六華苑

画像横浜の建築に圧倒されたウリ坊ですが、実は、アパートの近く(でも、ありませんが・・・)で、未だ、訪れたことが無い洋館がありました。

それは、桑名市にある「六華苑」です。

六華苑は、山林王と呼ばれた桑名の実業家、諸戸清六氏の邸宅として建てられたそうです。
広大な敷地に、洋館、和館、蔵等が配置されていて、池泉回遊式日本庭園があります。

画像画像にある洋館部分は、ジョサイア・コンドル(鹿鳴館等を設計し、日本近代建築の父と呼ばれた人だそうです)の設計で、地方に残るコンドルの作品は、これだけだそうです。

ゆっくりと六華苑の内外を見学した後、桑名城趾(九華公園)を散策しました。
この公園には、天守閣等は残っていないので、ただの広い公園・・・という感じでした。

画像桑名は一度、仕事で訪れただけでしたが、今回、午後から出かけたにも関わらず、駅から徒歩で、六華苑→蟠龍櫓(3番目の画像)→九華公園・・・と(日頃、完全な運動不足で、体力が落ちている)ウリ坊でも、ストレス無く回ることができました。

また、この駅から、このあたりで最大のアウトレットモール(三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島)への直行バスが出ているので、午前中に出発すれば、六華苑を見た後、ショッピングを楽しむこともできます。

初めて桑名市を訪れる方は、ちょっと、場所が分かりにくいですが、駅前の観光案内所で市内地図をもらってから、散策されることをお勧めします。
特に「見どころ くわな」という地図には、桑名駅周辺の見どころが丁寧に網羅されています。

ウリ坊のように、行き当たりばったりでは満足できない方は、あらかじめ、パンフレットを送ってもらうこともできるようです。https://kanko.city.kuwana.mie.jp/form/panf.html

この記事へのトラックバック