ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 横溝正史 全小説案内

<<   作成日時 : 2013/02/23 23:17   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像何気なく立ち寄った書店で、「横溝正史 全小説案内」を見かけました。

類似の本を持っているので、購入しようか、一瞬、躊躇しましたが、巻末を見ると、著者の中にサークルの廣澤さんもおられ、また、黒田さんや浜田さんというそうそうたるメンバーが協力者ということが分かったので、購入しました。

スマホはもちろん、携帯電話も無い時代の、おどろおどろしいお話しですが、ウリ坊は今でも横溝正史の作品が大好きです。テレビで上映されたら、必ず見るようにしています。

先月、大学の先生達との懇親会に出る機会があり、先生のお知り合いに大富豪の方がおられ、その遺産相続の話になったので、ウリ坊が「まるで、犬神家の一族のようですね」と言いました。

すると、その場に居た人から「古いですねぇ」と、冷やかされました。

先月から今月にかけて、こちら(愛知県)では犬神家の一族がテレビで放送されていたのですが(先週で放送が終了し、次回から八つ墓村が始まります)、先生方はご存じ無かったのだと思います。

以下は、ウリ坊の記事の中で、横溝正史が関連するものです。
これだけ見ても、どんなにウリ坊が横溝フリークか・・・がご理解頂けると思います。

○ 犬神家の一族が再び映画化
○ 火曜日の女シリーズ(1)〜いとこ同志
○ 狭山市立博物館の挑戦
○ 呪いの塔〜横溝正史
○ 迷路荘の惨劇〜上川隆也
○ 僕たちの好きな金田一耕助
○ 獄門島〜上川隆也
○ 八つ墓村のDVD〜渥美清
○ 笑う耕助、ほほえむ小五郎〜橘マリノ
○ 犬神家の一族 2006 & 1976 完全版 <3枚組初回限定生産>
○ 仮面の怪賊〜横溝正史
○ 舌〜阿部鞠哉(横溝正史)
○ 横溝正史 生誕の地碑
○ 横溝正史探偵小説選T〜創作・翻案篇 
○ 横溝正史探偵小説選T〜評論・随筆・読物篇
○ 横溝正史読本
○ 横溝正史研究 創刊号と古炉奈
○ 「横溝正史研究2」と「トランス脂肪酸」
○ 「横溝正史研究3」と海の女王
○ 千代田ミステリーサークル7〜9月のお知らせ
横溝正史 全小説案内
洋泉社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 横溝正史 全小説案内 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私も横溝正史は好きです。
中学生のころから大学生まで、夢中になって何度も読みました。
映画もよく観にいきました、テレビシリーズもワクワクしながら見ました。
ついでに、古谷一行さんのことも好きになりました。
失楽園出演で嫌いになりましたが…
独特の暗くて古めかしいお話が、別の世界に連れて行ってくれるのが良かったですね。
もっちー母
2013/02/24 22:06
ウリ坊さんほどではないと思いますが、空も都会派の江戸川乱歩同様、カントリー派?の横溝正史も大好きです。
「横溝正史 全小説案内」早速チェックしてみます。
ミステリー・サークル是非、再開してください。

2013/02/26 20:31
うちの母はサスペンスとか大好きで、その手のテレビ番組はよく観ています。犬神家が石坂浩二さんや高峰三枝子さん、市川崑監督で映画化されたのはいつでしたっけ。小遣いで母に角川文庫本を買ってプレゼントした憶えがありますが、おの文庫シリーズの表紙のイラストはどれもおどろおどろしかったですね。
いまどき
URL
2013/02/28 00:23
もっちー母さん、ありがとうございます。
母さんも横溝正史をお好きですか?!
ウリ坊もちょうど同じ頃(中学生の頃から)、夢中になって本を読んだりテレビや映画を観ました。
ウリ坊は古谷金田一より、石坂金田一派(?)でした。
ウリ坊はその当時から、あまり精神的に成長していないので、いつまでも横溝正史が好きなのかも知れません。
ウリ坊
2013/03/03 12:59
空さん、ありがとうございます。
「江戸川乱歩」と「横溝正史」が並べられたり、一方では、「横溝正史」と「松本清張」が比較されたりしますが、ウリ坊はダントツに「横溝正史」が好きです。
「横溝正史 全小説案内」には、3編の作品が掲載されているのですが、全て、導入部分(未完?)なのです。
いかにも、横溝作品なので、続きが読みたくてたまらなくなるので、要注意です(苦笑)
ウリ坊
2013/03/03 13:05
いまどきさん、ありがとうございます。
お母様がミステリーやサスペンスがお好きだったのですね。それで、文庫本をプレゼントされたのですか。
子供の頃から、ずっと、いまどきさんはお優しい、親孝行な方ですね。
以前、狭山市立博物館(埼玉)でこの表紙を書かれた杉本一文氏のサイン会が開かれたので、参加したことがあります。本当に、独特の特徴あるイラストですね!
ウリ坊
URL
2013/03/03 13:10
横溝正史 全小説案内 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる