ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 怪獣文藝の逆襲〜角川書店

<<   作成日時 : 2015/04/26 16:10   >>

トラックバック 0 / コメント 10

画像大倉さんのHPで「怪獣文藝の逆襲」が出版されることを知り、迷わず購入しました。

9編の作品が収められており、マニア(?)にとっては垂涎の書かも知れませんが、ウリ坊にとっては、まさに玉石混淆でした。

具体的には、大倉さんの「怪獣チェイサー」と梶尾さんの「ブリラが来た夜」は秀逸でしたが、逆に、有栖川さんの「怪獣の夢」と 園子温さんの「孤独な怪獣」には心底、がっかり。

特に最近、少し注目していた「園子温」さんの作品は、無理に怪獣に結びつけた感が強すぎて、やっつけ仕事のように感じました。

しかし、装丁は素敵です。
怪獣が踏みつぶす標的は、あくまでも東京タワーであって、スカイツリーではありませんよね!!

                               

画像関東、東海地方以外の方は、ご存じないかも知れませんが、「4月12日(日)に東海地方(伊豆地方)に大地震が起こり、その2週間後に首都圏直下型地震が起こる。関東や東海が、以前の状態まで復旧するのに2年を要する。」という予言が、広まっていました。

ウリ坊は4月に入ってから、友人知人からのメール等で知ったのですが、阪神淡路大震災を的中させた有名な方の予言だとかで、真剣に対策を取っていた人もおられたと聞きます。

ウリ坊自身は、万一のことがあれば、京都(実家)か東京(自宅)に逃げ帰れば良いと思っているので、ほとんど災害に対する備えをしていません。貧弱なアパートの一室に住んでいる現状で、備えなど意味をなさないと思うからです。

それで、同僚の中で、ウリ坊よりもさらにそういうことに疎い感じの方に「4月12日に大地震が来るという話、知ってますか?」と尋ねてみました。当然、一笑に付されると思ったのですが・・・その人からは「もちろん、知っています」という答えが返ってきました。

まさかと思いましたが「何か備えをしてますか?」と尋ねたところ「ミネラルウォーターを備蓄し、缶詰やカロリーメートなど、火を使わなくても食べられる食品を1週間分程度、買っている」とのこと。

とても意外でした。備えていないのはウリ坊だけでは無いか・・・と不安になってしまいました。

・・・その後、なんとか無事に、4月12日が終わりましたが、市内の量販店では(予言に関係ないかも知れませんが)防災用品フェアが行われていました。
色々見た中で、ウリ坊は多機能防災時計(有事には手動で充電でき、ラジオ機能、目覚まし機能、LEDライトに加え、携帯電話充電器にもなる)を購入しました。

この時計、なかなか優れもののような気がしたので、4月が誕生日の友人用にも買って、お送りしました。
誕生日だからと言って、花やお菓子を贈るより、こうした実用品の方が喜んでもらえるかなぁといういうのは、ちょっと夢が無いでしょうか?!
こういうグッヅが活躍する機会が無いことを祈るのみです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
4月12日の予言は知りませんでした。
・・・が もう いつ来てもおかしくありませんね
心の準備はしてますが 食糧等は 買い込んでも
自分たちだけ食べるわけにもいかず・・・
まあ 生命力は旺盛ですので なんとかなると
思いますが なるようになると思って〜

防災ラジオは数年前に買って 持ってますが
充電ができなくなり 手回しし続けなければ機能
しなくなってしまいましたが・・・
結局 助け合いになるわけで〜 
象山
2015/04/26 18:07
あっ、その噂は私も知っていました。でも、その予言?は本人により撤回されたようです。
私は、平安時代に起きた貞観地震と同じように、地震が続けてくるんじゃないかという噂の方が、信憑性があるよう気がします。

自分でも食料・水は備えていますが、自分のことより家族のことが心配です。
もっちー母
2015/04/26 22:00
4月12日の地震予想のことは、知っていました。ただ、うりちゃんが知っていたとは意外でした。予想をするのはよそうというくらいですから、私はどうでもよい話でしたが、最近、大量のイルカがうちあげられたり、北海道の海岸が僅かのあいだに隆起したりと、天変地異が続くので何が起こっても不思議じゃないとは思います。
また政治も何かとても幼稚な恐怖政治で、笑うしかないですが、いつまでも笑ってられるものではないなぁと思ったりしてます。
らむちゃのパパ
2015/04/27 06:13
災害に対する備えが不十分なのは、ウリ坊さんと同じです。
ベッドの近くにスニーカーを用意していること、当日使ったバッグを枕元近辺に置いておくことくらいでしょうか。
食糧の備蓄はある方だと思います。
ラジオとか懐中電灯の電池の点検など、とても疎か…(^^;)

2015/04/27 11:48
今晩は!
最近、地震という文字をよく見るな〜と感じていましたが、そういう予言があったのですね。
4月12日だったのですか。何も起こらなくてよかったですが、今やいつ起きてもおかしくないですよね。
私は火を使わないで食べられるものを備蓄していますが、1週間分もありません。
ミネラルウォーターも中途半端です。やはりきっちりやっておかないといけませんね!
ウリ坊さんの記事を見てスイッチ入りました。
きっこ
2015/04/28 21:13
象山さん、ありがとうございます。
4月12日の予言・・・ウリ坊の周りの人は、ほとんど知っていました。ネットの力は恐ろしいですね。
確かに、東南海地震・・・いつ来てもおかしくありませんね。
ウリ坊は心の準備どころか、どこかに逃げれば良いという安易な考えです。
ただ、職場の人からは「仕事もあるし」「交通も遮断されていれば逃げられない」と言われ、なるほど・・・と思ったり。
確かに、食料を買い込んでも、どうしようもないかも知れませんね。
ただ、このラジオは優れものだと思います。故障しなければ(笑)
ウリ坊
2015/04/29 22:26
もっちー母さん、ありがとうございます。
そうでしょ?!ウリ坊の周りでも、この噂をご存じの人が多いです。しかし、本人により撤回されたというのは初めて知りました。
母さんのあたりは、もう、地震のエネルギーが使い果たされたのでは・・・と思っていたのですが、続くこともあるのですね。
いつくるか、どういう状態になるのか、全く想像もつかないことを思い悩んでも仕方無いので、その時、がんばるしかありませんね。
ウリ坊
2015/04/29 22:29
らむちゃのパパさん、ありがとうございます。
地震予想・・・やはりご存じでしたか?!
ウリ坊は少し前にメールで知りました。職場の人は知っていても、口にすることはためらわれていたようです。
そう言えば、東北の大地震の際も、大量のイルカがうちあげられたと聞きますし、何が起こっても不思議じゃないですね。
昨日の新聞に、原発が安価な発電手段だという(政府の?)試算が載っていて悲しくなりました。
ウリ坊
2015/04/29 22:33
空さん、ありがとうございます。
地震に引き続いて、停電や断水が起こると、もう、日常生活が成り立ちませんよね。多少、食料を備蓄しても追いつかないと思います。
まずは命を守ること・・・ベッドの近くにスニーカーを用意するというのは、絶対に正解だと思います。
でも、本当は災害に遭わないのが一番ですね!
ウリ坊
2015/04/29 22:37
きっこさん、ありがとうございます。
きっこさんは、4月12日の予言をご存じなかったのですね。知らない間に終わって、ラッキーでした!
ただ、いつ、どこで、何が起こっても不思議ではありませんね。地震は怖いです。
ところで、火を使わないで食べられるもの・・は、やはり缶詰とかでしょうか。そういうものを食べ続けるのもつらいですよね。
ミネラルウォーターで飲料水はあっても、トイレの水とかどうすればよいのでしょう・・・・
色々と考えると不安になるので、取り合えず、逃げることに決めています(笑)
ウリ坊
2015/04/29 22:41
怪獣文藝の逆襲〜角川書店 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる