ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS おひなさま〜幸田町郷土資料館

<<   作成日時 : 2017/02/18 23:08   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 8

画像この季節になると、毎年のように、近くの施設に飾られているひな人形を見に行っているウリ坊です。

多分、子どもの頃、祖母が飾ってくれたおひな様に(似た人形に)再会したいからだと思います。

今年は、中日新聞にひな人形を展示していることが掲載されていた「幸田町郷土資料館」に行ってきました。
新聞には江戸時代から近年までの・・・と記載してありましたが、昭和のひな人形が中心でした。

画像ウリ坊が求めているのは、多分、明治〜大正にかけてのおひな様なので、少し期待外れ。

それでも、美しく飾り付けられたおひな様を眺めていると、春が近づいていることが実感できました。

幸田町郷土資料館には、何故か、飛行機やヘリコプターが野外展示されており、一度は訪れる価値があると思います。

画像もちろん、ウリ坊のアパートでも立春過ぎからおひな様を飾っています。

ここ数年で、県内近隣の施設をいくつか回りましたが、残念ながら祖母のおひな様はもちろん、このおひな様より心惹かれる人形にも出会えていません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スーツアクター探偵の事件簿(大倉崇裕)
大倉さんの作品はとても幅広く、落語・オチケンシリーズ、白戸修シリーズ、福家警部補シリーズ、薄巡査(動物)シリーズ、山岳シリーズ・・・等々、いったい、どれだけ抽斗を持っている人だろうと驚くばかりです。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2017/02/19 00:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しています。どうも日用の買い物以外外歩きしていないと自分で思っていたらお雛さまなんですね。近年は各地で雛の催しが盛んで、東京近辺だけでも数えきれないくらいの展示があるような気がします。現役で初節句をはじめる家庭でのお飾りはどうなっているんでしょうか。少なくともスペースの問題で7段8段の飾りは厳しくなっているのではないかと空想します。お雛様に関しては江戸時代のものから明治大正、昭和のはじめまでいろいろありますが、飾られていた家庭での思い出が一番大切なものなんだろうと思います。もちろん名手の作による銘品とかも観る面白みがありますが、家庭で飾られた雰囲気に惹かれるような気がします。資料館の雛段もウリ坊さまのお雛様もお内裏様が下手ですね。
いまどき
URL
2017/02/19 02:37
男子の私にはわからないのですが、ウリ坊さんは、ひな人形に特別な思い入れがあるのですね。ただウリ坊さん宅にあるひな人形は、とても色合いが上品で落ち着いていると思いました。ただ少しアンパンマンが場違いな雰囲気を醸し出していますが、幸田町郷土資料館のもすごいです。歴史のある町なんですね。
らむちゃのぱぱ
2017/02/19 10:30
ウリ坊さんのお内裏様のお顔の上品なこと!
衣装の色もとても美しいです。
空もようやく一昨日、奈良の一刀彫の段飾りを出しました。
日も長くなり、春の足音が聞こえてくるようです。

2017/02/24 21:57
ウリ坊さんのおひな様は優しいお顔で、衣装も立派ですね。
私のおひな様は、母が私に買ってくれたものなのですが、ずっと実家にあり、今では自分のものだと思っているようです。
祖母のおひな様も残っていますが、これをいつか引き継ぐのかと思うと、気が重いです。私の家には、飾る場所が無いのです。
もっちー母
2017/02/24 22:33
いまどきさん、ありがとうございます。
お人形のご製作や、応援等で忙しくされている間にも、季節がどんどん進んでいますね。
ここ何年か、三河地方のおひな様を少しずつ、見て回っているのですが、必ずと言って良いほど、土人形も一緒に飾られており、昔は私達庶民は土人形のおひな様でお祝いしたのだなぁと思います。
最近、豪華な変わり雛等も、時々、テレビ等で紹介されますが、古くても簡素でも、やはり子どもの頃に自分のためだけに飾って貰ったおひな様に勝る物はありません。
残念ながらウリ坊のおひな様は売り払われてしまいましたが、これからも似たおひな様を探してみようと思っています。
ウリ坊
2017/03/05 19:19
らむちゃのパパさん、ありがとうございます。
小学校の頃、近所でおひな様を飾って、友達を招くことが流行りました。同級生のおひな様は、だいたい、新品の豪華なお人形でしたが、ウリ坊のおひな様は昔から伝わっている色あせたものでした。ただ、子どもながらにも、こういうものは時代(時間)が重要で、友達の家の新しいものより、我が家のお人形の方が価値(重み?)があるとうすうす分かっており、新しいおひな様をうらやましいと思ったことは一度もありませんでした。
ちなみに、アンパンマンはおひな様にお供えしたひな菓子の袋です(笑)
ウリ坊
2017/03/05 19:23
空さん、ありがとうございます。
空さんのブログの過去の記事にあたって、一刀彫の段飾りの画像を拝見しました。
かわいらしいですが、きちんとメンバーが揃っているのですね〜玄関に飾られていたら、尋ねてきた方、全てが季節を感じられますね。
ウリ坊が子どもの頃、飾って貰っていたおひな様は、お内裏様、三人官女と右大臣、左大臣やお荷物があったのですが、何故か五人囃子はありませんでした。
コンパクトにしまえる物は、現代にぴったりですね!
ウリ坊
2017/03/05 19:42
もっちー母さん、ありがとうございます。
おひな様はご実家にあるのですね。しかもお祖母様のおひな様もあるのですか・・・・。
確かに、維持管理も大変ですね。もし、あまり思い入れが無く、かつ、歴史があるものなら、郷土館等に寄付するとか・・・。とは言え、お人形はなかなか(気持ち的にも)手放し難いですね。
ウリ坊
2017/03/05 19:45
おひなさま〜幸田町郷土資料館 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる