならぬ「苦しい毎日」の内容がずっと続いていて心配していました。ですので、フェルメール展、かぶと虫、やもり・・と楽しい話題の展開となりホッとしますよ。
ところで、フェルメール展(昨日の日曜美術館で紹介されてました)、恐竜博と興味深い催しもありますし、家内がお知らせを送ってもらっているサボテン農場を訪れたいとう課題もあるので、この夏は名古屋に行こうかと家内と話しているところです。
lennie
2011/08/01 18:49
やもり、縁起がいいっていいますね。。。でもちょっと、近づいて欲しくないですけど。。。
良いことがあると良いですね。
Aisya
2011/08/02 23:02
写真を見ると、ヤモリはちょっとかわいい感じがします。でも、夜中にポトンと落ちてきたりするのは怖いですね。
カブト虫とヤモリ、なんだか賑やかになってきましたね。
ミセス・家計
2011/08/04 22:13
lennieさん、最近、苦しいことばかりでしたので愚痴っぽい(?)記事が多くてすみませんでした、今まで、まじめに一生懸命暮らしてきたつもりだったんですが、色々と報われないことが多くて、落ち込んでいました。でも、同年代の人の多くが同じような悩みやもやもや感を抱いていると知りました。
ところで、名古屋に来られるのですか???
名古屋市美術館で、9/4までレンブラント展も開催されていますよ〜〜久しぶりに、lennieさんご一家とお目にかかりたいのですが、最近、友人と約束して楽しみにしていると、仕事が入ってドタキャン・・・・という繰り返しで、友人を無くしている(?)ので、今回は、自重したいと思います。サボテン農場って、どこにあるのでしょうか〜行ってみたいです。

ウリ坊
2011/08/06 13:42
Aisyaさん、このやもり君、ウリ坊がお風呂場で水をかけて追っ払って以来、見かけません。
もしからしたら、台風の風雨を避けるためにウリ坊の部屋に住み着いたものの、あまりえさも無いし、水もかけられるので、出て行ったのかも知れません。
アパートの外壁に潜んでいて、また、雨が降ったら戻ってくるような気もします。
やもり君のお陰で、なにかラッキーなことが起こればうれしいです。
ウリ坊
2011/08/06 13:46
ミセス・家計さん、やもり君は何故か全くウリ坊を恐れません。それで、目の前を横切ったりするので、踏みつけそうになりびっくり。
追っ払ってみたものの、姿を見かけないのはちょっと寂しいです。
カブト虫は♂だけを飼っていたのですが、なんと、アパートのドアの前に♀が瀕死でもがいていたのを救助したので、結局、ペアで飼うことになりました。
ウリ坊
2011/08/06 13:49
やもり、いなかには大きいのが2匹います。
夫婦かな?
僕は好きなんですよね。
コバエを食べてくれて助かりますねえ。
縄文人
2011/08/06 20:55
縄文人さん、今回のやもり君はちっちゃかったです。
ウリ坊の記憶にある(京都の実家や親戚の家でみかけた)やもり君もちっちゃくて、白っぽいものです。
大きいと不気味かもしれませんね。
益獣なので、忌み嫌う必要はありませんが・・・
2匹だと多分、ご夫婦(?)ですね。
ウリ坊
2011/08/06 21:37
やもりですか?以前我が家にもいました。私は両生類って案外好きなのです。やもりさんはぷよっとした感じがかわいいと思います。むしろいもりのお腹のほうがショッキングな色をしてドキッとされる方が多いのではないでしょうか?もちろん家に入ってはきませんが、、。
いまどき
URL
2011/08/09 23:19
いまどきさん、やもりは子供の頃、夏には必ずガラス戸にへばりついていました。
最近は、農薬の影響か虫も減り、やもり自体、あまり見かけなくなりました。
やもりのぷよっとした感じと、控えめな色調は許容範囲ですが、いもりは気味が悪いです。
それから、庭を走るトカゲ。テカテカしていて・・・
ウリ坊
2011/08/11 19:20
やもり ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる