ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS ブランドリサイクル〜ブランド品との決別

<<   作成日時 : 2016/12/18 00:03   >>

トラックバック 0 / コメント 10

画像今年の春にロレックスの修理をしたウリ坊ですが、実はその時、シャネルの時計(古いプルミエール)も電池交換してもらいました。

ただ、この年になってシャネルの時計を使うことも無いだろうと思い、後日、近くのブランドリサイクルショップに売りに行きました。

もちろん、ブランドリサイクルショップを利用するのは初めてですし、また、古い時計なので引き取ってもらえるだけでも十分かと思っていたのですが、購入代金と比べて、あまりに安い引き取り額を提示され、びっくりしてしまいました。

とりあえず、売るのは止めて、アパートに持ち帰る途中、もう1軒のリサイクルショップがあったので、再度、鑑定してもらいました。

すると、最初のショップで提示された額の3倍近い額が提示され、(それでももちろん、購入価格とは比べものにはなりませんが)時計の古さを考えると、妥当だと思えたので引き取ってもらいました。

画像その後も、時間を見つけては押し入れ等の整理をし、もう、二度と使わないであろうと思われるブランドバッグ等々を何回かに分けて、このショップに持ち込みました。

押し入れは片付くし、かなりのお金を手にすることもできました

持ち物を手放すことに多少の躊躇はありましたが、都度、我が家の押し入れで古びていくより、もっと良い人にもらわれて活躍する方が、彼らにとっても幸せだと思うようにしました。

ちなみに、買い取り価格ですが、ハイブランド(シャネル、エルメス)は、かなり高かったですが、ヴィトン等は二束三文でした。
宝石は購入価格の1割にも満たない買い取り価格になるようです。
数年前に、実家が空き巣に入られ、高額なダイヤモンド等を盗られましたが、盗品だともっと安く買いたたかれてるのでしょう・・・・

シャネルやヴィトンのバッグは、デザインもさることながら、何も入れない状態でも結構、重量があるので実用面でも中高年には向かないのでは・・・と思います。
今後はブランドで選ぶのでは無く、年相応で使い勝手の良い物を選びたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
私はブランドものはひとつも持っていません。若い頃から実質的なものしか買わなかったからですが、時に安物買いの銭失いの格言通りになりましたが、安物ゆえに失う銭も限られていました。
ロレックスは、定期点検に毎回出す必要があり、そのたびに安物の時計が買えるほどのお金がかかりますので、持つのも大変ですね。
らむちゃのぱぱ
2016/12/18 08:09
亡くなられた友人の、娘さんが、ブランドものだけは売れるからと選別したそうですが、遺品の整理は考える以上に大変なことのようでした。
「立つ鳥あとを濁さず」と自戒していますが…
ブランドものを購入することはめったにありませんが、市場価値のない自分だけに意味のあるモノ、つまり絶対価値のあるモノの整理・処分の方がやっかいです。

2016/12/18 10:45
ブランドバッグを売ってお金が入り、お部屋がすっきりしたなら、手間をかけた甲斐がありましたね。
私は、貴金属を売ったことと、ブランドの服を売ったことがあります。
買ったときは一生使うと思っていたようなものでも、10年20年経つと、それほど出番がなくなるものもありますよね。
ブランドのバッグをたくさん持っていたんですね〜私が大学生の頃から、若い人も背伸びして買っていたころがありましたが、私には結局ずーっと縁がなかったです〜
もっちー母
2016/12/18 16:18
店によって 買い取り価格が違うのも
考え物ですね

私はブランド品などは 持つことはない
ですが ブックオフへ CD 本を
持ち込んで 買い取ってもらったことが
ありましたが それこそ二束三文でした!
象山
2016/12/18 17:50
ブランド品、結構買い叩かれるのですね。
ちょっとつらい気もしますが
使わないなら整理にもなるし気持ちもスッキリですねえ。
縄文人
2016/12/21 14:39
らむちゃのパパさん、ありがとうございます。
ウリ坊もさほど、ブランド物を集めている自覚はありません。ただ、若い頃は人から頂いたり、自分で買ったり・・・で、今回、調べてみると結構な数となっていました。 夏は給料に手を付けずに過ごすことができました。 今後は、ブランドに惑わされず品質本位で選びたいです。
ウリ坊
2016/12/31 22:45
空さん、ありがとうございます。
今回、ブランドリサイクルショップを利用して分かったことは2つ。
・ショップにより、買い取り価格に大差がある。
・定価より、現時点でどれくらい引き合いがあるかで買い取り価格が変わる。
本当に良質なものより、若い人が好むブランド品の方が圧倒的に高く買ってもらえます。
自分にとって大切な物は、絶対に売れませんね。ウリ坊は棺に入れて欲しいです。
ウリ坊
2016/12/31 22:49
もっちー母さん、ありがとうございます。
母さんも貴金属やブランドのお洋服を売られたことがおありなんですね!
ウリ坊は実家に空き巣が入り、高価な指輪等を盗られてしまった経験から、使わなくなったダイヤのペンダントをリサイクルショップに持ち込みましたが、定価の数%程度を提示されてびっくりでした。
かといって、宝石はusedでも結構、高く取引されているので、本当に仲介する方々の利幅が大きい業界だと思います。
ウリ坊
2016/12/31 22:54
象山さん、ありがとうございます。
本はなかなか処分できませんね。
本棚を整理していても、懐かしくて、読み直してしまったり・・・で遅々として進みません。
それでも、他の人に読んでもらえるなら、思い切って処分したいです。でも、近くにブックオフがありません!
ウリ坊
2016/12/31 22:56
縄文人さん、ありがとうございます。
いかにハイブランドと言っても、例えばシャネルならマトラッセは若い人向きですし、ずっと持っていても活躍の機会はありません。
今回、手放すときは少し心が痛みましたが、今となっては、使わない物をいつまでも未練たらしく持っているより、売って良かったと思っています。
ウリ坊
2016/12/31 22:59
ブランドリサイクル〜ブランド品との決別 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる