ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 市葬

<<   作成日時 : 2018/02/14 21:32   >>

トラックバック 1 / コメント 4

画像ウリ坊の住んでいる市の市長を長らく務められた中根氏が1月にお亡くなりになり、本日、市葬が行われました。

今年はとても寒い日が続いていますが、今日は風も弱く小春日和でした。
自分のために集まってくれる市民が凍えないように、中根氏が北風を封じて下さったのでは無いかと思えるように暖かな一日でした。

中根氏は昭和55年から平成11年までの5期20年、市長を務められた他、生涯の大半(45年間)を議員として市の発展のために捧げられたそうです。

ウリ坊は生前の中根氏には一度しかお目にかかったことはありませんが、来賓からのお別れのことばには、少し違和感を覚えました。
中根氏への賛辞が、新しい市民病院を作った、運動公園を作った・・・等、目に見える事象に偏っていたからです。

確かに先進的で、市民に優しい事業をたくさん成功されたことも中根氏の大きな功績でしょうが、なにより、財政を健全に保ち、実質公債費比率を全国に誇れるほど低く保たれたことが、現在につながる最大の偉業だと思うからです。

画像市長を辞められて20年近く経過しているのに、多くの市民がお別れに駆けつけたのは、そういう中根氏の人徳に他ならないと思います。
元市長を敬い、こうして盛大な市葬を開催された現市長も本当に立派だと思います。
現市長は演説もお上手で、常々前に出るタイプの方ですが、当日は立場をわきまえて、目立たないように振る舞っておられたことも、さすがだと思いました。

来賓として、大村知事もご挨拶されましたが、その内容は、市長がされた挨拶と途中まで、ほとんど同じでした。
ウリ坊は、多分、部下が岡崎市から渡された資料見て書いた原稿を読んでいるから、市長の話と同じ内容になるのだろうなぁと、しらけた気持ちになりかけたのですが、途中で知事が原稿から目を離し、衆議院議員の時に中根市長にお世話になったという話をされました。

その途端、今までの型どおりの挨拶とは異なり、大村知事自身のことばとして、中根氏への惜別の気持ちがウリ坊達にも伝わりました。
大村知事からしたら、多くの市の中の一つ、それも20年近くも前に辞めた元市長の葬儀です。普通なら、原稿棒読みどころか、代理に行かせて済ませることもできたでしょう。ところが、自ら出席し、一言でしたが、自分のことばでお別れの気持ちを述べられました。それは、多忙な知事にとって、簡単なことでは無いと思います。
大村知事が愛知県民から強い支持を受けているのは、知事のこういう人間性も影響しているのだろうなぁと感心しました。

ウリ坊は定年になると(両親が高齢化しているため)関西に帰らなければなりませんが、こんなに良い市、良い県を離れなければならないのがとてもつらくて残念です。
(中根元市長のご冥福をお祈りします)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
名古屋コーチンの日
明治38年3月10日に、名古屋コーチンが「国産実用品種第1号」に認定されたとのことで、3月10日は、名古屋コーチンの日とされているそうです。 ...続きを見る
ウリ坊の楽しい毎日
2018/03/17 20:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
みなさんから愛される立派な市長さんだったのですね。
箱物というのは目立ちますが財政を健全に保たれた業績はすばらしく市民は安心ですよねえ。行政のリーダーは実行力と発想力に加えて、人間的な魅力も必要だと思います。真に市民のことを思うこと。それは人間性といっても過言ではありません。県知事さんも自分の言葉でしゃべられたといことで、要職の形式もありますがその前の人間であるということを踏まえていらっしゃるのはすばらしいです。魅力のある市、県に住まれて何よりです^^
縄文人
2018/02/17 05:42
市葬という言葉を初めて知りました。
私はお葬式に出たいと思うほどの市長さんに恵まれたことが無いような気がします。
ウリ坊さんは来年は関西に戻れるんですね。
親御さんのお世話をしつつも、読書時間もたくさんとれるといいですね。
もっちー母
2018/02/18 14:08
縄文人さん、ありがとうございます。
仰るとおり、箱物は目立ちますが、本当に必要な物に限定して欲しいです。
立派な記念館を作るより、借金を減らす方が重要だと思います。
ウリ坊は、京都に住んでいたとき、知事さんや市長さんを身近に感じたことはありませんでした。
ところが、こちらでは知事さんや市長さんが、小さなイベントにも顔を見せて下さり、びっくりです。
今は、どこもそうなのかも知れませんが・・・
ウリ坊
2018/03/17 20:22
もっちー母さん、ありがとうございます。
この市葬は、市が主催の葬儀で、国葬の市版(?)みたいなものだと思います。
市民葬と呼ばないのは、市民なら誰でも参加して良いのでは無く、市から招待状(?)が来た人しか参加できないからだと思います。
もちろん、ウリ坊に招待状が来たわけでは無く、職場に招待状が届き、その日、上司が出張で不在だったので、ウリ坊が代わりに職場の代表として、参加しました。
ウリ坊
2018/03/17 20:25
市葬 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる