ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 通院とプペ

<<   作成日時 : 2011/10/08 22:55   >>

トラックバック 0 / コメント 12

9月に受診した、人間ドックの結果、なんと最低の「E」(直ぐに病院に行き、精密検査を受ける)が付いた項目がありました。ここ数年、仕事ばかりで、ストレスだらけの生活をしていた報いです
こんな働き方では、定年まで命が保たないとさえ、思えてきました

とにかく、今日、早速、行きつけの内科に人間ドックの結果を持参して、診察して頂きました。
意外なことに、先生は全く、この結果を問題視されておらず、特に精密検査も無く、採血をしただけで、次は来年で良いと言われました。

人間ドックというのは、一つ一つの項目を機械的にA〜Eまで割り振るのですが、いくつかの項目を見比べると、特に大きな問題にならないこともあるそうです。

これで、「E」の項目はとりあえず、解決しましたが、他に「C」(経過観察)の項目が3つもあります(涙)。
しかし、これらは次回の人間ドックの時(1年後)に検査すれば良いとのことで、とりあえず、今回のドックのための通院は終了しました。
画像
画像は、今週、お客様と行った「プペ」で撮影した物です。
プペは長年、気になっていたお店で、モモちゃんタロちゃんさんにお誘い頂き、やっと行くことができたお店です。
今回は、たまたま予約無しで入れましたが、大通りに面していない、隠れ家風のお店なので、予約が必須だと思います。

ウリ坊は、お肉が苦手なので、メインをお魚(トビウオだったかエイだったか)にしました。
前菜も、メインも、デザートも全ておいしかったのですが・・・・・

ところが、メインにソテーしたキノコが添えられていたことで、だんだん、放射能が心配になってきました。
どこの魚だろう、キノコはもしかしてストロンチウム入り????と考えると、砂を食べているような気持ちになってきて、ほとんど残してしまいました。

お店の方は、(メインをほとんど残したことに)少し心配されたようでした。

普段は、普通に外食しているのですが、時々、こうして「心配スイッチ」が入ってしまうと、食べ物が喉を通らなくなってしまいます(心配スイッチは、放射能がきっかけでONになる場合もありますし、添加物等の場合もあります・・・・サン・マルクでは、トランス脂肪酸(マーガリン)がきっかけでパンが喉を通らなくなってしまいました)。

ウリ坊以上に神経質な方は、無限におられると思いますが、その方達は、いったいどのような食材を選んでおられるのでしょうか・・・・ちょっと、気になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
私も先日の人間ドッグで 要再検査Dだったか?で
月末に胃カメラを飲まなきゃ〜
ところが 当日は検診後の診察で 何も 問題も
指摘されなかったのです。おそらく 今までも何度も
再検査で胃カメラを飲んだのですが 何もなく
問題になる胃のところが異常に見えるつくりに
なっているのかと・・・自覚症状もなく心配は
していませんが・・・心配スイッチが入ると胃は
敏感ですので すぐに潰瘍とか 反応しますよ。 
象山
2011/10/09 11:12
僕も健診でメタボ傾向が出ていたので
気をつけたいと思います。
仕事のストレスが減るといいですねえ。
お互い気をつけましょう。
縄文人
2011/10/09 22:27
人間ドックの話のはじめの部分を目にして、ワアー大変だと思ったのですが、とりあえずは次のドックまでは緊急の入院とか手術とかの必要性はなかったのですね。よかったです。はじめ画像だけ見て、今時の病院食っていろどりいいんだな、と勘違いしてしまいました。きのこですか?いかにも旬でしょうけれど、そっちのほうで心配なものなのですね。お肉の代りに満足できる食材を考えるのも大変ですね。もちろんサンマとかも現状では厳しいですか?このところ私はサンマばっかり食べているような気がします。
いまどき
2011/10/10 03:38
象山さんもしっかりと「人間ドッグ」を受診されているのですね。「要再検査D」ですか、まだまだです(笑)。
ウリ坊は「E」でした。この判定は初めてですが、なんと赤字で印字されていました。
胃カメラは苦しいですね。鼻から入れる胃カメラは格段に楽ですよ!!
ウリ坊は「心配スイッチ」のためか、「胃」は常に「C」(来年まで経過観察)です。象山さんも、今年も何でもないと良いですね!
ウリ坊
2011/10/10 12:55
縄文人さん、全く太っておられないのに「メタボ傾向」なんですか?!ちょっと、びっくりです。
ウリ坊の職場の人間ドックでは、一枚目に講評(注意点)みたいなものが書かれています。
Aで無かった項目について書かれるのですが、メタボだけは別格。
一行目に「あなたはメタボではありません」と書かれていたので、笑ってしまいました。
ウリ坊
2011/10/10 13:03
いまどきさん、ウリ坊も金曜日(10/7)に人間ドックの結果を受け取った時、赤字で「E」と書いてあったので、びっくりしました。すぐに翌日、かかりつけのお医者様に診て頂きました。
ところで、いまどきさんが常食されている「サンマ」ですが、昨日のニュースで、「牡蠣」と「サンマ」が大幅に品薄と言っていました(秋の食卓から消えるかもです)。
病院食といえば、ウリ坊は数年前に手術するため東京K察
病院に入院したことがあります。病院食は、きちんとカロリー計算をしてあるため、それが本来のウリ坊の必要量なんでしょうが、あまりの少なさに驚きました。
術後は、食欲がありませんでしたが、退院間近の頃は、お菓子を食べたりして補っていました(笑)
あの病院食を続けていたら、きっとスリムになると思います。
ウリ坊
2011/10/10 13:13
体に気を使っているので健康なのかと思っていましたが、いろいろあったのですね。体への影響の心配がストレスになると逆効果だし、なかなか難しいですね。
トランス脂肪酸のような食品への規制は、自国の産業保護の側面があるのでなんとも。日本で大型魚の水銀が問題にされないみたいなもので。。。よけい心配になっちゃうかな。
Aisya
2011/10/13 22:41
今晩は!
私も、人間ドックの結果で、いつも同じ項目にチェックがつきます。Cもありますが、以前診てもらった先生に問題ありませんと言われてからは、あまり気にしないようにしています。
「E」とつくと、さすがにびっくりしますよね。再検査で問題がなくてよかったですね。
「心配スイッチ」、私も最近入るようになりました。
以前は産地を気にせず野菜を買っていたのですが、この頃はチェックするようになりました。
面倒でもほうれん草はレンジでチンせず、お湯でゆがくようになりました。
きっこ
2011/10/14 21:10
Aisyaさん、ウリ坊は健康オタクなのでは無く、もともと健康では無いので、必要に迫られて気を遣っています。
父も身体が弱く、入退院を繰り返していましたが、50歳くらいで仕事を辞めて、以来、健康に留意する生活を送っているため、現在、80歳ですが、なんとか元気です。
ウリ坊も仕事を辞めれば、健康になれそうです(苦笑)。
ウリ坊
2011/10/15 20:57
きっこさんは毎年、人間ドックを受診されているのですね。ウリ坊は、ちょっと人間ドックに懐疑的で、また、数年、受診を止めようかと思っています。
「E」とか言われる方が、精神衛生上、悪いですし・・・
ところで、「心配スイッチ」、野菜は産地(残留農薬と放射能)、お米は収穫年度、水(ミネラルウォーター)は硝酸塩、お魚は・・・・と、色々、スイッチ候補があり、あまり気にしていると食べるものが無くなりそうです。
ほうれん草はゆでこぼすと、少しは線量が低下するのですか・・・知りませんでした。
意外だったのは、洋服をドライクリーニングに出しても、ほとんど線量が下がらないということ。
放射能については、分からないことだらけです・・・・
ウリ坊
2011/10/15 21:04
食事しながら、放射能や添加物による汚染を気にしなくちゃならないなんて、この文明はどこかおかしい!!
今まではカルシウムを補充するため、イワシは骨ごと食べるのがよいと思っていたのに、骨にストロンチウムがあるかもしれない、などと心配すれば、食習慣も変わってきます。
悲観的にならざるを得ない状況ですが、あまり考え過ぎると、おっしゃるように精神衛生の方に悪そうです。

2011/10/16 11:38
空さん、そのとおりです!!食べ物を前にして、ありがたいとかうれしいとかいう気持ちを抱くのが本来のはずですが、今の日本では「放射能は大丈夫か」「トランス脂肪酸が含まれていないか」等々、雑念が先になっています。
それどころか、今までは森林浴が健康の源と思っていたのに、現在は、そう言う場所こそ、高線量が集中しているホットスポットかもしれないとヒヤヒヤ。
原発の事故で、もう、幸せな生活が終わってしまった感がありますね・・・・
ウリ坊
2011/10/22 20:12
通院とプペ ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる