ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥殿陣屋のおひな様とかかし

<<   作成日時 : 2015/02/15 01:43   >>

トラックバック 2 / コメント 12

画像新聞に奥殿陣屋に古いおひな様が3月上旬まで飾ってあるという記事が載っていたので、見に行ってみました。

確かに、いくつかのおひな様は飾ってありましたが、昨年の徳川美術館や以前行った真壁のひな祭り等に比べると、あまりに僅かで、拍子抜けでした。

それでも、数組のひな人形が、きれいに並べられていました。

画像画像















どのおひな様も美しいお顔でした。
ウリ坊は我が家のおひな様を大切にしていますが、本当は子供の頃に祖母に飾ってもらっていたおひな様が一番です。

ひな段には、何故か土人形もいくつか並べられていました。
多分、当時はありふれた人形だったのでしょうが、土人形は、古びれば、また、味が出てくるものですね。

                              

画像先日、以前記事にした「怖いかかし」の近くを通りかかりました。畑が少し整地されていたので、かかしは撤去されたかと思っていたら、リニューアルしていました。

ござっぱり(?)とした洋服に着替えていましたが、顔は以前と同じです。

さらに、顔を拡大してみると、不気味な斑点があることに気付きました(気持ち悪いですが、顔の拡大を見たい方は、かかしの画像をクリックして下さい)。

これからも、このかかしの行く末(?)を見守りたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
豊田市産業文化センター 喜楽亭
奥殿陣屋と豊田市郷土資料館でひな人形を見学したウリ坊ですが、実は、その他に豊田市産業文化センターの敷地にある「喜楽亭」でもおひな様を見学していました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2015/03/22 10:37
お雛様
1月下旬から現在まで、例年以上に忙しい年度末を過ごしているうり坊ですが、その間も、なんとか季節感がある生活がしたいと思い、近くの施設に飾られているお雛様を見物に行っています。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2016/03/21 15:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
確か?以前 大正村へいったときに 民家を見学
したときに お雛さまを いくつか見た覚えが
あります。
かかしの顔は 茶髪のイケメンじゃあないですか
野ざらしですので それほど気になりませんが・・・
象山
2015/02/15 10:56
お人形には飾る人の想いや願いが込めらていると思います。
茶髪の案山子さん、どんな想いがあるのでしょうか。
縄文人
2015/02/15 23:26
幾つになってもお雛様をみると
ウットリしてしまいます。

案山子さんもお洒落ですね。
茶髪の案山子さんの方が小鳥さんも
怖がるのでしょうか・・・?
このような発想をされる方
とってもお洒落に感じるのですが
ミルキーだけでしょうか?
ミルキー
2015/02/17 09:28
怖いとか気持ち悪いといいながら、この案山子、うり坊さんのお気に入りのようですね。笑ってしまいました。
らむちゃのパパ
2015/02/18 09:29
私のお雛様は実家にあるのですが、自宅には小さな大内人形しかありません。
何か郷土玩具やこけし雛が欲しいなぁ、それも旅先でちょうど巡りあわないかなぁと思ってもう、10年くらいたちます。
かかしは、お顔はあまり怖くないような気がします。
夕暮れに観たらびっくりするかも…
もっちー母
2015/02/18 18:45
かかしさんの頭は昔のマネキンですね。ちょっと怖いです。先日ラーメンを食べに池袋のサンシャインに行ったとき、通路に並んでいるファッションのお店に立つマネキンにもいろいろ工夫があるんだなーと思いました。最近は顔の造作が具体的でない裁縫学校の仮縫いに着せる頭は卵型の白い布でくるんだような頭が主流なのかと思ったのですが、店によっては顔のない頭につけまつげだけ貼ってみたりつけヒゲだったりもしているんで笑ってしまいました。
記事でご紹介くださっているお雛様たちですが、これらは徳川様とかお殿様や豪商の家のものと違ってささやかな市民のスタイル、それも明治の呉服屋が百貨店に発展していく時代に生まれて今日に至るスタイルで戦前くらいまでは「古今雛」様式を借りたものが多いですが、戦後ご成婚あたりから「おすべらかし」が好まれるようになって「有職雛」風な感じもミックスされているみたいです。土人形こそは庶民のひな祭りを彩る代表的なお人形で、ことに中京地域は昔から陶磁産業とか瓦製造が盛んだったのと関係してついでに土人形も作るという感じでかつてはものすごくたくさんの作り手がいたようです。また地芝居が盛んだったので好んで派手な歌舞伎ネタの大きな土人形が作られていました。お雛段の最上段に御殿飾りのあるセットの画像がありますね。御殿飾りは京都製にもありますが、名古屋を中心とした中京地域で結納とか結婚式などを盛大に祝う気風があるとか言いますが、御殿飾りも中京の消費者向けに作られたものは金ぴかでド派手に製造されたものだと聞いてます。
いまどき
URL
2015/02/20 21:54
象山さん、ありがとうございます。
ちょうど良い季節に大正村に行かれたのですね!
確かに、この時期、思わぬところで、立派なおひな様をみかけたりします。
そうなんです・・・かかしさんは、多分、イケメンだと思うのですが、とにかく、汚れていて、顔に斑点があって、気持ち悪いです・・・洋服のセンスもなんとかならないものかと思います(笑)
ウリ坊
2015/03/01 00:00
縄文人さん、ありがとうございます。
鳥避けだけなら、わざわざマネキンの顔を付ける必要が無いと思いますが、畑の持ち主の方は、ずっと、このマネキンさんを起用(?)されています。
案外、このマネキンさんを気に入っているのかも知れませんね(笑)
ウリ坊
2015/03/01 00:02
ミルキーさん、ありがとうございます。
そうなんです、幾つになってもおひな様をみるとうれしくなってきますね。
ウリ坊の場合、子供の頃の思い出が蘇ってきますが、子供の頃、おひな様を飾ってもらわなかった人は、もしかしたら、大人になってもあまりおひな様に興味を持たないのでは無いでしょうか???
案山子さんお洒落ですか?!
確かに、実用性というより、オブジェのような気持ちで畑に置かれているのかも知れませんね(笑)
ウリ坊
2015/03/01 00:07
らむちゃのパパさん、ありがとうございます。
もしかして、このかかしのようなものを「キモかわいい」というのでしょうか(笑)
気に入っているというより、このかかしの末路が気になります。
ところで、パパさんは、お忙しそうですね。
出張帰りに営業されるとは、びっくりです!!
ウリ坊
2015/03/01 00:10
もっちー母さん、ありがとうございます。
母さんのお宅には、大内人形があるのですね。
そう言えば、ウリ坊もかなり前、大内人形を頂き、実家に置いてあります。あの大内人形はおひな様だったのですね。今でも年中、飾りっぱなしだと思います。
かかしの顔が怖いのは、斑点が不気味だからだと思います。それが気にならなければ、普通のマネキンの首です(笑)
ウリ坊
2015/03/01 00:14
いまどきさん、ありがとうございます。
ひな人形のこともお詳しいですね!
ウリ坊が子供の頃、飾ってもらっていたひな人形は、多分、江戸時代(もしくは明治時代?)のものだと思います。色あせて、かなり傷んでいましたが、それでも、毎年とても楽しみにしていました。
ウリ坊が、この季節になると、おひな様を見て回りたくなるのは、子供の頃のおひな様を探しているのかも知れません。
御殿飾りは京都が発祥(?)とか言われていますが、ウリ坊は子供の頃は見たことがありませんでした。
友人の中には、相当、豪華なひな人形を持っている人もいましたが、基本は普通の段飾りでした。
確かに、名古屋の気風には合うのかも知れませんね。
ウリ坊
2015/03/01 00:20
奥殿陣屋のおひな様とかかし ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる