ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 節分

<<   作成日時 : 2013/02/03 16:24   >>

トラックバック 1 / コメント 14

画像今日、2月3日は立春の前日にあたるそうで、ウリ坊の鎮守神社(伊賀八幡宮)では、節分厄除祭が行われました。

日曜(休日)だったので、初めて、この行事に参加してみました。

最初に、いつもどおり参拝した後、神社横の会館に移動し、受付をします(当日参加OK)。
受け付け用紙には、住所氏名と所属組(町内会の組)を書かなければならないのですが、ウリ坊は余所者(?)なので、自分の所属の組が何組なのか分かりません。躊躇していたら、受付の方が「町名だけでも結構です」と言ってくださいました。

会場には多くの善男善女が居て、数十人ごとにお祓いを受け、一人一人、神官の方が名前を読み上げてくださった後、「鬼は外」を3回、「福は内」を3回、それぞれ豆をまきながら唱和します。

画像神前で名前が呼ばれるのは、なんだかとてもありがたく、もったいないような気持ちです。
こういう厳かな行事であるなら、今までも有給休暇を使ってでも参加すれば良かったと後悔しました。

豆まきが終わった後は、立春大吉のお札と福豆を頂いて帰宅します。
ウリ坊達が退出した後、氏子の方々が会場を掃除し、次の順番の方々に、豆の入った枡を配っておられました。
氏子の方々も、今日一日、大変なご苦労だと思います。

こういう場合、帰途に寄り道は禁物です。福を(立ち寄った先に)置いてくることになるそうです。

帰宅したら、すぐにお札を玄関に貼ります。貼る場所は、玄関口の扉の開く側です。
そこに「立春大吉」のお札を貼ることで、邪気の侵入が防げるそうです。

ウリ坊は今まで、節分に参拝したことが無く、「立春大吉」のお札を頂いたのも初めてです。
ですから、今まで邪気が入り放題だったのでは・・・・と恐ろしくなりました。

きっと、明日からは運が開けるのでは・・・・と期待しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
立春大吉
昨年の節分は、たまたま、日曜日だったため、伊賀八幡宮の豆まきに参加できたウリ坊ですが、今年は月曜日。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2014/02/09 15:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ウリ坊さんも節分の
行事を無事行われましたか。
うちもお参りと
家での豆まき等を行いました。
行事が無事終わると安心ですね。
縄文人
2013/02/03 20:47
節分厄除け祭というものがあるのも知りませんでした。
ウリ坊さんの運が開いて、お仕事が今より楽になるといいですね。
もっちー母
2013/02/04 18:51
一概に迷信とは言えず、昔の人はこのような行事によって守られていたのだなあ、とつくづく思います。
ウリ坊さんにならって、空も積極的に地域の古い習俗を探訪してみたくなりました。

2013/02/06 18:18
お忙しい中、古くからのお祭りに
参加できたことは、本当に良かったです。
きっと開運ですよ。
*休みの時間だけでも確保したいですね。
ミルキー
2013/02/09 00:34
ご無沙汰しておりました。
節分のビラは手書きなのでしょうか?最近うちの辺りの神社のものはパソコン印刷みたいなのが多くなってしまったので、こういう昔ながら風のびらは素敵だと思います。節分は赤羽の岩渕の熊野神社に「白酒祭」というちょっと変わったお祭りがありますが、今年は初午までに狐をお納めするので頭がいっぱいだったのでどこにもお参りしていませんでした。昨日狐の納めが済んで、やれやれほーっとしているところです。お仕事大変そうなご様子。年度替りにすこしでも楽な方向に向かうといいですね。
いまどき
URL
2013/02/09 23:45
初詣のことばかり頭にあったのですが、ウリ坊さんの記事を読んで、節分祭のお参りも必要なのだということに気がつきました。
それから、神社に参拝した後は、自宅に直帰する意味がやっとわかりました。立ち寄り先に福を置いてくることになるんですね。知らなかったです。
厳かな節分行事だったようですが、温かい雰囲気も伝わってきました。お札を貼ると、引き続き継続して、大きなものに包まれている安心感が得られるような気がします。
きっこ
2013/02/11 11:00
私が、今住んでいる地方では、通称「椿神社」(伊豫豆比古命神社)の「椿まつり」が昨日から始まりました。
旧暦の1月7〜9の三日間行われるとかで、先週の木曜日くらいから、地元報道では「いよいよ椿まつり」とかやってました。当地方の方々は、この祭りで春が近づいたことを実感するようです。特に神輿が出るとかそういう祭ではなく、粛々とお参り・祈願する行事のようです。参道に屋台が並び、報道によれば45万人の人出が見込まれるということですから、当地の9割の住人が参拝する勘定になります。
昨日は、道路に自動車が多くて、あちことで渋滞が発生してました。いつも駐車場が満杯で道路に駐車待ちの自動車が並んでいるユニクロが閑散としているのには驚きました。
lennie
2013/02/17 08:11
縄文人さん、ありがとうございます。
縄文人さんのお宅も、しっかりと行事をこなしておられますね。お参りと豆まき・・・で、今年も平穏です!
ウリ坊は、先日、やっと産土神社への初詣ができました
ウリ坊
2013/02/23 22:55
もっちー母さん、ありがとうございます。
節分厄除け祭・・・今まで、行ったことが無かったのですが、あんなにありがたいものなら、これから有給休暇を使ってでも、行きたいと思いました。
これで、4月から開運、間違いなし・・・だと良いのですが。
ウリ坊
2013/02/23 22:57
空さん、ありがとうございます。
空さんは、都会にお住まいなので、その中で伝統行事に親しむというのはなかなか難しいと思います(ウリ坊も東京で生活していた時期がありますので・・・都会は、忙しすぎますよね)。
愛知に来て、古いしきたりを大切にするのも良いことだなぁと分かるようになってきました。
ウリ坊
2013/02/23 22:59
ミルキーさん、ありがとうございます。
神社で豆まきできたのは、とてもうれしかったです。これで、4月から少しは人間的な生活ができるだろうと、心待ちにしています。
ウリ坊
2013/02/23 23:02
いまどきさん、こちらこそご無沙汰しておりました。
節分のビラに着目されるのはさすがですね!
多分、手書きだと思います。パソコン印刷は便利ですが、ちょっと味気ないですね。
伊賀八幡宮は境内にも、手書きと思える書き物が満載です(笑)
いまどきさんのお仕事も、変わってもらえる人が無いので、たいへんだと思います。ウリ坊の仕事も、専門的なので他の人に手伝ってもらうことも難しく、一方、周りの人からは、色々雑用を頼まれて、納得がいかない毎日を過ごしています。
ウリ坊
2013/02/23 23:05
きっこさん、ありがとうございます。
多分、日本人の多くの人は、初詣の時くらいにしか神社に行かないのでしょうね。ウリ坊は、子供の頃から、祖母とお寺や神社に行っていたので、観光地等に行っても、つい、有名な神社に立ち寄ってしまいます。
ところで「お札を貼ると、引き続き継続して、大きなものに包まれている安心感が得られるような気がします」というご意見、とても適切で、感心してしまいました。
節分のお札は、玄関に貼るのですが、なんだか勿体なくて、ウリ坊はサランラップで包んで貼りました。すると、ご近所にもどうようにサランラップで包んで貼っているお宅があり、そこの家の方に一気に親近感が湧きました。
ウリ坊
2013/02/23 23:10
lennieさん、ありがとうございます。
「椿神社」が通称で、伊豫豆比古命神社が本当だと、全く知りませんでした。言われてみれば、通称ですよね(笑)
椿まつりというのも、興味があります。
職場に、宇和島出身の方がいて、度々、名物を持って来てくださいます。みかん、ポンジュース、とうまん、坊ちゃん団子・・・・
気候も良い場所ですし、色々と楽しめそうですね!
また、そちらのご様子もお教え下さい。
ウリ坊
2013/02/23 23:16
節分 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる