ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 田生山 満性寺

<<   作成日時 : 2016/08/11 19:22   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像中日新聞に、市内の満性寺で8月7、8日宝物展が開催されているという記事が掲載されていました。
このお寺には、重要文化財の色紙阿弥陀経等の宝物があるそうです。

一度も訪れたことが無いお寺ですが、地図で見るとアパートからも近いので、宝物展を拝見に伺いました。

小さなお寺が、こぢんまりと虫干しを兼ねて寺宝の公開を行うのだろう・・・・と軽く考えていたのですが、お寺は広く(境内は1500坪余り)、たくさんの掛け軸、巻物等が所狭しと飾ってあり、檀家の方々と思われる、中高年の方が、受付やそれぞれの展示室で監督されている様子は、ちょっとした博物館のようでした。

多くの宝物の中には、少し劣化している(傷んでいる)ものもあり、これ以上酷くならないうちに、お寺自らが無理なら、県か市が補助して修復された方が良いのでは無いかと思いました。

幼い頃の聖徳仏太子像や徳川吉宗筆と言われる鶏図(掛け軸)等、撮影してしまったのですが、本堂には撮影禁止と記載してあったことに最後に気付きました(ので、画像はアップできません)。

画像市内在住の方でも、このお寺のことをご存じの方は少ないかも知れませんが、こうした市井にも、こんなにゆったりしたスペースで、たくさんの寺宝を保有しているお寺がある・・・ということからも、ウリ坊の住んでいる市の歴史の重さを感じることができました。

ちなみに、檀家以外の方が寺宝を拝観できるのは、前述のとおり毎年、8月7日と8日だけのようです。
拝観はお志が必要で、受付では500円と記載されていました。

ウリ坊は、他にお供えのお菓子を持参したのですが、最後に本堂にお参りしたときには、早速、阿弥陀様の仏前にお供え下さっており、ありがたい気持ちになりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ウリ坊さんの京都ご実家も城跡があり、城下町で趣のあるところですよね。特別拝観のたびにお供え物をもっていかれるのもいまどき珍しい気配りだなと思います。
毎日暑いですが、気疲れせぬようお仕事頑張って下さい。私の事務所は、11日から16日まで盆休みですが、例によって私は毎日仕事でお休みがありません。呑気な生活を楽しむ予定だったのですが、思いとは逆に進むのが世の中のようです。
らむちゃのぱぱ
2016/08/13 10:41
らむちゃのぱぱさん、ありがとうございます。
特別拝観と言っても、京都等の有名寺院と異なり、拝観者がほとんどいない場合もあります。さらには、拝観料も受け取ってもらえない場合もあります。
今回のように、ある程度、人がいたほうが、かえってゆっくり拝観できます(笑)
パパさんはお盆もお休み無しですか・・・世の中から強く、必要とされておられるからこそですね。
いつか、自然にお休みできる時が訪れるかと思いますが、とにかく、無理はなさらないでくださいね!
ウリ坊
2016/08/13 23:22
田生山 満性寺 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる