ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS いちえ庵(2)

<<   作成日時 : 2012/09/29 23:14   >>

トラックバック 0 / コメント 10

画像ウリ坊の同僚が10月に東北地方に転勤されることになりました。

送別会の幹事になったウリ坊は、どのお店が良いか色々迷った挙げ句、昨年、女性社員だけでランチタイムに利用したいちえ庵を選びました。

送別会は夜でしたので、料金は少し高め。こういう機会でもなければ利用することはないと思います。
お料理はとても上品で、ちょっと男性には物足りなかったかも知れませんが、静かでサービスも過不足無く、ウリ坊は大満足でした。

今回はお料理の画像だけをアップしてみました。
店構えをご覧になりたい方は、左上の画像をクリックしてみて下さい。

画像ところで、前回、いちえ庵を利用した時の記事を見てみると、大震災直後の混乱の中、ウリ坊が手術をした家族の付き添いで、何回も上京していたことが記載してあり、あのときの大変さを昨日のことのように思い出しました。

残念ながら、手術は(結果として)失敗で、家族の状態はますます悪くなってしまいました。
今となっては、あの時、もっと強硬に手術を断れば良かったのでは・・・・と悔やまれます。

(高齢の家族に手術は苛酷では・・・と渋った私たちに、「全快を望めるからこそ、手術するのです」と自信満々で断言した主治医が、先日、顔色一つ変えず私たちに余命宣告(2〜3ヶ月)をしました。)
そもそも、病院選びが失敗であったとしか思えず、それも、家族の運命だったとあきらめるしかありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
すばらしいお料理ですねえ。
よい送別会になったことでしょう。
御医者さんの見立ては信じるしかないですが
家族の気持ちや直感も大事だと思います。
縄文人
2012/09/30 23:12
年寄だから…、と消極的になって、手術を諦めるケースが多い中で、ウリ坊さんの選択は家族思いゆえの前向きの決断だったと思います。
あとは、運ですね…残念ながら。

2012/10/01 18:41
おいしそうなお食事ですねぇ。
しっとりとした送別会になったのではないでしょうか。

ご病気は、お父様ですか?どうぞ大切になさってください。
ミセス・家計
2012/10/02 21:49
瀧谷寺と〜からのコメントする欄がありません。
で、やっとコメントさせて頂いています。
本当に素敵なお店ですね。
またお料理が四季の物をお上品に食べる人を
喜ばせてくれていますね。
一期一会の世界ですね。
同僚の方もきっとお喜びになられたことでしょう。
ご家族の事は本当に残念です。
高齢の場合手術はリスクが高いために
諦めるケースが多いですが・・・
これからの時間を大切になされてください。
ミルキー
2012/10/03 13:06
すてきなお料理ですね。季節感が味わえます。
ご家族のことは残念です。
ウリ坊さんのお気持ち、よくわかります。
私の少しの経験からも、お医者さん選びは難しいと思いました。
父の場合は、余命宣告より少し長く人生を楽しみました。人の体のことはわかりません。
これからの時間、みなさんで楽しく過ごされますように。
きっこ
2012/10/05 10:37
縄文人さん、ありがとうございます。
すばらしいお料理でした。ちょっと、難しいメンバーだったのですが、お店のお陰で、なかなかよい送別会になりました(笑)
病気になったら、医者のいうとおりにするしか仕方ないのが現状ですね。
ウリ坊
2012/10/06 18:35
空さん、ありがとうございます。
家族は、少し(かなり?)偏屈な性格で、本音を言ってくれないので、とてもつきあい難いです。
どうするのが一番、患者(家族)のためになるのか、考えるだけでも疲れてしまいます。
結局は、空さんの仰るとおり、本人の持っている運ですね。
ウリ坊
2012/10/06 18:38
ミセス・家計さん、ありがとうございます。
あまりお料理を楽しむ・・・というメンバーでも無かったのですが、とにかく、お店やお料理のお陰でなんとか、よい送別会になりました。
家族が病気になると、仕事以外は、全てその対応になってしまいます自分の親なら、こういう醒めた言い方はできないかも知れませんが。
ウリ坊
2012/10/06 18:42
ミルキーさん、ありがとうございます。
少し前の記事にコメントを頂いていたのに気付かず、レスをしなかったら、「無視されて傷ついた」・・・というメールを頂いたことがあり、以来、直近の記事以外のコメント欄は閉じることにしています。
量より質の年代(シニア)のメンバーだったので、今回のお店を選びましたが、若い人だったらちょっと物足りなかったかと思います。
ところで、一連の大学病院の態度を見て、両親やウリ坊が病気になった際は、今回のようにならないように気をつけようと思いました。
ウリ坊
2012/10/06 18:47
きっこさん、ありがとうございます。
確かに、お料理に季節感(ちょっぴり先の)が溢れていました。まだ、真夏のような気候だったのですが(笑)
きっこさんのお父様が、余命宣告より少し長く生きられた話を伺い、とても心強くうれしく感じました。本当にありがとうございます。
家族は、痛みを抑えると薬の副作用で正常な精神状態を保てず、薬を止めると正常に戻りますが、痛みがつらいという、見ていられないような状態になっています。
安らかな最期を迎えるというのは、難しいですね。
ウリ坊
2012/10/06 18:52
いちえ庵(2) ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる