ウリ坊の楽しい毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 揚輝荘

<<   作成日時 : 2018/03/17 20:32   >>

トラックバック 0 / コメント 10

画像近代建築を観るのが好きなウリ坊ですが、ここ2年くらい、あまりに仕事が忙しくて、ほとんど出かけることができませんでした。

愛知県を去らなければならない日が刻々と近づく中、以前からとても気になっていた揚輝荘に出かけることにしました。

と言っても、ウリ坊の事ですから、午後から、のそのそと出かけました。

想像どおり、揚輝荘はとても味のある外観でした。
入場料を払って、建物の中に入ると、直ぐにシニアガイド(?)の方が声をかけて下さいました。

実は、一人でゆっくりと見学したかったのですが、閉館時間も迫っていたためか、他にあまり見学者もおらず、断り難い雰囲気だったので、お願いすることに・・・

しかし、それが大正解でした。

全ての床、壁、照明等に工夫が凝らされている(一つとして同じ物が無い)ことや、今はマンションが建ってしまったが、以前は長い地下トンネルだった地下道跡、暖炉の秘密等、ガイドの方が丁寧に教えて下さった事柄は、一人でぼんやり観ていたのでは、絶対に知り得ませんでした。

多分、揚輝荘の雰囲気を壊さないため、あまり案内板等が設置できないのでしょう。

今まで、同様の機会(ボランティアガイドさんがおられる観光地)で、長い説明を苦痛に感じたこともありましたが、少なくとも、揚輝荘のガイドの方は秀逸です。
初めて訪れる方は、是非、ガイドさんにお願いされることをお勧めします。

画像ちなみに、揚輝荘は、大正から昭和初期にかけて(株)松坂屋の初代社長15代伊藤次郎左衛門祐民によって構築された別荘だそうです。
至る所に贅が尽くされていて、初代社長が破格のお金持ち、かつ、芸術愛好家だったことが偲ばれます。

この建物一つとっても、名古屋は底力のある、素晴らしい街だなぁと思いました。

左の画像は揚輝荘の近くにある東山給水塔です。
こちらも魅力的なフォルムですが、残念ながら、通常は立ち入ることができません。

ただ、六供配水塔と同様、時に一般公開されることがあるそうですので、お近くの方等は、そういう機会を利用されてはいかがでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
歴史上の遺産なんてのは やはり
説明してくれる人がいると 新しい発見が〜
まあ ガイドさんの力量にもよりますが
象山
2018/03/18 11:17
揚輝荘も素晴らしい建物のようですが、私は給水塔にも興味を持ちました。
ボランティア・ガイドは、私も煩わしいと思っていましたが、時にはお願いしてみてもよいようですね。
SODESURI
2018/03/22 23:01
ミステリー好きのウリ坊さんらしいチョイスですね。
名前からして謎めいています。
今まで名古屋は観光に出かけるところではない(ゴメンナサイ)と思っていた空も俄然、空想癖と旅心を刺激されました。
愛知県から転出されるとのこと。
それまで楽しい情報をお願いします。

2018/03/26 19:04
ご紹介くださったお屋敷は立地としては中京での芦屋夙川みたいなところなんですか。ウリ坊様がまもなく愛知をお離れになると聞いて驚きました。個人的には全くご縁のない地域なのですが、ウリ坊さんのご紹介くださる記事からいろいろな楽しいイメージをいただきました。youtubeの動画で関西とか中京とかの昔のローカルCM集がありまして、実際旅できない代わりに、旅先の宿でうきうき土地固有のローカル番組やCMで夜を過ごす風情を代用していますが、愛知のCMも面白いのがたくさんあって面白いです。動画とウリ坊さまからの情報を重ね合わせて楽しくイメージさせていただきました。給水塔は「きのこの山」みたいですね。
いまどき
URL
2018/04/01 02:42
いなかの名所
英雲荘に行った時
防府市の職員の方が懇切丁寧にガイドして下さり
短時間でいろいろ分かってよかったなあと思いました。
ほんとガイドさん次第なんですよね。
素敵な建築見学ができて何よりでした^^
縄文人
2018/04/01 09:58
象山さん、ありがとうございます。
この「揚輝荘」も、もし、ボランティアガイドさんにお願いしなければ、凝った造りのお屋敷だなぁ・・・という月並みな感想だけで終わっていたかも知れません。
確かに、ガイドさんの力量によると思います。
ウリ坊
2018/04/01 19:28
SODESURIさん、ありがとうございます。
給水塔・・・味がありますよね。
ウリ坊も、是非、一度見てみたいと思っていました。
六供配水塔の方は、中も見せて頂きましたが、重厚な造りで、見応えがありました。
ウリ坊
2018/04/01 19:31
空さん、ありがとうございます。
そうなんです。愛知県内でも犬山は観光スポットが多いですが、名古屋はお城くらいかなぁと思っていました。
でも、最近、観光にも力を入れているようです。
愛知には、長くても後1年、もしかしたら半年くらいしか居られないかも知れず、関西に戻ったら、あそこも行きたかったなぁとか、残念に思うかも知れません。
ウリ坊
2018/04/01 19:34
いまどきさん、ありがとうございます。
うーん、難しいですね。
芦屋は、別格という感じがします。
この揚輝荘の最寄り駅、覚王山は、もう少しキッチュな雰囲気もあり、新興高級住宅街のようでもあります。
ウリ坊も、時間が無くて、あまり旅行はできませんが、やはり実際にその場所に訪れてみると、テレビ等で見るのとは全然違う、迫力や街の雰囲気が味わえます。
下調べしてから行くと、さらに楽しめるのでしょうが・・
ウリ坊
2018/04/01 19:40
縄文人さん、ありがとうございます。
英雲荘って、初めて知りました。もし、防府に行く機会があれば、訪ねてみたいです。
近代建築って、(耐震性等の関係で)どんどん壊されていくので、こうして、公開されているものは貴重ですね。
これからも機会があれば、見て回りたいと思っています。
ウリ坊
2018/04/01 19:46
揚輝荘 ウリ坊の楽しい毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる