ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 聖女の毒杯(その可能性はすでに考えた)〜井上真偽

<<   作成日時 : 2016/11/20 20:46   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像i忙しいと言いつつ、少しは読書をしているウリ坊ですが、なかなか、記事にする時間がありません。

読み終わって、内容を忘れるくらい時間が経っていますが、自分の読書記録代わりに、コツコツ、記載していきたいと思っています。

さて、現時点でウリ坊が気に入っているミステリー作家さんBEST3と言えば、間違いなく、この「井上真偽さん」、「周木律さん」と「東川篤哉さん」です(この三人は、どなたが一番・・・・ということはありませんが、周木律さんの作品で気に入っているのは「堂シリーズ」と「猫又シリーズ」だけです)。

井上真偽さんの作品は、まだ、「恋と禁忌の述語論理」と「その可能性はすでに考えた」しか読んでいませんが、それでも、「毒入りチョコレート事件」を彷彿とさせる、くどくどしさが病みつきになりました。

今回の作品は、まさに毒殺。
バークリーへのオマージュ色が一層、強くなっているのでは無いかと思います。
被害者(?)に犬が含まれ、それにより、命をかけた謎解きが行われるという、ばかばかしくも、妙に納得性のある(?)展開となっています。

  聖女伝説が伝わる地方で
  結婚式中に発生した、毒殺事件。
  それは、同じ盃を回し飲みした
  八人のうち三人(+犬)だけが
  殺害されるという不可解なものだった。
  参列した中国人美女のフーリンと、
  才気煥発な少年探偵・八ツ星は
  事件の捜査に乗り出す。
  数多の推理と論理的否定の果て、
  突然、真犯人の名乗りが!?
  青髪の探偵・上苙は、
  進化した「奇蹟の実在」を証明できるのか?
以上、カバーより転記。

井上さんの三部作の中では、この「聖女の毒杯」が一番おもしろかったです。
これからも、質の高い新作を発表し続けて頂きたいです!!
聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)
講談社
井上 真偽

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
毒入りチョコレート事件【新版】 (創元推理文庫)
東京創元社
アントニイ・バークリー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 毒入りチョコレート事件【新版】 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年は、あまりに忙しく、映画も読書もゼロでした。その代わりストレス発散にブログ記事はこまめに書いていました。読んでもらえるかどうかわからないけれど、私の近況を知りたい方に私の日常を知ってもらおうと、ただそれだけで書いてきたように思います。まぁでも、そろそろ限界かもと思ったりしています。
らむちゃのぱぱ
2016/11/21 22:56
ぱぱさん、ありがとうございます。
最初、「もう、ブログを止める」と宣言されたときは、残念でしたが、いままでどおりに続いていて安心しました。ぱぱさんにとってもストレス発散の手段だったのですね〜分かります!!
かなり頻繁に更新されているので、お仕事もあって大変だと思います。
限界にならないように、お時間がある時だけに記事をアップされてはいかがですか?!
ウリ坊
2016/12/17 23:31
聖女の毒杯(その可能性はすでに考えた)〜井上真偽 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる