ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS カモノハシの話

<<   作成日時 : 2012/03/10 23:08   >>

トラックバック 0 / コメント 9

画像先週、年一回の歯科検診に行ったところ、小さな虫歯が2カ所発見されました。
若い人なら、初期の虫歯は唾液により回復するので、あえて、治療の必要は無いそうです。
ウリ坊の場合、悪化する可能性があるので、今日、再度、診て頂いた結果、また、3ヶ月後に検診して頂くことになりました。

先生は有名な方なので、予約していても、結構、待ち時間があります。
待合室に置いてある書籍類を読んで、時間を潰しました。手に取った本は「猛毒動物 最恐50 」。子供向け(?)の新書版の本です。

ヘビや蜘蛛等、怖い動物が並んでいますが・・・なんと、毒を持つ仲間としてカモノハシが掲載されていました。
カモノハシと言えば、ICOCAのキャラクターにもなっている人気者です。そのカモノハシが毒を持っているとは・・・・

ちなみに、ウリ坊はオーストラリアで実際に2回、カモノハシを見ましたが、目が怖く、さほど愛くるしい動物とは思えませんでした。それでも、生きた化石としては興味が尽きません(画像は、お土産で買った、便せんの表紙です)。

カモノハシの毒はヘビ等の毒と異なり、人を殺す程のものでは無いそうです。ただ、相手に痛みを与える、ディフェンシンのようなタンパク質だそうです。
ディフェンシン・・・・と言えば、カブト虫

かわいい動物たちも、身を守る術を心得ているのですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
動物は可愛いだけではないのですよね。
人間も、好い人になるだけでが能じゃない、少しは毒を持て!ということなのかな?
それにしても、身体のメンテナンス、ウェルネスへのウリ坊さんの心がけに、見習わなければ、と思っているところです。自己責任ですからね。

2012/03/11 12:33
空さん、ありがとうございます。
もし、実物のカモノハシがさほど、可愛いものでも無いことを知らなければ、カモノハシが毒を持っていることに激しい違和感を感じたと思います(笑)
外見が優しそうな方が、激しい気性だったりすると、がっかりしますし・・・
ところで、食べ物にとても気を遣う人と、無頓着な人の追跡調査をしたところ、無頓着な人の方が長生きだったそうです。ウリ坊は多分、前者ですが・・・このように、気にする事が一番、いけないのでしょうね(苦笑)
ウリ坊
2012/03/11 14:44
【ご報告】
3/11の14:46〜
黙とうを行うよう、先週、職場から指示があったので、黙とうしました。
サイレン等が鳴るかと思ったのですが、特に、ウリ坊の市ではそういうことは行わなかったようです。
犠牲者の皆様のご冥福をお祈りします。
ウリ坊
2012/03/11 14:53
東北大震災から1年経ちましたね。
犠牲者の方のご冥福をお祈りするとともに、
被害に合われた方の復興を願います。
ウリ坊さんがカブト虫が好きだと知りうれしくなりました。僕も子供の頃よく飼っていましたし
数年前にもカブト虫やクワガタ虫の繁殖?をしていました^^
娘も生物が大好きで農学部に入りました。
縄文人
2012/03/11 22:11
カモノハシの便箋の絵、かわいいですね。
毒があるとは知りませんでした。
虫歯は、小さいものなら治ることもあるとは聞いてましたが、若い人なら〜なんですね。ちょっとがっかりです。
ミセス・家計
2012/03/13 22:21
知りませんでした。愛嬌のある姿だなと思っていたのですが、毒があるなんて、、。どこの部位で毒を出すのでしょうか?一見かよわそうな小さな生き物なのでせめてもの護身術なんですね。
いまどき
URL
2012/03/15 01:09
縄文人さん〜どんなにつらい天災に見舞われても、時間はどんどん過ぎていくのですね。もう1年経ったなんて、信じられないくらい、まだ、震災の恐怖(放射能汚染の恐怖)から逃れられていません。
お嬢様は生物がお好きで、農学部に入られたのですね!
実はウリ坊も理学部に行きたかったのですが、尊敬する方から、女性は理学部に行っても教員※くらいしか仕事が無いので、農学部に行った方が良い・・・という、親身なアドバイスを頂き、進路を変更した経緯があります。
その頃とは時代が違いますが、理学部より農学部の方が、幅広い研究ができるような状況は変わっていないと思います。※もちろん、教員も素晴らしいお仕事です。これは、その方の助言です。
本当に合格、おめでとうございました!
ウリ坊
2012/03/17 13:47
ミセス・家計さん、ありがとうございます。
カモノハシに毒があったとは、ちょっとびっくりでした。
ところで、小さな虫歯が治るのは年代を問わないのですが、年を取ると若い頃のようには唾液が出なくなるそうなのです。
ウリ坊の通う歯科は、継続してその人の口の中を見ていると、だいたい、どの程度まで治るか分かるようです。
ウリ坊の場合、この1年で急に状態が悪くなったそうです。磨き方には全く問題が無いのに・・・と、先生が首をかしげておられました。
先生には言っていないのですが、放射能対策で一昨年までとは食べるものが180度、変わってしまったのが一因だと思っています。
ウリ坊
2012/03/17 13:52
いまどきさん、意外な生き物が毒を持つのは驚きです。
カモノハシは、後足のかかとにけづめがあり、そこから毒が出るそうです。不思議なことに雄だけが毒を持ち、雌は持たないそうなので、弱い者が身を守るということだけでは無く、何かと闘うための武器なのかも知れませんね。
ウリ坊も我慢してばかりの人生(?)なので、何か武器が欲しいです(苦笑)
ウリ坊
2012/03/17 13:57
カモノハシの話 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる