ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「珈琲店タレーランの事件簿」岡崎琢磨 (宝島社文庫)

<<   作成日時 : 2012/10/26 23:47   >>

トラックバック 1 / コメント 6

画像ばたばたしているうちに、千代田ミステリーサークル10月の例会にも参加できないまま、10月も終わりに近づいてきました。
公私ともに忙しくて、いつ、例会に参加できるか・・・・しかし、課題本は読んでおきましょう。

ということで、来月の課題本「珈琲店タレーランの事件簿  また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」を読みました。

他の方々の感想を見てみると、結構、辛口のものが多いですが、ウリ坊としては、まずまず気に入りました。

あまりミステリー(謎解き)に期待せず、ちょっとドタバタのあるライトノベルと思えば微笑ましいです。
しかし、例会の課題本としては少し物足りないかも知れません。

さらに、ライトノベルとしても、ちょっと後味が悪いかも・・・・
(内容に触れることができないのが残念です)。

京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。
恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たす。

長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星だ。
美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。

だが美星には、秘められた過去があり−−−。
軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈なデビュー作。

主人公に魅力が感じられないのと、後半の盛り上がりに欠けるところが物足りなさの原因かも知れません。

なお、この作品を読むと、おいしい珈琲を飲みたくなることは,間違いありません。
ウリ坊は珈琲の香りが好きなのですが、カフェインをあまり摂取することが許されていないので、たくさん飲むことができないのは残念です。

しかし・・・この作品、京都を舞台にする必然性は無いような気がしました。

ウリ坊のお勧めはイノダコーヒーです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
京都が舞台のご当地ミステリー「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」岡崎琢...
「たいへんよく挽けました」最近コーヒーミステリーの本を読みました岡崎琢磨さんの『 ...続きを見る
小説レビュー主体の嶋津球太のブログ
2013/12/23 13:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
京都の街と珈琲屋さん。ウリ坊さまにとって京都の街は実際地元ですから、普段着で歩く感覚とか、どこの角を曲がればあそこに何屋さんがあるとか、ごく普通の空気なんだろうなと想像したりします。私にはやっぱりものすごい遠くの古都という感じで「おいでやす」「生八橋」「五色豆」「舞妓さん」「顔見世」「拝観料」といった出かけるにも軍資金たんまりないと出かけられないところ、という印象がありますが、ドラマなんか観ているとあこがれますね。付け焼刃ではなくて本当に昔からあって観光客向けでもなくて渋い珈琲屋さんとかたくさんあるんでしょうね。前回数年前の上洛では三条大橋脇にスターバックスがあったのでそこで休憩したのですが、ものすごく蒸し暑い日だったのにまだタバコをやっていた当時だったので外の席に座って汗を吹いていた憶えがあります。地元で生活する人々がサンダル履きで利用する渋い店とか一度入ってみたいです。
いまどき
URL
2012/10/27 21:54
ワイフがすごいコヒー好きで
僕もコヒーが大好きになっていました。
おいしいコーヒーを入れられる人、
すごいと思います。
香を1杯にこめるのがむずかしみたいです。
縄文人
2012/10/27 22:22
今までとは少し違う作品みたいですが
店に持ち込まれる日常の謎・・・
切間美星の秘められた過去・・・
何なんなの知りた〜い
ウリ坊さん教えて教えて・・・・
題名もお洒落ですね。
でも、主人公に魅力を感じられないことと
後半に盛り上がりが・・・
ではこの本は・・・・分からないでも読んでみたいです。
PS=コーヒーはミルキーも大好きです。
ミルキー
2012/10/27 23:18
いまどきさん、ありがとうございます。
大学から京都を離れたので、子供が行く場所、親に連れて行ってもらう場所等はある程度分かりますが、若い人が行くような場所は良く分かりません(笑)
カフェも、相当数あるのでしょうが、まぁ、定年後の楽しみにしています。
京都はさまざまな情報誌で取り上げられているため、ウリ坊が子供の頃は、絶対に、地元の人しか来なかったような場所に、観光客が押し寄せるという状況で、知る人ぞ知る・・・という場所は少なくなっていると思います。
ウリ坊
2012/10/28 18:44
縄文人さん、奥様の好みがご家族の好みになってしまうと言うことは結構、多いようですね。
ウリ坊は、コクや甘さがあるコーヒーが好きで、苦みはちょっと苦手です。
今は、愛知県内にたくさんある「コメダ」のコーヒーが一番気に入っています。
ウリ坊
2012/10/28 18:47
ミルキーさん、ありがとうございます。
表紙からして、ライトノベルっぽい感じですが、確かに、冷酷な犯罪や血なまぐさい事件は起こりません。
ところで、ミルキーさんもコーヒーがお好きなんですね。
ウリ坊は、一時期、どうしたらコメダ(チェーン店)の味を自宅で出せるのだろうか・・・と試してみたこともあるのですが、再現できませんでした(笑)
ウリ坊
2012/10/28 18:52
「珈琲店タレーランの事件簿」岡崎琢磨 (宝島社文庫) ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる