ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS りんごの種類

<<   作成日時 : 2014/11/03 18:56   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像以前もお話ししましたが、ウリ坊は、最近のりんごの中では「秋映」という品種が一番好きです。

他の品種より、甘いとか、酸っぱいとか・・・そういう著しい特徴は無いかも知れませんが、とにかく、この時期は、ずっと秋映を買っています。

あるとき、生協のりんご売り場に、さまざまなりんごの写真、名前、甘さの度合い、酸っぱさの度合いが表になって貼られていました。

ネットや書籍で見る、りんごの紹介では、やたら種類が多かったり、説明が詳しすぎたりして、あまり読む気になりませんが、その時、生協に掲示してあったのは、取り扱いの機会がある(と思われる)15種類程度のりんごについての簡単な情報でした。

それによると、秋映は、酸味と甘味のバランスが良い(甘味の方が強い)とありました。
だいたい、現在、生き残っている(?)りんごは、酸味より甘味が勝るものが多いようです。

ただし、王林のように、圧倒的に酸味より甘味が勝る品種は、メジャーになれていませんので、やっぱり、酸味もある程度は必要なのだろうと思います。

この表は、簡潔で、とても分かり易かったのですが、その次に生協に行ったときには、既に、取り外されていました。どの品種のりんごを買うか、決めかねている人にも、参考になると思うのですが・・・・残念です。

ちなみに、りんごの効用については、このHP(りんご大学)をご覧下さい。

画像画像右は、菊の品評会で市長賞を受賞したものです。

ウリ坊の子供の頃は、毎年、ひらかたパークで菊人形展が開催されており、祖母等と見物に行きました。

しかし、wikiによると、この催しも、菊人形を製作する“菊師(きくし)”の高齢化と後継者不足などを理由に、2005年までで終了し、96年の歴史に幕を下ろしたそうです

もし、継続していたとしても、行くと祖母を思い出してつらくなるので、行かないと思います。

この画像を見て、犬神 佐武(いぬがみ すけたけ)の生首を探した人は、相当・・・・です(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私も「秋映」は好きです。
味も良いし、色というかその姿がきれいだなぁと思います。
私の知り合いは、1年中リンゴを毎日1個食べ続けていたら、りんごアレルギーになり、他のバラ科の果物も食べられなくなりました。リンゴは体にいいのに、食べられなくなるなんて、本当に残念です。
私は週に1回か2回なので、一生食べられることと思います
もっちー母
2014/11/04 19:09
「秋映」は、売っている時期が限られるような気がします。なかなか買えません。色が深い赤でとってもきれいですね。確かに酸味は他のリンゴより少ないような気がしました。

「ひらかた菊人形」が終わっていたなんてショックです!子供の頃、父に連れていってもらいましたが、当時はそんなに面白いとは思いませんでした。
でも大人になると、菊の香りが落ち着きますし、何より立派な花に感動します。
ウリ坊さんの写真の菊は受賞しただけあって、とてもきれいですね。
きっこ
2014/11/10 21:33
菊人形の技術を伝承する職人さんがいなくなるのは寂しいですね。
空も南総里見八犬伝をテーマにした菊人形を観た記憶があります。
リンゴジュースにも品種別のがありますね。
昔「タルトタタン」をよく作りましたが、これは紅玉に限るように思いました。

2014/11/25 20:53
もっちー母さん、ありがとうございます。
「秋映」の良さを共感して下さり、うれしいです!!
味のバランスも良いし、毒々しいくらいの赤さが、いかにもリンゴらしいですよね。
ところで、母さんのご友人の方は、「りんごアレルギー」ですか?!お気の毒です。
ウリ坊の同期にも一人、同じ状態の人がいますが、原因が毎日、りんごを食べることだったのですか。
ウリ坊も気をつけたいと思います。
母さんは、週に1回か2回・・・ちょうど良いくらいでしょうね。お互い、ずっとりんごを楽しみたいですね!
ウリ坊
2014/11/30 18:40
きっこさん、ありがとうございます。
そうなんです、残念ながら「秋映」は売っている時期が短いです。でも、今年は比較的(今までより)店頭に並ぶ期間が長かったような気もしますが、現在は、もう、見ることはできません(愛知県内では)。

「ひらかた菊人形」のこと、共感して頂き、うれしいです!!子供の頃、「ひらかた菊人形」自体には、さほど、興味が無くても、親に連れて行ってもらった後、遊園地で遊べるのが楽しみだったりしませんでしたか?!
その良さが分かる年代になったときに、無くなるとは、ちょっとショックですよね。
田舎ではこの手の菊の品評会がたくさん行われていて、見事な菊は、何回も見ることができます。ただ、ひらかた菊人形のようなスケール感はありませんが・・・
ウリ坊
2014/11/30 18:46
空さん、ありがとうございます。
娯楽が多様化しているので、もし、職人さんがいても、以前のような来客数を望めるかは分かりませんが、とにかく、職人さんが居なくなったり、菊人形展自体が無くなることは寂しいです。
空さんも、わざわざ都内からひらかたパークにいらしたのですか?!
子供の頃は、新聞屋さんが無料券(招待券)を各戸に配るので、皆さん、その招待券で見に行くのが普通でした。ですから、京都、大阪の人くらいしか来ていないのかと思っていました。
ウリ坊は、りんごはそのまま食べるのが一番好きですが、加熱して食べるのも身体に良いと言っていました。
確かに紅玉は大きさや硬度も、調理に向きそうですね!
ウリ坊
2014/11/30 18:51
りんごの種類 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる