ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 水の道〜The way of water

<<   作成日時 : 2012/03/20 12:40   >>

トラックバック 1 / コメント 8

画像先日、歯科からの帰途、O市の図書館を横切って帰宅していると、不思議なオブジェを発見しました。

なんでも、姉妹都市のスウェーデン「ウッデバラ市」から贈呈された、御影石でできた「The way of water」という作品だそうです。1つの御影石を半分に割り、残りの半分はウッデバラ市にあるそうです。

ウリ坊は、この作品を見て、奈良で見た酒船石を連想しました。
全く、関係無いでしょうが、また、奈良に行ってみたい気持ちになりました。

           

ところで、ウリ坊は現在住んでいるO市がとても気に入っています。

それは、O市の立地条件、人情、気候、実質公債費比率が全国的にも特筆して低い、健全な市であること等もさることならが、歴史があり、古い物が大切に残されているためでもあります。画像

いつか、ご紹介したビスタラインも他の都市に誇れる取り組みだと思います。
先日も、今まで歩き慣れている道から一本、細い路地に入ったところに、ひっそりとした「聖徳太子堂」を見つけました(画像)。
多分、一日に数人くらいの人しか通らない場所でしょうが、きれいに保たれていて、感動しました。

こういう、古くて非生産的な施設は、新しく整備された○○ヶ丘・・・というような住宅地では、決して見かけられないものでしょう。
サステナブル都市の上位にランク付けされているのは、こうした層の厚み(?)の裏付けがあるのだと思います。

O市にはこれからも、今のように暮らしやすい都市として発展していって欲しいです。
ただし、できればゴミの分別をもう少し緩和して頂きたいです(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ステーショナリー
先週、amazonで買ったDVDや書籍が届いたので、週末は読書かDVD鑑賞を・・・と思っていたのですが、土曜日は所用で豊橋に行かなければならず、また、今日は職場に行かなければならず・・・で、残念ながら優雅な週末を過ごすことはできませんでした。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2012/03/25 20:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ウリ坊さんがお住まいのO市は、きっと地方交付金など必要としない豊かな自治体なのですね。
うらやましいです。
確かに酒船石です。
「水の道」という作品名も素敵です。
路地の奥に祠を据えると、皆が路地の清掃に熱心にならざるを得ない、という説を聞いたことがあります。

2012/03/21 19:39
なるほど〜!O市は魅力的な街ですね。
ウリ坊さんの街を愛する気持ちが伝わってきました。
そういう気持ちになれるところに、私も住みたいです。
聖徳太子堂は雰囲気ある建物ですね。
石のオブジェ、確かに酒船石を思い出します。
懐かしい〜!奈良にいた時、見に行きました。
半分は姉妹都市にあるなんてステキですね。
中学生の頃、女の子の友人とハートのペンダントを半分ずつ持っていたのを思い出しました。(笑)
きっこ
2012/03/22 16:23
空さん、ありがとうございます。
O市は、2年前までは地方交付金をもらっていなかったようです。豊かというより、堅実な自治体だと思います。地方交付金をもらうと同時に、厳しい節約も始めたようで、それが本来の姿だと思います。
「水の道」は酒船石みたいですよね〜。スウェーデンの方が、酒船石の存在を知っていたとは思えませんが・・・。
「路地の奥に祠を据えると、皆が路地の清掃に熱心にならざるを得ない」って、初めて聞きました。そうかもしれませんね。いずれにせよ、歴史がある街は素敵だと思います。
ウリ坊
2012/03/24 21:24
きっこさん、ありがとうございます。
O市に住むのは2度目なのですが、1度目に転勤でO市から転出するとき、転出届を入れた袋に「今までO市のために色々ありがとうございました。」という趣旨の、感謝の言葉が書いてあり、本当はO市から引っ越したくなかったので、泣きそうな気持ちになりました。
縁あって大好きなO市に、また、戻ってくることができましたが、ウリ坊の場合は、実家が京都で、自宅が東京。いつかはO市を離れる日がくるのは確実です。
それを考えると、泣きたい気分になります。
きっこさんは、中学生の頃、女の子の友人とハートのペンダントを半分ずつお持ちだったんですね!ウリ坊も、友人がお揃いでブローチを買おうと言ったので、ずっと大切に持っていました。ところが、何年か後に、その友人にブローチの話をしたら「とっくに失した」とケロっと言われてちょっとがっかりしたのを思い出しました(笑)
ウリ坊
2012/03/24 21:32
O市へ行ったことがないのですが、イメージからすると温暖でのどかな雰囲気のある歴史のある街という感じがします。行ったことがないので、交通のアクセスもわかりませんが、東海道線の他にも名鉄あたりも並行して名古屋とつながっているのですか?あと全然関係ないのですが、昔のアイドルでO崎友紀さんという方がいましたが、こちらの街とのご縁があるのでしょうか?それとも京都市内にも同じ地名があったような、、、?
いまどき
URL
2012/03/24 21:35
いまどきさん、ありがとうございます。
O市は新幹線で言うと豊橋と名古屋の間くらいです。
どちらの駅からもJRと名鉄でつながっています。
堅実で歴史のある街です。税収の範囲で施策をしているところも気に入っています。
O崎友紀さんとの関係は分かりませんが、確かに京都市内にも同じ地名があり、最初、O市に転勤すると両親に言ったとき、京都市内と勘違いして喜ばれてしまった記憶があります(笑)
ウリ坊
2012/03/24 22:46
住みよい魅力的な街・・・
よいことですねえ。
ゴミの分別が繁雑なのはそれだけエコに対して
熱心だからでしょうね。
ビスタラインという取り組みも
景観的にすばらしいですねえ。
縄文人
2012/03/25 12:18
縄文人さん、ありがとうございます。
O市は、トヨタの城下町の一つだと思いますが、そういう裕福さと、適当な田舎さ(?)が住み良さの秘訣かと思います。
ビスタラインも都会では維持するのは無理でしょうし。ただ、ゴミの分別は厳しいです。
毎週、町内会の方がゴミ収集場所に立ち番されるので、分別に神経を使います。
ウリ坊
2012/03/25 20:43
水の道〜The way of water ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる