ガラモンフィギュア~11月発売

画像昨日は千代田ミステリーサークルの9月の例会でした。コルクT氏が、不思議な雑誌を持参されていて、その雑誌に掲載されている「11月に発売されるガラモンのフィギュア」を仮予約したと言われていました。

確かに、良くできているし、手も動き、まぶたも閉じるらしいのですが、とにかく高い。定価が9万2400円なんです。フィギュアに10万近いお金を出せるなんて、さすがにコルクT氏は本業が社長だけあるなと感心していまいました。ちなみに、このフィギュアは、限定200体生産とのことで、ご興味のある方は、このHPをご覧下さいhttp://www.rakuten.co.jp/hobbit/366570/378504/370253/#1332747

昨日の課題本は、犯人当てのアンソロジー~気分は名探偵だったのですがhttp://shirahamauri.at.webry.info/200608/article_9.html、概ね好評でした。
ウリ坊は、有栖川有栖さんのファンですが、今回の作品についてはちょっと・・・問題編を読んだだけで、論理的に犯人を導けないのではないかと思っていました。
ところが、サークルのH間さんは、問題編を読んだら犯人が分かったそうです。うーーん、そういう解釈もあったんだとびっくり。やはりプロの読者は着眼点が違うなと感心しました。
ちなみに、このH間さんはミステリーズの犯人当て懸賞で、当選者として本に名前が掲載されたこともある方です。さすがです!!
サークルに行くと、こういう方達がおられるので、本当に楽しいです。

昨日は、コルクT氏ご推薦の本「スタジアム虹の事件簿」、「星降る楽園でおやすみ」、「時効警察オフィシャル本 『時効警察』に時効はないと言っても過言ではないのだ」と、作家のS部さんご推薦のDVD「ユージュアル・サスペクツ」をセブンアンドワイで購入しました。到着が楽しみです。
これらの書籍やDVDは、プロの作家やプロの読者のお墨付きですから、ご興味がおありの方は、是非、購入をお勧めします。

こうして、ウリ坊から間接的にではなく、直接、色々なミステリー情報が聞きたい方は、是非、千代田ミステリーサークルhttp://shirahamauri.at.webry.info/200607/article_21.htmlへ!

この記事へのトラックバック

  • 時効警察 オダギリジ

    Excerpt: 読ませてもらいました。また来ます。 Weblog: 車好き通販ショップ racked: 2006-09-19 11:12