ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊田市産業文化センター 喜楽亭

<<   作成日時 : 2015/03/22 10:36   >>

トラックバック 1 / コメント 8

画像奥殿陣屋豊田市郷土資料館でひな人形を見学したウリ坊ですが、実は、その他に豊田市産業文化センターの敷地にある「喜楽亭」でもおひな様を見学していました。

なかなか、記事にする時間が無く、3月も後半となってしまいました。
すでに、展示は終わっていますので、ご覧になりたい方は来年までお待ち下さい
喜楽亭は「大正期の代表的な町屋建築」だそうです。建物だけでも一見の価値があるかも知れません。

喜楽亭に飾ってあったおひな様も素敵でしたが、それ以外のお人形さんも、そんなに古くはありませんが、皆、表情豊かでした。

また、閉館間際に訪れたので、独占状態で見せて頂くことができました。

画像この、産業文化センターの中に「とよた科学体験館」があり、プラネタリウムも上映されています。
ウリ坊も、一度、ここのプラネタリウムに行ってみたいと思っていますが、なかなかタイミングが合いません。
そう言えば、最後にプラネタリウムを見たのは、随分昔のような気がします。

奥殿陣屋、豊田市郷土資料館、そして、この喜楽亭・・・と、今年見て回ったひな人形展は、全て入場無料でした。岡崎市や豊田市は太っ腹です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お雛様
1月下旬から現在まで、例年以上に忙しい年度末を過ごしているうり坊ですが、その間も、なんとか季節感がある生活がしたいと思い、近くの施設に飾られているお雛様を見物に行っています。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2016/03/21 15:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらにも派手な御殿飾りが。でも「ハレ」の日だから「普段とは違うデコレーション」という感覚はよくわかります。ウリ坊さまはずいぶんお雛様を巡られたんですね。
以前だったら私も興味のある分野なので歩きまわったものですが、このところ出不精になっています。
いまどき
URL
2015/03/22 12:51
お雛様も こうして展示されてるものは
いいのですが 我が家では 娘が嫁いで
とりあえずは 出して 飾ってあったですが
さて・・・??? 
象山
2015/03/29 12:21
昔から続くお雛様飾りは世界に誇れるものだと思います。女の子の幸せを祈願して成功に人形や家財道具がつくらています。昔からフィギアは日本人の得意とする技術ですね。
縄文人
2015/03/29 14:25
ウリ坊さんのお雛様も素敵でしたが、町屋建築に飾られたお雛様もいいですね。
そういえば、今年はよそのお雛様をひとつも拝見できませんでした。
東京では三井記念美術館などで「三井家のおひなさま」が展示されるのですが…

2015/03/29 21:21
いまどきさん、ありがとうございます。
2月〜3月はとても忙しく、家族や友人と出かけることもできないので、少し空いた時間ができたら、一人でお雛様を見て回るくらいしか楽しみがありません(笑)
それも、近所とか、せいぜい、隣町のお雛様なんです。
それはさておき、冬はどうしても出不精になりますよね。
週末から暖かくなるとか・・・そろそろ、活動範囲を広げましょう!
ウリ坊
2015/04/10 22:20
象山さん、ありがとうございます。
折角のお雛様ですから、是非、飾ってあげて下さい。
ウリ坊も、あまりの忙しさで、心の余裕が無く、飾れない年が1回ありましたが・・・・
飾るのも、気力が必要ですね!来年は是非!!
ウリ坊
2015/04/10 22:23
縄文人さん、ありがとうございます。
そう言えば、外国でも似たような習慣があるのでしょうか。なんだか、外国の人なら、飾りっぱなしのような気がしますね。
たくさんあるお荷物(お道具)は、フィギュアのルーツですね。昔は、今のような便利な素材や染色液が無いのに、精巧なお道具を作り、それが現在まで伝わっているのですから、さすがに日本人ですね!
ウリ坊
2015/04/10 22:26
空さん、ありがとうございます。
このところ、毎年のように色々なお雛様を見ているウリ坊ですが、どんなに豪華なお雛様を見ても「我が家のお雛様が一番!」(実は、子供の頃に飾ってもらっていたお雛様が一番)と思ってしまいます。
親バカ・・・というのは、まさにこういう状況なのでしょうね。ですから、空さんも別に他のお雛様をご覧にならなくても良いかと思います(笑)
ウリ坊
2015/04/10 22:29
豊田市産業文化センター 喜楽亭 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる