ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊田市郷土資料館

<<   作成日時 : 2015/02/28 23:21   >>

トラックバック 2 / コメント 8

画像アパートの近くにあった松坂屋が閉店してしまったので、ちょっとした物を買うには、名古屋まで出るか、豊田市にある松坂屋で済ませるか・・・の選択肢しかありません。

このところ、色々忙しいウリ坊は、休日になかなか名古屋まで出かける気力(体力?)は無く、自然と、豊田市の松坂屋に行く機会が多いのですが、それもだいたい、夕方になってしまいます(掃除や洗濯を済ませると、どうしても夕方になるので)。

ある週末、いつものように16時頃に愛知環状鉄道を使って豊田市の松坂屋に行こうと思ったら、駅に「豊田市郷土資料館でひな人形展を開催中」というポスターが貼ってあるのを見つけました。

この郷土資料館は、以前から存在は知っており、松坂屋から1km弱のところなので、一度、行ってみたいなぁと思っていました。

17時まで開館とポスターに記載してあったので、新豊田駅に到着してから、小走りで郷土館を目指しました。

案内看板を見落としたのか、ちょっと道を迷ったりして、結局、到着したのは16:40頃でした。

しかし、建物に入って、ちょっとびっくり。
ひな人形展というほどの規模では無かったのです。

何組かのおひな様が飾ってあるだけで、他は常設展示や、(ひな祭り以外の)企画展示がされています。

失礼な性格の(?)ウリ坊は、思わず学芸員さんに「おひな様はこれだけですか?」と尋ねてしまいました。

画像すると、学芸員さんは嫌な顔一つせず、「別棟(民俗資料館)にも少しありますよ」と教えて下さいました。

別棟には、素朴でほっこりするような(古い)おひな様が飾られていました。本館の上等そうなおひな様も良いですが、ウリ坊は別棟の古いおひな様も気に入りました(おひな様の画像をクリックして頂くと、民俗資料館の外観をご覧頂けます)

閉館時間が迫っていたこともあり、他にはお客さんがおらず、ウリ坊一人でゆっくりと見学することができました。

このおひな様展は、郷土館の入り口には看板が出ていましたが、HPではお知らせしていないようでした(看板をクリックして頂くと、郷土館(本館)の外観をご覧頂けます)

名鉄の豊田市駅や、愛知環状鉄道の新豊田駅から行くと、裏口から郷土館に入ることになります。
帰途、表口(正面入り口)に回ると、閉館は17時でも、入館は16時半までと記載してありました。

ウリ坊は時間に遅れて入館し、かつ、失礼な質問をしてしまいました・・・・申し訳ありません!

学芸員さんが厳しい人では無く、若くてチャーミングで優しいで良かったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
豊田市産業文化センター 喜楽亭
奥殿陣屋と豊田市郷土資料館でひな人形を見学したウリ坊ですが、実は、その他に豊田市産業文化センターの敷地にある「喜楽亭」でもおひな様を見学していました。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2015/03/22 10:36
お雛様
1月下旬から現在まで、例年以上に忙しい年度末を過ごしているうり坊ですが、その間も、なんとか季節感がある生活がしたいと思い、近くの施設に飾られているお雛様を見物に行っています。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2016/03/21 15:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
子供の頃より中年になってから、ますますお雛飾りが好きになりました。
郷土館でゆっくり見れて、良いお休みになりましたね。
しかし、今年も、自分の家用のお雛飾りには巡りあいませんでした。
もっちー母
2015/03/01 14:01
派手目な御殿飾りがありますね。人から教わったところの名古屋向けの御殿飾りの典型的なものだと思います。愛知県内の人形屋さんはもちろん、静岡県内の人形屋さんでも名古屋向けにこうした御殿を作っていたそうです。ちょっと関係ないですが、名古屋市立の博物館で「招き猫をテーマにした」特別展がそろそろ開催されているようです。展示品の中には新宿区内の遺跡から出土した最古の招き猫(当初報告書には出土品ひと山で取り扱われていた画像の中に気になるものがあったので申請して閲覧してはじめて裏面に「丸〆」の陽刻があるのを確認し、NHKの「美の壷」に情報提供したところ番組内でとりあげあられ、急に特別収蔵庫に入ってしまったもの」も出開帳になるそうなので、観に行ってみたいですが、家のことを考えると二の足を踏んでいるところです。
いまどき
URL
2015/03/01 21:11
女性の方には、いくつになられてもひな人形には特別の思い入れがあるのですね。私は、端午の五月人形は、兜が怖かったです。それでトラのぬいぐるみしか覚えていません。まぁでも自分のことを大事に思って祖父がかってくれたものなんだなとしみじみ思いだしてしまいました。
らむちゃのパパ
2015/03/02 08:06
最上段のお屋敷にはビックリしました。
素晴らしいですね!
縄文人
2015/03/08 21:56
もっちー母さん、ありがとうございます。
確かに、子供の頃よりゆったりした気持ちでおひな様を見ることができるようになりました。
母さんのお宅には、もっちーちゃんという大スター(?)がいるので、お雛飾りは不要では無いでしょうか???
ウリ坊
2015/03/14 21:51
いまどきさん、ありがとうございます。
御殿飾りは確かに派手ですね。
大切な娘や孫のために、おひな様を飾る・・・となると、裕福なお宅は、どんどん、華美な物を求めるようになりますよね。
ところで、名古屋向けの御殿飾り・・・というのがあるのですね。
名古屋市立の博物館で「招き猫」特別展が開催されるのですか〜こちらで招き猫というと、常滑が有名です。
しかし、愛知の博物館で展示されるような物は、全て、都内で展示された後の物かと思っていました。
なかなか、都内から展示を見るためだけに愛知にお越しになるのは難しいですよね。
ウリ坊
2015/03/14 21:55
らむちゃのパパさん、ありがとうございます。
パパさんのお宅は旧家なので、先祖代々伝わっているような美術品類がおありかと思いますが、ウリ坊達、普通の家では、先祖から受け継がれているのはひな人形くらいなのでは無いでしょうか。(ウリ坊の場合、それすら売り払われてしまいましたが・・・・)。
せっかく、おじいさまが買って下さったのに、今となっては「トラのぬいぐるみ」というのが笑えますね。
でも、パパさんは頻繁にお墓参りをされており、十分、おじいさま孝行をされていると思いますよ!
ウリ坊
2015/03/14 21:59
縄文人さん、ありがとうございます。
解説では、こういう御殿は関西発祥だというのですが、ウリ坊は子供の頃、見たこともありませんでした。
むしろ、最近、愛知県内で普通にみかけるような気がします。
ウリ坊
2015/03/14 22:01
豊田市郷土資料館 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる