ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 蜂に魅かれた容疑者(大倉崇裕)

<<   作成日時 : 2014/08/23 17:28   >>

トラックバック 1 / コメント 0

オビより
新興宗教団体にかかわる事件で、捜査を指揮していた警視庁の管理官が狙撃された。
庁内が緊張に包まれる中、都内近郊の各地ではスズメバチが人を襲う事故が続けて起こる。
その中には高速道路を走行する車中で蜂が暴れるという重大な事例も……。
本庁の総務部総務課動植物係の須藤友三警部補と部下の薄圭子巡査は、捜査一課からの依頼で蜂の事故の調査を始めるが……?!

大倉さんの作品では、1年くらい前に、「問題物件」がおもしろすぎて、寝不足になってしまいましたが、この作品(蜂に魅かれた容疑者)も、それに劣らず、読者を惹きつける力を持っています。

須藤警部補と薄巡査コンビが登場するのは、「小鳥を愛した容疑者」に次いで2回目だと思いますが、「小鳥を愛した容疑者」は短編で、「ヘビを愛した容疑者」、「カメを愛した容疑者」、「フクロウを愛した容疑者」の計4作品が収められており、動物たちは悪事には加担しませんが・・・、「蜂に魅かれた容疑者」は、長編で蜂自体が凶器と化しています。

シリーズ物(?)でも、構成を変えて、読者を飽きさせないテクニックはさすがです!
次回は、どんな動物が取り上げられて、どんな役割を担うのか・・・今からとても楽しみです。

画像年を取ると、時間が過ぎるのが速くなると言いますが、「小鳥を愛した容疑者」を読んでから4年近く経過していたことに驚きました。

ほんの少し前に、薄巡査の博識に驚いたような気がしていたからです。

大倉氏は、色々なシリーズを手がけておられるので、次にまた、この動物シリーズ(?)が出版されるのは数年後になるかも知れませんが、その時も、少し前に「蜂に魅かれた容疑者」を読んだような気がするのに・・・と、驚いている自分が想像できます。

シリーズ物と言っても、話が完結しているので、本作品から読まれても大丈夫ですが、できれば、「小鳥を愛した容疑者」を先にお読みになり、薄巡査の博識さをご堪能下さい。

著者の大倉さんには、この動物シリーズもさることながら、「問題物件」の続編を書いて頂きたいです。
犬頭さん・・・最高です!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スーツアクター探偵の事件簿(大倉崇裕)
大倉さんの作品はとても幅広く、落語・オチケンシリーズ、白戸修シリーズ、福家警部補シリーズ、薄巡査(動物)シリーズ、山岳シリーズ・・・等々、いったい、どれだけ抽斗を持っている人だろうと驚くばかりです。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2017/02/19 00:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
蜂に魅かれた容疑者(大倉崇裕) ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる