ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧本多忠次邸

<<   作成日時 : 2014/02/02 17:13   >>

トラックバック 2 / コメント 8

画像岡崎市の東公園の一角に、旧本多忠次邸があるということは以前から知っていました。

しかし、東公園と言えば動物園
その横で無料公開されている旧本多忠次邸ですから、夏は避暑のため、冬は暖をとるため、きっと親子連れ等で混雑しているだろうと思うと、なかなか足が向きませんでした。

ところが、新聞で「マイセン展」が2月9日まで旧本多忠次邸で開催されており、期間中、入場料が必要となることを知りました。

それで、動物園が閑散としているであろう、雨天の週末に、東公園を訪れてみました。

予想通り冬で雨天のため、動物園はほとんど入場者はおらず、また、旧本多忠次邸も企画展中にも関わらず、案外、空いていました。

いつもは、邸内の写真撮影が自由だそうですが、企画展中は一切NG。
残念です・・・・

ちなみに本多家は、代々、岡崎藩主を務めた家系です。
その本多忠次氏が、昭和7年に世田谷に建てた住宅を、何年か前に、岡崎に移築復原したそうです。

以前、ナカさんに「アサヒビール大山崎山荘美術館」に連れて行って頂いた時にも感じましたが、昭和初期の洋館って、どうしてこんなに素敵なのでしょう!!

旧本多忠次邸も、夫人のためのサンルームがあったり、ステンドグラスがあったり・・・一度で良いので、こういうお家に住んでみたいと思いました。

画像こういうお屋敷に比べたら(別に、比べなくてもですが)ウリ坊のアパートや都内の自宅は、家畜小屋のように感じます。

旧本多忠次邸からは、主がいなくなった今でも、生活感(生活を愉しむ心)が伝わってきます。比べても惨めなだけですが、ウリ坊のアパートは、寝て起きて仕事に出かける・・・・最低限度の機能しかありません(無駄な荷物は多いですが・・・)。

数年後、定年退職したらどういうところに住むか、まだ、決めていませんが、旧本多忠次邸には遠く及ばないにしても、自宅にいることを楽しめるような住まいだと良いなぁと思いました。

前述のように、今回は邸内の写真が撮影できませんでしたので、また、機会があれば、企画展以外の時に訪問して、撮影してきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
旧伊庭家住宅〜ウィリアム.M.ヴォーリズ
安土城や関連施設を見た後、どうせ、滋賀まで来たので、一足伸ばして、実家に立ち寄ろうと思ったのですが、その前に、駅前で看板を見つけた「旧伊庭家住宅」に行ってみました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2014/05/11 18:48
お雛様
1月下旬から現在まで、例年以上に忙しい年度末を過ごしているうり坊ですが、その間も、なんとか季節感がある生活がしたいと思い、近くの施設に飾られているお雛様を見物に行っています。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2016/03/21 15:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんんちは、お久しぶりですがお元気でしたでしょうか。
当方のことで恐縮ですが、今私のブログの方で「テレビ放映の記録」を順次アップしていまして、お気が向かれましたら見て下さい。
今日はアジアン羽島の旅をアップしまして、以前に「アジアンの入胎が印象的」とコメント頂き、それでうり坊さんのことを思い出しまして、ご連絡した次第です。
ヒラメ
URL
2014/02/03 13:51
素敵な洋館ですね。
次の機会には是非、室内も撮影してブログにアップしてください。
古色を帯び、時間の経過をまざまざと感じさせるようなレトロな建築が大好きな空です。
ウリ坊さんに刺激を受け、まだ訪ねたことのない岩崎邸など、まめに歩いてみたい思いました。
特に住宅建築は、設計士にとってとても魅力的な仕事なのだそうです。

2014/02/04 17:50
私も、昔の洋館を見学するのは大好きです。
私も若い頃は、自分の気に入った洋館のような
一戸建てに住みたいと夢を見ていました。
マイセン展はいかがでしたか?
もっちー母
2014/02/06 21:50
ヒラメさん、ご連絡ありがとうございます。
各局が大仏様に来られているのですね・・・
ただ、テレビ番組はその場限り・・・ということが多いので、こうして、記事にアップされると、良い記録になります。
ウリ坊
2014/02/09 14:40
空さん、ありがとうございます。
規模は小さいですが、素敵でしょう?!
きっと、空さんには良さが分かって頂けると思っていました。
明治〜昭和初期までの建物って、本当に味がありますね。
現代のように、せわしない時代では無いので、その家で長い時間を過ごす・・・ということに主眼が置かれていて、素晴らしいと思います。
こうした個人の邸宅は、多くは、非公開だったり、また、人知れず、取り壊されてしまっているのでしょうね。残念です・・・
ウリ坊
2014/02/09 14:44
もっちー母さん、ありがとうございます。
ウリ坊は子供の頃から、親や友人に色々なところ(こうした洋館や寺社仏閣等)に連れて行ってもらったのですが、ほとんど興味が無く、さーっと見学していただけです。
今にして思えば、本当にもったいないことをしたと思います。
母さんは、洋館のご見学がお好きとのことですが、子供の頃からですか?ウリ坊は、前述のように、良さが分かるようになったのは、中年以後です。
マイセン展は初公開のものもあり、楽しめました!
でも、ウリ坊としては、建物(内部は和洋折衷)の方が興味深かったです。
ウリ坊
2014/02/09 14:48
ロマン主義の素敵な建物ですねえ。
内部もすばらしいんでしょうね。
昔の建物は心を込めて設計されたものが多いですね。
縄文人
2014/02/09 21:35
縄文人さん、ありがとうございます。
内部は和洋折衷の素敵な構造でした。
ウリ坊のアパート等と比べるのは無意味ですが、こういう風に、人を豊かな気持ちにする建物を見ると、生活に必要な機能だけしかない住まいは、まさに家畜小屋だなぁと悲しくなります。
ウリ坊
2014/02/15 23:13
旧本多忠次邸 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる