アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「建築」のブログ記事

みんなの「建築」ブログ

タイトル 日 時
揚輝荘
揚輝荘 近代建築を観るのが好きなウリ坊ですが、ここ2年くらい、あまりに仕事が忙しくて、ほとんど出かけることができませんでした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2018/03/17 20:32
新年の椿事
新年の椿事 昨年11月に大腿骨を骨折した父ですが、お陰様で年末に退院し、なんとかお正月は自宅で迎えることができました。 人工骨頭置換手術を受け、比較的、短期間で退院できた父は、見かけ上、受傷前の状態に戻ったようではありますが、実は、生活に色々な制約があります。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 10

2015/01/04 15:15
良い年をお迎え下さい
良い年をお迎え下さい 色々と忙しかった12月ですが、家族が「名古屋に親戚がいるので、会いに行きたい」とのことで、東京からやってきたので、20日の土曜日に名古屋まで出かけました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2014/12/31 19:11
旧伊庭家住宅〜ウィリアム.M.ヴォーリズ
旧伊庭家住宅〜ウィリアム.M.ヴォーリズ 安土城や関連施設を見た後、どうせ、滋賀まで来たので、一足伸ばして、実家に立ち寄ろうと思ったのですが、その前に、駅前で看板を見つけた「旧伊庭家住宅」に行ってみました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2014/05/09 23:47
旧本多忠次邸
旧本多忠次邸 岡崎市の東公園の一角に、旧本多忠次邸があるということは以前から知っていました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 8

2014/02/02 17:13
冬の沖縄(1)
冬の沖縄(1) 「那覇在住の同級生が病気で1年余り休養中」ということが判明したので、急遽、那覇でお見舞いを兼ねた同窓会が開かれることになりました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2014/01/26 23:00
独身貴族
独身貴族 東海テレビ(フジテレビ)で、木曜日の夜10時から「独身貴族」というドラマが放送されています。 藤ヶ谷君とデビ夫人が出ているので、ウリ坊は最初の頃から、見ています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/12/08 17:21
六供配水場配水塔
六供配水場配水塔 少し前の話になりますが、6月1日の中日新聞に、「六供配水場配水塔」が岡崎市の景観重要建造物に指定されたという記事が載っていました。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 6

2013/06/15 23:36
自ら仕事を想像せよ〜安藤忠雄
自ら仕事を想像せよ〜安藤忠雄 NHKのことは大嫌いで、受信料を払うのが惜しくてたまらないウリ坊ですが、今月の「仕事学のすすめ」はしっかりと録画しています。 建築家・安藤忠雄さんの特集だからです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 16

2012/03/17 14:15
土曜日の出来事(2)〜大口町立大口中学校
土曜日の出来事(2)〜大口町立大口中学校 大口町立大口中学校は、建築家黒川紀章氏の愛知県内最後の作品と言われています。 愛知県内ですし、黒川作品が好きなウリ坊は、いつか訪れたいと思っていましたが、交通の便が悪いため、なかなか叶いませんでした。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2012/01/20 23:55
さようなら「蒲郡プリンスホテル」
さようなら「蒲郡プリンスホテル」 年末の日経新聞に、ちょっと悲しい記事が掲載されていました。 「蒲郡プリンスホテル」が本年3月末に浜松市の「呉竹荘グループ」に買収され、その後、「蒲郡クラシックホテル」と名前を変えて再出発するというのです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2012/01/07 18:27
千代田ミステリーサークル例会案内(7〜9月)
千代田ミステリーサークル例会案内(7〜9月) 仕事が行き詰まっており、4月に家族の退院に付き添うために自宅に戻って以来、満足に休日が取れず、一度も上京できないウリ坊です 今日も出勤していました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2011/06/26 20:52
私の履歴書〜安藤忠雄
私の履歴書〜安藤忠雄 日経新聞の最後のページには「私の履歴書」という欄があり、名をなした方々が、若い頃から現在に至るまでの経歴(できごと)を約1ヶ月にわたって連載されます。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2011/04/23 16:15
大切な10代の感動体験〜安藤忠雄(5)
大切な10代の感動体験〜安藤忠雄(5) あまりに有名で、色々なメディアで取り上げられることの多い建築家「安藤忠雄」氏ですが、昨日の日経新聞の夕刊にもコラム(取材記事)が載っていました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 11

2010/04/25 14:28
愛媛県(2)〜亀老山展望公園
愛媛県(2)〜亀老山展望公園 アトリエ系建築家という言葉が、未だ使われているか否かは知りませんが、ウリ坊は黒川起章さん、安藤忠雄さん、隈研吾さん・・・・等の建築家の作品を見るのが好きです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2009/08/30 11:26
シャッフル!日本建築
シャッフル!日本建築 シャッフル!日本建築(南洋堂製トランプ)が届きました。 予想していたより、紙質も画質も悪く、少し残念でした。 当初、このトランプに収載されているくらいの建物を。こつこつ見て回ろうと思っていましたが、そういう視点で選ばれたものでも無いようです。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2008/10/11 22:58
国立新美術館〜ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密
国立新美術館〜ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密 昨年亡くなった黒川紀章氏は、間違い無く日本を代表する建築家のお一人だと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/01 21:35
国立西洋美術館〜コロー展
国立西洋美術館〜コロー展 先日、国立西洋美術館にコロー展を観に行きました。ウリ坊は、ユトリロ以外の絵画展を観に行くことは稀ですが、少しつらいことがあったので、気分転換に出かけました。 国立西洋美術館本館は、東京の家から気軽に行ける場所にあります。「日本に残る唯一の、建築家ル・コルビュジエの作品」だそうです。詳細は、リンクをご覧下さい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/03 14:44
幸せを呼ぶ「ブタのチョコレート」〜パルマ展
幸せを呼ぶ「ブタのチョコレート」〜パルマ展 上野の国立西洋美術館で、パルマ展http://event.yomiuri.co.jp/parma/index.htmが開催されています。(5月の末から今月26日まで、約3ヶ月くらい開催されているようです。) ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2007/08/19 13:04
勝手に応援「黒川紀章」(5)〜都市の地球学
勝手に応援「黒川紀章」(5)〜都市の地球学 何年か前に新幹線の名古屋駅の待合室にあるキオスクに「都市の地球学」という本が置かれているのを見つけました。キオスクの書店、それも非常に限られているスペースでは、雑誌、単行本、コミック、ノベルスがせいぜいなのに、結構、骨のある(ハードカバー)が置いてあったので、購入してみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/02 15:20
勝手に応援「黒川紀章」(4)〜門司港レトロ
勝手に応援「黒川紀章」(4)〜門司港レトロ 門司を訪れた方は、どこからでも「門司港レトロ展望室」が望めることに気付かれると思います。これは、黒川紀章氏設計による高層マンション 「門司港レトロハイマート」の31階を市が購入して、展望室として開放しているものだそうです。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 3

2007/04/01 21:03
勝手に応援「黒川紀章」(3)〜石橋中学校
勝手に応援「黒川紀章」(3)〜石橋中学校 栃木県にも黒川紀章氏の作品があります。多分、公立だと思うのですが「石橋中学校」です。公立の学校が、設計を著名な建築家に依頼するなんて、すごいなぁと思いました。もっとも、美術館等は、こうしたアトリエ系(?)の建築家の活躍の場ですが。 ウリ坊は何年か前に、宇都宮線の石橋駅から歩いて中学に向かいました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 12

2007/03/27 22:23
勝手に応援「黒川紀章」(2)〜新 共生の思想
勝手に応援「黒川紀章」(2)〜新 共生の思想 「日本まさに荒れなんとす」を読んだ人は、もっと詳しく「共生の思想」について知りたくなるに違いありません。しかし、現在(と、言ってもウリ坊が本を買ったのは数年前ですが)、共生の思想は入手できず、代わりに徳間書房から「新 共生の思想―世界の新秩序」が発売されています。黒川紀章氏は、カプセルホテルを考案した人、奥様は女優の若尾文子さん・・・・という風に、派手な面を強調して報じられています。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2007/03/03 22:19
勝手に応援「黒川紀章」(1)〜日本まさに荒れなんとす
勝手に応援「黒川紀章」(1)〜日本まさに荒れなんとす 都知事選に世界的な建築家「黒川紀章氏」が立候補を表明・・・・・石原都知事に引き際を作るための立候補だと報道されていました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2007/02/27 21:33
ばかけんちく探偵団(2)〜不思議な形のホテル
ばかけんちく探偵団(2)〜不思議な形のホテル ばかけんちく探偵団(http://www.st.rim.or.jp/~flui/bk/baka_home.html)は、愛すべきユニークな外観の建築物を紹介しているHPです。前回は京都の「顔の家」をご紹介しましたが、今回は、このHPで「ばかの5」として紹介されている、ホテルソフィテル東京(http://www.sofiteltokyo.com/guest/index.html)です(前回もお話ししましたが、ウリ坊は、このHPの作者の方は存じ上げません〜勝手に引用してごめんなさい!)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/05 20:06
ばかけんちく探偵団(1)〜顔の家
ばかけんちく探偵団(1)〜顔の家 以前、ばかけんちく探偵団というホームページhttp://www.st.rim.or.jp/~flui/bk/baka_home.htmlを見つけました。お時間のおありになる方は、このホームページを見てみてください。ウリ坊も、一つ一つ訪れてみたくなったくらい、工夫が凝らされていて、自己主張の強い建築が紹介されています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/09 21:20
COCON KARASUMA 古今烏丸
COCON KARASUMA 古今烏丸 「COCON KARASUMA」http://www.coconkarasuma.com/index.htmlは京都の一等地(四条烏丸)にあるリノベーションビルです。 ウリ坊は、ある建築雑誌でこのビルの存在を知り、一度行ってみたくなり、以前、ナカさんキタさんブラザーズに連れて行っていただきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/05/22 21:29
命ある建築を〜安藤忠雄(4)
命ある建築を〜安藤忠雄(4) 何年か前、NHKの「にんげんドキュメント」で「命ある建築を」〜と題して、建築家の安藤忠雄氏が神戸に狭小住宅を建築される過程が放映されていました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/20 00:21
那須歴史探訪館〜隈研吾(2)
那須歴史探訪館〜隈研吾(2) 先日、このブログでご紹介した「石の美術館」の近くに、同じ建築家の設計による「那須歴史探訪館」が建てられています。 栃木には、隈研吾氏設計による美術館等が3つあり、それぞれで氏が素材にこだわりをもって挑戦してるという話を聞いたことがあります。すなわち、「石の美術館」は「芦野石」、「馬頭町広重美術館」は「八溝杉」、そしてこの「那須歴史探訪館」は「藁」だというのです。 そういう予備知識を持って、この建物を訪れたのですが、「藁」よりは「ガラス」が多用されている明るい建物・・・という印象を持ちました。... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/29 07:36
石の美術館〜隈研吾(1)
石の美術館〜隈研吾(1) 昨日、ご紹介した安藤忠雄氏の「光の教会」で思い出したことがあります。 何年か前、出張で福島県に行った際、帰路、栃木県の那須・芦野地区にある「石の美術館」に立ち寄りました。 「石の美術館」がイタリアの建築に関する賞を受賞したということを知り、是非、一度見てみたいと以前から考えていました。 しかし、芦野地区は交通の便が悪く、車で行くのが一番効率が良いと思われました(近くに、他にも隈研吾氏設計の建物があるので)。 普通、福島県に出張するときは新幹線を使いますが、この美術館に行きたい気持ちが抑え... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/09 11:30
「ロンシャンの礼拝堂」と「光の教会」〜安藤忠雄(3)
「ロンシャンの礼拝堂」と「光の教会」〜安藤忠雄(3) 最近、「ル・コルビュジエの勇気ある住宅」(安藤忠雄著:新潮社)という本を読んでいます。 ウリ坊は、建築の基礎知識が無いので、なかなか読み進まないです(もちろん、この本自体は、一般向けの本です〜ウリ坊は中途半端に知識があるので、記述に気になるところが多くて時間がかかるだけです)。 昨夜は、「ロンシャンの礼拝堂」の項に強く興味を持ちました。 ル・コルビュジエという人は「住宅は住むための機械である」と言い切った人なのに、このロンシャンの礼拝堂は、外から見ると何の目的で作られた建物か分からないよう... ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2006/04/08 15:30
米子の病院〜安藤忠雄(2)
先日、NHK教育テレビ(福祉の時間)に安藤忠雄氏が出演されていました。 ウリ坊はNHK、それも教育テレビを見ることは滅多にありません。福祉番組を見るのは皆無と言って良いくらいです。 今回は、単に安藤忠雄さんと福祉が、どうつながるのか・・・という興味を持って見ただけです。 安藤忠雄氏は、現在、米子に介護型老人病院(?)を建設中で、7月に竣工予定だそうです。 安藤氏の非凡なところは、老人病院なのに、階段があったり、段差があったり、容赦が無いところです。 もちろん、安全性を重視して、楽な階段... ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 5

2006/04/07 21:54
京都へでかけよう〜小堀遠州
京都へでかけよう〜小堀遠州 季節ごとに、次々に京都紹介の雑誌や書籍が発売されます。 ウリ坊は京都を離れて、もう30年近く経ちますが、幸い、このブログにも時々コメントしてくださる、なかさんきたさんブラザーズのように非常に京都に詳しい友人がいるので、帰省した折には、色々なスポットに連れて行ってもらえます。 とはいえ、時々、書店の店頭で京都本を見たり、買ったりすることがあります。 今回のキーワードは「小堀遠州」です。 書店で、まっぷるの「京都へでかけよう 06〜07」を購入しました。 まっぷるの読者層は、多分、若い人が... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/20 21:01
磯崎新〜パラスポルト・オリンピコ
磯崎新〜パラスポルト・オリンピコ いよいよ、トリノ五輪の開幕!!今日の新聞に、アイスホッケーの会場となる屋内施設「パラスポルト・オリンピコ」が磯崎新氏の設計である旨が記載されていました。失礼ですがウリ坊は、磯崎氏を建築家というより、建築を語る人と思っていたので、外国にも作品があると知って驚きました。新聞には、コンペで氏が「私は五輪施設を設計するのではない。市民が末永く使えるアリーナだ。五輪はプロローグに過ぎない」と言ったとも記載してありました。やっぱり、話術(?)も巧みなんだなと・・・・。磯崎氏はすでに74歳ということも今日、初... ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2006/02/10 22:07
安藤忠雄さん〜表参道ヒルズ2月にオープン
ウリ坊は、建築物を見ることも好きです。今、一番注目されているのは、2月にオープンする、安藤忠雄さん設計の「表参道ヒルズ」でしょうが、銀座のブランド店も有名な建築家の作品展覧会のような様相を呈しています。美術館や、商業施設等、不特定多数の人が利用できる建築物は、比較的見学も簡単ですが、個人のお宅や学校、寺院となると、立ち入ることが難しいです。以前、テレビで、あるお寺が安藤忠雄さんの設計で本堂を建て直す・・・という番組をやっていました。檀家の中には反対意見の人も当然居て、最後には安藤さん自らが説明に... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/25 22:31

トップへ | みんなの「建築」ブログ

ウリ坊の楽しい毎日 建築のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる