ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS お見舞い

<<   作成日時 : 2013/12/21 22:20   >>

トラックバック 0 / コメント 6

先週の金曜日、ウリ坊の職場で事件が起こりました。
工事業者の方が、仕事中に怪我をされ、救急車で病院に運ばれるという事故があったのです。

怪我をされた・・・と聞いたウリ坊は(職場の衛生管理者を兼任していることもあり)、現場に急行しました。

業者の方は利き手を酷く痛めて、痛々しく横たわっておられ、ほどなく駆けつけた救急隊員の方の応急措置の後、病院に搬送されました。

ウリ坊としては、全く存じ上げない方ですが、袖すり合うも多生の縁・・・・救急車を見送った後から、大丈夫だろうかととても心配になりました。

しかし、他の会社の方なので、詳細な情報は入ってきません。
その日は、手術・・・とのことだったので、翌日の土曜日に搬送先の病院にお見舞いに行くことにしました。

画像病院は、以前、ウリ坊が悲しい思いをした、「恐ろしい(看護師さんがいる)大病院」です。

お見舞いに行くのに、手ぶらというのも気が引けますし、そうかと言って、お金を持参すると、相手がお返しを考えなければならず、負担をかけてしまいます。
それで、利き手を痛められている・・・ということで、自分が右手をしばらく使えない場合、何が欲しいかを考えてみました。

 ・電動歯ブラシ
 ・前あきの衣類
 ・ネックストラップ(首から財布、スマホ等を提げることで、両手を空ける)
 ・伸縮性のあるキーフォルダー
 ・片手でペットボトルを開ける便利グッヅ

以上の品の内、見つけることができなかった「ペットボトルを開けるグッヅ」以外の4品を持って、お見舞いに行きました。前あきの衣類は、フリースを選びました。

もちろん「初めまして」状態でしたが、業者の方(患者さん)が気さくな方だったので、かなり話し込んでしまいました。
手術の翌日なのに、案外、お元気で、明るく対応して頂けてびっくりしました(もちろん、うれしい驚きです)。

お見舞いの品をお渡ししたとき、うれしくも無いし、迷惑でも無い・・・という感じでしたが、数日後、お見舞いに行った職場の方(この方はウリ坊とは異なり、工事を発注した部署ですので、患者さんとは面識があります)から、電動歯ブラシが重宝されていること、また、フリースも活用されていることを聞きました。

業者の方は年内には退院できるそうですが、しばらく自宅療養が必要となるそうです。
一日も早く、全快されることをお祈りするのみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ウリ坊さんは衛生管理者という責任のある役割を担っておられるんですね。怪我をされた方に心のこもった配慮をされてすばらしいと思います。
縄文人
2013/12/21 23:40
縄文人さん、ありがとうございます。
ここ2〜3年でしょうか、コンプライアンスやリスク管理がとても厳しくなり、職場に提出しなければならない書類が増えました。
今回は、他の会社の方だったので、ウリ坊に実害(?)はありませんでしたが、ウリ坊の会社の社員だったら、本当に大変だったと思います。
とにかく、怪我をされたかたが心身タフな方で、回復も速くて、良かったです!
ウリ坊
2013/12/22 00:12
=ウリ坊さん素敵です=
お見舞いにこのような心のこもった物を
毎日、必要な物だけに有難かったと思いますよ。
また、管理者として全ての目配りに頭が下がりますね。
ミルキー
2013/12/22 13:43
お見舞いに持参された品々の選択がとても心のこもった労わりがあるなあ、と拝読していて感心してしまいました。使う立場の方のことをこんなに考えてくださって、最初気がつかなかったことも使いながらウリ坊さまのおいたわりに気がついたことでしょう。お見舞いも、ウリ坊さまくらい考えて物を選べるといいんですが、自分など安易に食べ物とか持って行ってしまいがちです。
いまどき
URL
2013/12/22 22:38
ミルキーさん、ありがとうございます。
まったくの他人・・・と言ってよいほどの間柄だったので、お見舞いに行くこと自体、気が引けました。
ただ、自分も入院経験があり、身体が自由にならない時、どんなにつらいかが分かるので・・・・

職場では労働災害が起こらないように、前例等を勉強して備えていますが、事故というのは、思いもかけない、(狐につままれたような?)状況で発生することもあり、際限がありません
ウリ坊
2013/12/23 09:42
いまどきさん、ありがとうございます。
ウリ坊の経験では、少し元気になった頃に「手ぶら」でお見舞いに来て頂くのが、一番うれしかったです。
お金等を頂くと、お返しを考えなければならず、退院後、まだ、体調が不十分で、かつ、仕事の遅れを取り戻さなければならない時期に、負担が生じます。
ただ、今回は、経緯から「手ぶら」・・・という訳にもいかず、こういう品々を選びました。既に、ご家族等が買って来られていたら、持ち帰ろうと思い、何種類か持参しましたが、どれも、重ならなかったので、全て、差し上げました。
どうしても食べ物を持参する場合、賞味期限が長い(最低でも2ヶ月以上)ものならOKだと思いますよ!
ウリ坊
2013/12/23 09:50
お見舞い ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる