ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 名古屋弁と丹後弁

<<   作成日時 : 2014/08/17 13:09   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像ローカルな話題が続きますが、先日の中日新聞に「名古屋弁と丹後弁 どえりゃー似とる」という記事が載っていました。

京丹後市の中山市長が、名古屋県庁で、「両方言の類似性や過去の文化的交流に関する調査を進める」と発表されたそうです。

下の表(新聞の抜粋)を見て頂ければ分かりますが、確かに、言葉遣いが似ている気がします。

ちなみに、備考欄の○ははっきり意味が分かった表現、△はだいたい予想できる表現、×は知らなかった表現で、いずれもウリ坊の私見です。

実はウリ坊の伯母(故人:父の兄の奥さん)は、丹後地方の出身だったこともあり、一般の京都人よりはかなり丹後弁を身近に感じているのかも知れません。

言葉意味備考
あんばよう上手に×
うみゃあおいしい
ええがやいいです
おうじょうこく大変な目に遭う×
えらい、えりゃー疲れた
おみゃあ
かんかんいろいろな缶
こく(うそなどを)言う
こすいずるい
こそばいいくすぐったい
どべ最下位
ぬくとい温かい
ようけたくさん
わやめちゃくちゃ

言葉はその土地で生きていくのに重要な要素です。

ウリ坊が愛知県が好きなのは、こういう言語の類似性があるからかも知れません。

☆画像は先日、蒲郡の大きな弘法さんの像を拝観に行った時、金剛寺さんに祀られていたビリケンさんです。
お寺に、ビリケンさんがおられて、ちょっと、珍しいなぁと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
金剛寺さんのビリケンさん
とっても可愛いですね。
ミルキーはウリ坊さんのブログへです。
何をお願いしたのかは、内緒です。

方言調査=○(4個)△(4個)×(6個)でした。
こすい⇒けち  わや⇒駄目だ?かなぁ〜
今方言で話されてもなかなか通じないですが
方言も文化ですね。

ミルキー
2014/08/20 04:39
こんにちは!
確かに、名古屋弁と丹後弁は似ていますね。
方言周圏論って言えてるな〜って思ったことがあります。
私にとっても丹後弁は親しんでいる方言です。
「うみゃー」とかよく聞きました。
従兄弟が「帰る」意味で「いぬ」と言っていたのが不思議でした。辞書をみると「往ぬ」で、古語だと書いてありました。
方言って古い言葉が残っているのですね。
音(オン)から漢字を想像してみるのも面白いです。
きっこ
2014/08/29 08:48
ミルキーさん、ありがとうございます。
ビリケンさん、かわいいです!
ミルキーさんは、色々と満ち足りておられるので、あまりお願いされるようなことは無いのでは???
ビリケンさんは、金運に特に御利益があるそうです!
方言は、なるほどと思えるものから、さっぱり分からないものまでありますが、この丹後弁は比較的分かりやすいですね。
方言を話されるのは、比較的ご高齢の方なので、何年か後には、だんだんと話されなくなるのでしょうか・・・・
ウリ坊
2014/08/30 19:29
きっこさん、ありがとうございます。
愛知は関西に似ているような所もありますが、独特の文化が多い、不思議に調和がとれた土地だと思っています。
ただ、言葉は色々な影響を受けているのかも知れませんね。

きっこさんが仰るように、耳で聴いただけでは意味が分かりにくい方言でも、漢字を見ると、推測できることもあるかも知れませんね!一つ、賢くなりました。ありがとうございます。
でも、「うみゃー」は漢字にするのは難しいかも(笑)

ウリ坊
2014/08/30 19:34
名古屋弁と丹後弁 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる